カテゴリー「sakusaku」の記事

2009年3月28日 (土)

今週観たアニメで気になったこと 2009年2月最終週

 前回の記事は結構順調に書けていたと思っていたのに、アップしたのはいつもより遅い曜日になっていた。何故だろう?
 4月からはまた本数が増えるというので今から不安だよ。確実に観るものだけを選んでも今より増えそう。

 そうなったら、この「気になったこと」も中断するかも。ブログを止めるわけではないので完全不定期という選択肢も考えておいた方が良さそう。

22日日曜日
「機動戦士ガンダム00」セカンドシーズン第20話
 刹那がアニューの居場所が判るような描写だったけど、ダブルオーの奪取が目的と分かるから脳量子波とは直接関係はないのよね。
 ライルが当てたことに文句を言っていたけど、当てないと跳弾してかえって危険ですよ。
 結局ダブルオーは奪えず、持ち出せたのはオーライザーだけ。
 コクピットが破壊されてコクピットブロックごと交換してもシステムに支障をきたすのは、ちょっと脆弱なシステムだと思うが。
 MAレグナント。こちらがルイス専用の完成機でした。
 アニューの機体は“逆襲のシャア”に出てきたホビーハイザックですか? 機体の配色が似ているような……。
 レグナントの方は粒子ビームが曲がる。そんなに曲がる間隔は細かく出来ないだろうから、一度方向を変えつつ回避するのが回避し易い避け方かな。曲面的な回避運動が理想だけど。
 アレルヤもティエリアも毎度同じピンチの招き方をしているな。
 他のイノベイターの機体には背中に脱出機が付いているのに、アニューの機体だけは胸の部分にコクピットがある。始めから捨て石か。

「みなみけ おかえり」第8話
 今回はアバンが短い。とはいえOP曲まではいつもと変わらない。
 「炭酸切らすと千秋が唸るから」、唸りますか。
 吉野の非力さアピールは上手いけど、その後の微笑みの方が非力さアピールに関係なく可愛いな。
 久しぶりに実在する商品名を文字った商品が出た気がする。“ハンター まったりグレープ”だって。
 アツコは悪女です。本当に開かなかっただけだけど、普通に可愛いぞ。今週はこのアツコの回なのです。
 千秋と一緒に来た冬馬まで「ただいまー」と言っていたよ。翌週の放送では「おじゃましまーす」と言っていたのだが。
 珍しくケイコがキレる。しかも二度。

23日月曜日
「続 夏目友人帳」第8話
 鞄の中にニャンコ先生が。食べて中身に空間を作ったのですね。
 名前が坂中(“さかな”か)千津というから、この女将が人魚の妖だと思いましたよ。
 人魚の妖、夏目に殴り倒された。だんだん強くなってゆくね、夏目くん。

「宇宙をかける少女」第8話
 桜、レオパルドをワクワクボンボンと命名する。どちらかというとカクカクボンボンですけどね。
 ほのかは、かなり昔から生きているみたい。というより人間でない可能性もあるか。
 「学名 クロコディリアス レオパルダス」つまりクロパンダ。
 図書館にあった本のタイトルが「ホームレス人工知能 僕空。」、そういえば“恋空”って笑える文章らしいね。普段から小説を読む人ほど笑えると聞いた。これもそうなのかな?
 新種のタコに命名、「学名 レオパルダ オクトパーダ」、ということは秋葉流に言えばパンダパンダかな?
 今更気付いたけど、ブーゲンビリアとミンタオの声は“舞-乙HiME”のアリカとニナなんだね。

「恋姫†無双」第8話(tvk)
 今回は孫尚香と黄忠の出番。まだ孫権達が出てきてもいないのに。
 「最近陽気も良いですし、もしかしたら……」、朱里が一番失礼です。
 黄忠の娘・璃々を誘拐して脅迫する者達のボスは偽劉備の声でした。といっても偽劉備はこれから登場するんだけどね。
 この誘拐犯達はロリコンですか? 尚香が脱ぐのをそこまで喰いつくものだろうか。

24日火曜日
「テイルズ オブ ジ アビス」第19話(GyaO・B-ch)
 アニスもルークのことを責められないでしょう、これは。人質を取られた格好とはいえ、分かってやっている分、ルークより悪いかも。ルークは自分の非を認めたくはなかったことが問題となっていただけに。

「BLEACH」第208話
 地下特別監理棟、通称蛆虫の巣。こんな所でマユリが出てくるなんて……意外とは言えないか。
 白哉の少年時代。すぐ熱くなる癖がなくなれば一皮剥ける。だから恋次を副隊長に置いているのか。過去の自分と重ね合わせているのですね。

25日水曜日
「とらドラ!」第21話
 確かに全体的に上手い人が多いね。竜児は経済的に厳しいだろうから当たり前だが、大河は橇ですらまともに滑れないのか。
 今回は結構大きな動き。ようやくそれぞれの想いをそれぞれが知ることになって。大河も竜児に気持ちが向いてしまったから北村と普通に話せるようになったという皮肉な結果に。しかしこの作品は女子同士の殴り合いの喧嘩が多いな。

26日木曜日
「CLANNAD~AFTER STORY~」第20話
 ボタンが大きくなってナベになっている。しかし本当にでかいな。
 風子が岡崎家に遊びに。お近付きの印に古河さんに作ってもらったオーダーメイドのパン。美味しいということは早苗さんの作ったヒトデパンではないのね。
 「絶対に穿いてはいけないと言われているタイツが落ちていたらどうしますか?」、“絶対に穿いてはいけない”と言われると、ちょっと気になりますね。穿きはしないけど、誰かに穿かせようとはするかも。
 ボタンですべり台。背中を刺激されて気持ち良い。ボタンの表情があぶないです。
 最終回に向けての急展開。この展開は知らなかったから、やっと結末が分かった気がします。

27日金曜日
「ドルアーガの塔~the Sword of URUK~」第8話(GyaO・B-ch)
 常春の館にグレミカ達も到着したようだけど、クムは本当に残るのね。
 ファティナの告白があっさりし過ぎ。聞き流しそうでした、というかジルはよく気付いたな。
 ジル達にとっての七ヵ月もニーバ達にとっては三週間の感覚。ジル達が入った頃は十日だったから、かなり時間の感覚に狂いが生じている。しかも幻の塔の外ではそれから三ヵ月経っている。
 中村優さん演じるナキアは初登場かな? 少なくとも声を出したのは初めてですね。“saku saku”も中村優さんが三月で卒業してしまいましたし。曲をリリースすると卒業するんだなというネタを考えていたけど、ちょうど三年でMC交代だったのでした。
 そういえば確かにジルの父親は出て来なかった。でもニーバも本当の目的はまだ隠している様子。最終回はこれから観るけど、その前の回はもう観ているから解っているのですが。
 今週の入浴はマイトとウラーゴン。
 ついにヘナロが裏切った。三つの大きな裏切りの最後かな? ここまでの様子から、第一期のカーヤとニーバで二つと数えるみたいだけど。

「とある魔術の禁書目録(インデックス)」第19話(GyaO・B-ch)
 アクセラレータ主役の回。今更取り繕うのもどうかと思うが。インデックスの怒声のせいで、怪人チビ毛布こと御坂ミサカに気付かず。
 シリアルNo.20001。この段階でこの御坂ミサカが特別だと気付いてしまいますが。エンディングでラストオーダーという名前だったことの方が驚きですよ。
 「エプロン装備の家庭的アクセラレータを期待してみたり」、逆に家庭的でない方を期待していましたが。
 余計な紫外線を全部反射しているから色素が薄いのか。ちゃんとした設定があったんだ。
 あれだけクローンの大量殺戮をする実験をしておいて、今更無差別殺人を止めようとする思考が解せないのだが。

日付不明
「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第4話(you tube・角川アニメチャンネル)
 たった一週間で第2話から第5話と第6話の配信へと飛んでいた。第4話は見つけたけれど、第3話はもう消滅していました。

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第5話(you tube・角川アニメチャンネル)
 コンピ研とドッジボールゲームで勝負。やめておけ、“ニコニコ動画”でえすおえすだんの“熱血高校ドッジボール部”動画を観たけど、一方的なフルボッコ状態だったぞ。
 リアルドッジボールで勝負。潜在能力のほぼ100%が出せる。えすおーえす団はハルヒ以外全力を出さなそうだしね。コンピ研は燃え尽きました。

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第6話(you tube・角川アニメチャンネル)
 4話の続きになっている。
 カエルのぬいぐるみに「本当はクマだよ」とあったけど、どう観てもカエルにしか見えないのですけど。僕の視力が悪いからか?
 ええと……「あちゃくらさん」が“ハルヒちゃん”で、「あしゃくらさん」が“にょろやさん”だよね。確認しておかないと間違えそうだよ。

Music いままでのあらすじ

アーティスト:えすおーえす団
販売元:ランティス
発売日:2009/04/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

らき☆すた×涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 Book らき☆すた×涼宮ハルヒちゃんの憂鬱

著者:角川書店
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月30日 (火)

ウルトラマン検定をやってみましたよ

 「sakusaku」のサイトを観ていたら、ウルトラマン検定の話題をしているというので、気になってちょっと行ってみました。
 ちなみに火曜日放送分だそうです。まだON AIR前に書いているから。

 あまり時間がなかったので、見つけたのは初級編と初代「ウルトラマン」の検定だけしか見つけなかったけど、とりあえず挑戦。

 初級編は、初級というだけあって問題なく全問正解しました。

 初代ウルトラマン検定の方は、一度目は5問正解で不合格だった。何だか屈辱的です。
 あまりに悔しいので、間違えている番号だけを見て正解と解説を見ることなく再挑戦。今度は9問正解。「ゼットン星人」と「ゼットン」を間違えるなど単なるケアレスミスもあったりしたし。

 それでも間違えているところは、解説を読んで初めて問題文の解釈を間違えていたことに気付くという有様だった。というか、あれは問題文が適切ではありませんよ。「怪獣でない怪獣」といったら、そりゃあピグモンと答えるさ。

 不合格だったから言う訳じゃないけど、結構難易度は高めですね。合格者の割合も少なかったし。
 でもウルトラギロチンは名称としては存在しないと思ったけど。あれはスペースギロチンじゃなかったっけ? それともスペースQと勘違いしている?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

久しぶりの「sakusaku」は変わっていなかった

 11月29日木曜日の放送分のゲストに古谷徹さんが出るという話だったので、久しぶりにtvkの「sakusaku」を録画して観ました。

 最後に観たのが1年半以上前。その頃はまだ木村カエラさんがMCの頃なので、当然のこと中村優さんのMCは初めてです。

 しかし中村優さんに代わっても、番組のノリはその頃と比べても同じでしたね。まったく違和感を感じませんでした。雰囲気も今までと変わらず、使われている音楽なども一緒だし。

 で、ゲストに出た古谷徹さんですが、もちろんガンダム関連グッズのプロモーションで屋根へ来た訳なのですけど、面白かったです。

 あのテム・レイの回路を模した“使えないUSBハブ”を「こんなものっ!!」と本人の声で投げ捨てるマネまでしてくれたし。ガンダムファンには嬉しいですね。

 だけど白井ヴィンセントがあまり食いついていな異様に感じたのは、なぜでしょう? 彼の性格ならもう少し古谷さんのテンションに乗ると思ったけど。セーブしたのかな?
 その部分が違和感を感じたところではある。

 またしばらくは視聴しなくなってしまうけど、必ず戻りたいですね。ブランクがあってもすぐに入り込めるのは長寿番組の条件でもありますし。

Toy 白井ヴィンセント カードコレクション (BOX)

販売元:バンプレスト
Amazon.co.jpで詳細を確認する

白井ヴィンセント 名言フィギュア(BOX) Toy 白井ヴィンセント 名言フィギュア(BOX)

販売元:バンプレスト
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 保存しようとしたらその保存中に消されたので最初から書き直したよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

sakusaku 新住人にカンカン ?

 sakusakuのサイトを見に行った時に、告知で4月から一週間に1回の放送になるというから驚いてよく観たら、TVQのことだった。

 びっくりした。

 tvkでは再放送の時間が変更されるだけみたい。

 そしてアパートの新住人に、“カンカン”なるキャラクターが準レギュラーとして登場するという。
 準レギュラーということは、ジョーズ2や宮崎マンくらいの登場頻度なのか? それともケンタロウ並みになるのだろうか?

 久しぶりに観てみる……って出来ていればとっくに観ているけど。
 最近では溜池Nowも5回分ほど滞っているくらいだし。いつでも観れると思うと逆に観なくなっちゃうんだよね。

Toy 白井ヴィンセント カードコレクション (BOX)

販売元:バンプレスト
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

sakusaku DVD第三弾出ていたんですね

 先週、家電量販店に行ったら「sakusaku DVD Vol.3」が店頭に並んでいた(売り切れていたけど)のを観て、発売されていたことを知ったのですよ。

 放送は今現在は観る機会がないけれど、サイトの方は毎週観ていたので、発売すること自体は知ってはいたんですが。すっかり忘れていました。

 まあ、売り切れだったので内容は知らないのだけれど、その画面を観た感じで気付いたこと。

 以前、アパートの改装をするという話を番組中にしていたが、見た目には給水塔とアンテナが付いただけに見える。
 とはいえ、あのアパートは宇宙へも行けるし海底へも潜れるので、何か秘密はあるだろう。

 例えばあの給水塔は、Ζガンダムに出てきたアクシズのモウサのように、別の居住区があるとか。

 久しぶりに観てみたくなったなぁ……。自分の部屋にテレビがないから今のところは機会がないけど。

白井ヴィンセント ストラップA Toy 白井ヴィンセント ストラップA

販売元:バンプレスト
Amazon.co.jpで詳細を確認する

白井ヴィンセント ストラップB Toy 白井ヴィンセント ストラップB

販売元:バンプレスト
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 DVDがアフィリには第一弾しかない。代わりにこれを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

tvkよ、私は帰って来たっ!!

 事情でずっと放送の入らない所に住んでいたのでこれまで観ることの出来なかったtvk(テレビ神奈川)がこの度、ようやく入ることになり観られるようになりました。

 三月に引っ越してから今まではU局系の放送自体が入らず、当然のこと「sakusaku」はもちろん、ちょうど充実していた時期のU系アニメも観ることが出来なかったのですが。

 今回、また引越しをして、CATVを引き込んだと同時に普通に地元局であるtvkも入るようにしました。

 おかげで「溜池Now」だけで我慢していたsakusakuもようやく視聴可能にはなれました。まだ観ていないけど。なので中村優さんもまだよく分からない状態です。

 とりあえず繋がって最初に「乙女はお姉さまに恋してる」の第三話を録画して先日観ました。

 放送前はキャスティングでいろいろ問題があった作品で、僕自身も少し懐疑的に思っていたけれど、観てみるとそれほど悪くはなかった。

 話も原作に沿っているし、堀江由衣さんの男キャラも「おじゃる丸」の根津以来聴くけど、原作の方よりも男性っぽく聞こえると思うし。

 でもCATVの方はあまりこれといって観たいと思う作品が少ないという……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

増田ジゴロウってまだ現役だったんだ

 tvkで放送中の番組「saku saku」の元・マスコットキャラクターの増田ジゴロウがパソコンテレビ GyaOの番組に再登場していたのを昨日知りました。

 タイトルは「全国的ローカル情報番組 溜池Now」という、中川翔子さんと一緒にやっているそうです。

 さすがにあの人気キャラクターを埋もれさせたままにするのはもったいないことだろう。

 で、観てみました。

 やっぱりジゴロウを演じる黒幕は変更されていませんね。変更されていたらジゴロウではなくなるけど。

 中川翔子さんとも相性は良いみたいですね。

 あかぎあいさんや木村カエラさんより、しょこたんの方がジゴロウやヴィンセントと馬が合うのかも知れません。中村優さんのは店頭のビデオでしか観たことがないので分かりませんが。

 しかしアニメは妙に豪華なキャストですね。ほんの数分のアニメなのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

sakusakuのアパート改築

 観れないのに、観れないのにー。

 というわけで、tvk放送中の「saku saku」のアパートが、改築したとしてデザインが変わったらしい。確認できないけど。

 しかし何で観れなくなってからいろいろと変更されるんだろう。
 まぁ去年は増田ジゴロウから白井ヴィンセントに替わっていたけれど。

 どう変わったのだろうか。
 ミスターロボットの顔がアパートの一部として組み込まれているとか、時計の針が9時10分ではなくなっているとか。

 そういえばネット局がなかった頃は、画面に「ただいまの時間」と書いてあって、矢印の先に時刻がテロップで表示されていたんだよね。

 ネット局ついでで、tvk以外を観ている人達で、人形がなぜヴィンセントに替わったのかの事情を知っている人はどのくらいいるのだろう?

 地元の新聞では記事にもなっていたので知っている人も多いと思うけれど。ネットでしか情報を得られない人は自分から探さないと分からないままなんですね。ネットが使える人はまだましだけど。

 TV局側とキャラクターデザインの人とで著作権の争いがあったという話ですが。
 知ってみたら、よくある話か。と拍子抜けするのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

あれ? 木村カエラさん、sakusakuを卒業するの?

 新聞で見てびっくりしました。引越しでtvkが観られなくなって「saku saku」も観れなくなったので全然知らなかったので。

 番組DVD第二弾も発売されたばかりなので、これが置き土産になるんでしょうか。

saku saku Ver.1.0 DVD saku saku Ver.1.0

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2005/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 第二弾のDVDのアフィリイトがない……。

 saku sakuのMCの中では一番長かった木村カエラさんですが、最近は人気も高まり、独り立ちになった格好になりますね。

 そして新しいMCは中村優さん。

 新聞の写真で見たけど、カエラさんがクールなタイプだったのに対し、中村優さんはなごみ系の印象でかわいいです。

 新MCでのsaku sakuはどうなるのかな。やっぱり最初はヴィンちゃんが一人しゃべりまくりになるんでしょうね。

 僕は観れないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

祝 ! サクサクDVD第二弾

 tvk(テレビ神奈川)放送中のsakusakuから、「sakusaku ver.2.0」の発売が決定したとのこと。
 実はver.1.0も持ってはいないんだけど、前々からほしいと思っていたし、第二弾が出るのを待ってもいたので待望の感があります。

 あれからかなりの数のご当地ソングが作られた上に、DVD用に作った曲も収録されているという話だし、歌だけでもDVD化が可能だと思っていたし。・・・というか、歌のみでもいいくらいかも。

saku saku Ver.1.0 DVD saku saku Ver.1.0

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2005/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 こちらが第一弾のDVDです。

 そういえば、tvk以外で観ている人は、アパートが潜水艦になることや海底の歌を知らないのでは? 確か木曜放送分では海へ潜ってなかったと思ったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)