カテゴリー「アイドルマスター」の記事

2015年6月13日 (土)

一番くじ「アイマス シンデレラガールズPS」引きました

 一番くじ「THE iDOL M@STERシンデレラガールズ PROJECT ST@RT!!」を引いてきました。

 前回のアニメ放送開始直後の一番くじは、お金がなくて見送ったのですが、今回は5回だけ引きました。

 アニメ版が放送されてからは、シンデレラガールズの方もすぐになくなってしまうようになったから早めの午前中に引きに行ったんだけど、最寄りの店舗では、既にB賞の島村卯月きゅんキャラは一つなくなっていました。
 アニメ放送前はデレマスは何日も残っていた状態だったのに。

 んで、その結果ですが、

 D賞の本田未央きゅんキャラ、F賞のマフラータオル、H賞のアクリルストラップ×3という収穫でした。

 今回、A賞はあまり興味が湧かなかったので、引いてみた時の第一印象は結構良い感触です。
 贅沢を言えば、きゅんキャラはB賞のが欲しかったんだけどね。

 でも欲しかったマフラータオルは当たったし、H賞も、開けてみたら、
 双葉杏に諸星きらりにアナスタシアと、自分的にはかなり満足のゆく三人だったので、今回はどれもハズレなしな結果となりました。

 もっと持ち合わせがあればH賞を集めたかったなぁ。

 それにしても自分の計算能力のなさは酷い物でした。
 620円を5回引くのに4000円すると勘違いしていて、レジで慌てて1000円を100円に持ち替えるという有様です。
 20円×5を1000円と思い込んで疑わなかったものだから。これなら10回引いても良かったなと後で思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

一番くじ「アイドルマスター 輝きの向こう側へ」

 今日引いて来ました。

 昨日、行きつけの取り扱い店舗にお昼前に行った時は、まだ置かれていなくて、実は置かれていたけれど瞬殺したのかとも思いました。
 まだ「Fate」の一番くじも結構な量あったし、他のくじもあって、並べる場所がなかっただけだと判断しますが。

 次に家から近いもう一ヶ所の店舗も同様でした。

 昼前になかったので夕方にも足を運んだのですが、その時も状況は変わらず。

 今日になって同じ店、同じ時刻にもう一回行ってみたら、ありました。

 今回も引いた回数は10回分です。結果は―。

 B賞、F賞、G賞×2、H賞×6という感じです。

 きゅんキャラは当たらなかったけれど、概ね満足のゆく当たり具合でした。
 欲しかったF賞のアートプレートも手に入ったし。
 欲を言えば、G賞のクリアファイルをもう1個欲しかったかな。

 ちなみにB賞のタペストリーは僕が当てたので最後でした。

 さてさて、H賞のラバーストラップですが、今から開けて確認します。

 …………。

 はい。出てきた順番で、
 四条貴音、水瀬伊織、如月千早、双海亜美、高槻やよい、如月千早。
 でした。

 相変わらず箱が開け難いですね。最初の一箱目を失敗してしまいました。

 それにしても伊織の顔が、誰? って感じです。一瞬判らなかったよ。

続きを読む "一番くじ「アイドルマスター 輝きの向こう側へ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

一番くじ「アイドルマスター PART3」を引きました

 第3弾となる「THE iDOL M@STER」の一番くじプレミアムPART3の入荷日だった今日、忘れずに引きに行きました。

 今回はお昼頃に最寄りの取り扱い店舗へ行ったのですが、その時には第二希望だったE賞の秋月律子フィギュアがもう既になくて、一瞬この店で引くのを止めようかと揺れました。
 でも、他のフィギュアも一つずつしか残っていなかったけれど、それ以外の賞も半分以上なくなっていました。
 むしろ、フィギュアが4種類残っていた現状に、巡り合わせは良かったと言うべきか。

 前回PART2の時はこれより遅い時間に行ってもまだ余裕があって、夕方にもう一度引きに行けたけれど、今回は夕方を待たずになくなりそうでした。

 という事で、10回引きました。
 今回は予算がなかったので、泣いても笑ってもこの10回だけと決めていました。

 結果は、第一希望であったB賞の四条貴音フィギュアに、H賞のラバーストラップが3個、I賞のきゅんキャラが6個。
 第三希望のCDは当たりませんでしたが、本命の貴音フィギュアが当たったので、満足です。追加を引くかどうかを考える必要もありません。

 ラバーストラップときゅんキャラはそれぞれ、ストラップが天海春香が2個、菊地真が1個。きゅんキャラが春香と我那覇響が2個ずつで、如月千早、萩原雪歩が1個ずつでした。
 残念ながら高槻やよいは手に入りませんでした。

 きゅんキャラは全キャラ揃えたかったのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

プロデューサーさん、一番乗りですよ! 一番乗り!!

 「アイドルマスター ONE FOR ALL」の初回限定版を購入してきました。

 事前に休みが取れたので予約をせずにいたのですが、やはり無事に買えるか気が気でありませんでした。
 当日に寝坊したらアウトですからね。

 事実、僕は行きつけの家電量販店へ開店前に行ったのですが、結構穴場な売り場への最短ルートを通って行ったお陰で一番乗りを果たす事が出来たけれど、買い終わる頃には後ろに列が出来始めていたし。

 とまあ、無事に買う事が出来たのですが、実はPS3は持っていません。

 期間限定で無料で手に入れられるDLCがあるので、近いうちにPS3も買おうかな? BDドライブのプレイヤーも持っていないし。

 んで、さっそくシンデレラガールズの方で特典のSR+[ワンフォーオール]星井美希を受け取り、デッキに加えちゃいました。
 コスト15だから、自分のデッキではレベルを上げれば即戦力です。

 ミリオンライブの方はまだやっていないので、今作っている動画が完成したら始めようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

PS VITAを買いました

 今年の初め頃からニコニコ動画への動画投稿をしようかなと思っていたのですが、その資料や素材として前々から購入を予定していた「ペルソナ4 The GOLDEN」と「PS VITA」を買ってしまいました。

 後から知ったのですが、PS VITAは画像出力がないため、「VITA TV」がないと画像出力が出来ない上に、コピーガードもあってパソコンへの動画の取り込みは不可能ではないものの手間がかかるのだそうで、始めから困難にぶち当たったりしています。
 自分の持っているレコーダーは東芝製なので、その辺はしっかりしているのでした。

 まあ、それを抜きにゲームを楽しんではいますが。

 更に、同時にPSP「アイドルマスター シャイニーフェスタ」を3本とも購入しました。
 こちらの方はPSPなのでパソコンへの動画出力が若干やりやすいようなので、今使っているパソコンでも出来なくはなさそうですが。

 しかし、シャイニーフェスタは「ハニーサウンド」と「ファンキーノート」が初回特典付きの物でした。特典の期限は切れていたけれど。
 「グルーヴィーチューン」はその後も店頭で見かける事が少なかったりと、一つだけ売れているような気配なのですが、どうしてなのでしょう?

 という事で、とりあえずは「アイマス×ペルソナ4」動画を作ろうかと考えています。
 多分、そのままの画像が使えないから、全部静止画の紙芝居形式になるのかなと思います。これなら「ペルソナ4G」でなくても良いし。

 まだ製作どころか動画作りの勉強中なので、いつになるか分かりません。

 一応念の為。二次創作ですよ。二次創作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

1番くじ「アイドルマスター PART2」を引いてきました

 今回はちゃんと入荷日に、1番くじプレミアム「THE iDOL M@STER」PART2を引きましたよ。

 最寄りの取り扱い店舗で昼過ぎに行ってみたのですが、もう既にS賞はありませんでした。

 予定の10回分引いてみたのですが、G賞が7個にH賞が3個と、偏った結果になってしまいました。

 あまりにも悔しいので時間をおいて、もう一度引きに行きました。

 始めは別の店舗へ行こうかとも思ったのですが、同じような結果になりそうだったので、同じお店へ。
 今度は日が暮れてから行ったのですが、昼過ぎに自分が引いた時と状況はそれほど変わっておらず、フィギュアもA賞からD賞まで一つずつ残っていたのですが。

 フィギュアは何が当たっても良いと思って、また10回分引いてはみたものの、フィギュアは当たらず。
 でもE賞のポスターとF賞のCDが当たって、何とか引いた甲斐があった形にはなりました。
 しかし、こちらでも5個もG賞が当たるという結末。

 店舗には各キャラ2セット分のグラスがあったみたいだけど、3セットあったとしてもグラスの1/3は僕が持って行った事になるではないですか。
 ちなみに四条貴音のグラスだけは自分が引いた時にはもうなかったので、コンプリートもなりませんでした。

 ちびきゅんキャラの方は、如月千早とシークレット以外揃いました。4箱目までは一切被らなかったから、ちょっとびっくり。
 シークレットは誰だったのだろう? 小鳥さん? それとも音無さん? それともピヨちゃん? どんがら春香さんだったりして。

 何か消化不良だったので日を改めて今日も引きに行ってみたのですが、お昼頃にはもうありませんでした。
 もう一つのお店にも行ってみたところ、こちらはフィギュアも全滅で残り僅か。CDは残っていたけれど、ラストワン賞狙いの人の為にあるような状態です。
 さらに足を伸ばして三軒目も覗いてみたけれど、こちらももう完売。
 さすがに四軒目は行きませんでした。そこへ行くのに時間と手間もかかるし、住宅街の真ん中にあるし、他の取り扱い店舗とは離れていて、近隣の住民だけで引いてしまっているだろうから。

 うーん、やっぱりフィギアは欲しかったな。

 実は今朝、夢に菊地真が出てきました。何かの暗示かと思っていたのですが……。
 夢の内容はあまり良いものではなかったけれど。ぼっちを感じる夢だったし。

 そういえば、劇場版の方は結構評価が高いみたいですね。ファンならオススメらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

すーぱーそに子の1番くじを引いてきた

 今現在は金欠なので、一番くじ「すーぱーそに子~きゃんぱす☆らいふ♪~」を引く予定はなかったのですが、今日、地元で取り扱っている店舗を覗いてみたらまだ置かれていたので、5回分だけ引いてしまいました。

 結果はどうあれ、この5回で止めるつもりでいたので、特に期待もせずに引いてみたのですが……。

 今まではA賞が当たらず、その翌日くらいにはすぐに全部なくなって引けなくなるというパターンだったけれど、今回は数日日を空けても残っていたという意外な状態でもあったから、ますます駄目元で引いたのが良かったのかも。

 結果は、
 A賞、C賞、E賞二つ、G賞でした。

 待望のA賞のフィギュアが当たりました。
 今回は珍しくDVDは当たらず。前2回の時はCDが当たっていたけれど。

 でも引くのは今日のみのつもりでいたから、大満足ですよ~。

 そのA賞のフィギュアは、「きゃんぱすらいふ」なのに、上がワイシャツで下は下着(水着?)のみ。スカートも穿いてないです。
 眼鏡とノートは付属しているけれど、あまりキャンパスとは関係ないような気もする格好でした。

 C賞は富士見鈴のちびきゅんキャラだから、D賞の綿抜フウリも加えて揃えたかったな。とも思ったりしましたが、
 1月末には「アイドルマスター」の一番くじがあるから、そちらまで色々と取っておかないと。

 前回は姿を見ることすらなかったからな。今回は是非とも手に入れたい。
 特にフィギュアを。希望は高槻やよい(ポーズ問わず)か我那覇響です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

2011年12月期終了アニメを観た感想

 毎週1、2本ずつ遅れを取り戻していて、ようやく遅れ分が一ヵ月を切りました。1月終了直前に1月から開始作品の第1話が観れるようになれました。
 これをアップする頃には2話まで観ている作品もあるし。

 ということで昨年12月までに最終回を迎えたアニメ作品の感想を述べようと思います。
 今期は継続作品があって少なめですが、観た順番に書いていきます。

「真剣(マジ)で私に恋しなさい!!」
 恋愛の展開になると思ったらバトルものの展開で終わってしまいました。しかも恋愛は論点をすり替えて逃げたような形になってしまったし。第二期があるような終わり方でもあったけれど、何か終わった感じがしない。橘天衣はあれで良かったのか? 何だか恋も闘いも消化不良な終わり方だった。
 恋愛ものの作品というより、バトルものの作品にハーレム要素を入れたような感じだった。1クールと短かったせいでもあるのかな?
 とはいえキャラはなかなか悪くはなかった。前半の展開を続けていた方が良かったのかなとも思う。

「たまゆら~hitotose~」
 2011年を通して一番の癒し系作品だったかも。ゆったりとした日常を綴っていただけに盛り上がりに欠ける所もあったけれど、こういう作品は好きなので。
 始まりの頃から背景が綺麗で、その背景を生かした行事も描かれていたのは良かった。登場人物も個性的で分かり易かったし。

「THE IDOL M@STER (アイドルマスター)」
 一番輝いていたのは律子だったと思う。
 ゼノグラシアではなく、ちゃんとしたアイドルマスターでした。ファンだったら楽しめたのではないかなと思います。最終話の前期OPと後期OPを合体させた「READY!!&CHANGE!!!!」は、かなり力を入れて描かれていたもの。
 原作を知らなくても物語は割と王道的な話だったので、そこそこ観れる作品でもあったと思います。

「WORKING'!!」
 安定の第二期でした。新キャラも登場して少しばかり変化もありましたし。でも第一期ほどの強い力は感じなかった。個性的なキャラを見慣れてしまい物語の展開にあまり起伏がなかったせいかも。というかあまり大きな出来事もなかったよね。

「ましろ色シンフォニー」
 うーん、まあ良かったんじゃないかな。主人公がぶれなかったし。
 原作ゲームでのメインヒロインが後半は空気だったのが、どうもなぁと思ったりします。現実的には最初はツンな娘と途中からツンになる娘と終始優しい娘だったら、終始優しい娘に惹かれるだろうけどね。
 しかしこの、最初は愛理、中盤で紗凪、終盤がみう、というようにヒロインが移り変わるという流れになっているのは、恋愛もののゲームが原作の作品には珍しいかも。主人公が終始ぶれないというのが前提だけど。最初から、みうに惹かれていたのが描写されていたから良かったのかも。

 総評。
 意外に横文字タイトルが多いな。全体的に悪くはない作品が多く安定していたけれど、平均した感じで突出して良いと思う作品はなかったかと。本年はそれまでに放送された作品が特に強い年だったから、余計そう感じるのかも。
 一年全体を通してみると、やはり「魔法少女まどか☆マギカ」「STEINS;GATE」「俺たちに翼はない」と、あと観てはいなかったものの「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」もあり、優秀作が多かった珍しい年だったと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

2011年7月開始アニメ第1話を観た感想

 7月開始分のアニメはもう観終わっていたのですが、オンラインゲームの方が忙しくて書く機会もありませぬ。
 どちらかというとアニメよりゲームが好きなもので。
 それにしても何でオンラインゲームって図ったかのように連続してイベントが来るのだろう?

 それと「いつか天魔の黒ウサギ」を録画失敗していたことに気付かなかったというのも書くのが遅れた原因だったり。放送開始時期が遅かったんだよなと録画したアニメを観ながら、録画予約したはずの同作品の順番を待っていたんだけど……。
 ま、1話しか観る予定はなかったから問題ないが。

 今回も観た作品だけを順番に感想を書きます。

「ロウきゅーぶ!」
 今期の新作の中では一番期待しているアニメです。その期待には反しない作りではあったかな。元々キャラクターは可愛かったのがアニメになってその魅力が発揮されているし。まあ、あまり小学生には見えないけど。
 それにしても展開が早い。4話目くらいには試合が始まってしまうんじゃないか。序盤は時間をかけて見せてほしいと思うのだが。
 今期の中では安心して観れそうです。

「夏目友人帳 参」
 三期目なので安定しています。特に書くこともないくらい、これまでのシリーズと遜色なく作られているので、一期二期を観てきた人なら問題ないでしょう。
 7月改変だからか他に強力な作品がないからか、この作品を始めとする続編モノを脅かす作品が今のところないと感じてしまう。

「ゆるゆり」
 今期のまったりアニメ枠。タイトルの通りゆるくてまったりな百合っぽい作品ですね。百合っぽいというのは、あまり百合度は高くありません。一部の登場人物に百合妄想をするキャラがいるというだけで、あとは女の子達の日常が描かれるという感じなので、男性でも問題なく観れます。
 四コマ系アニメが好きな人は問題なく観れるんじゃないかな。
 ただ、主人公の影が薄いというのが特徴みたいに描かれているけれど、天然キャラとか空回りキャラとか色々とキャラを立たせれば充分存在感を出せると思う。いくつか話に絡めることも出来たはず。これは単にキャラを立たせることの出来ない作者の力量不足ではないかと感じる。

「神様ドォルズ」
 結構、鬱作品になりそうな予感。1話を観ただけでは判断の出来ないところが多いのでこれだけでの感想は難しいかと。もう少し観てから観続けるかの判断をしたいところだけど、作品としての印象は悪くはないかな。物語もどう転ぶか判らないし。
 まあ、一番気になったのはヒロインの胸だけどね。かなりのロケットだし。

「快盗ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!!」
 タイトル長いな。パチンコ・パチスロ原作のアニメには当たりがないと言われるけれど、この作品も正にそう。80年代のアニメを今の技術でやるとこんな感じという典型みたいな内容で、1話で即切り決定でした。
 物語も配役も特に目を見張るものでもなかったし、なぜ今これを作った? という感じですよ。

「うさぎドロップ」
 ノイタミナ枠は評価の高い作品が多いから観てみたいとは今までも思っていたんだけど、1話を観損なうなどタイミングを外すことも多くてなかなか観れなかった。それ以前に自分好みの作品があまり多くなかったというのもあるけれど。今回はちゃんと観ていこうと思って、予備知識もなくこちらの方を選んでみました。
 観た限りでは悪くなさそう。絵のタッチが絵本みたいな雰囲気で、ハートフルな展開になってくれれば良いなと思う。1話の段階ではまだ分からないので少し不安だが。でも大きく外すこともなさそう。

「THE iDOL M@STER アイドルマスター」
 巨大ロボットが出ません。どうやら普通のアイドルマスターのようです。
 1話目は大勢の登場人物の紹介に終始した形なので評価の出来る段階ではないけれど、原作のイメージを重視しているようなので原作ファンには安心した作りになりそう。
 さすがにキャラが多いだけに物語はあまり深い作品にはなりそうもないけど、どうやらアイドルの日常を描くというものになるらしい。感覚としては「シスタープリンセス」の第一期のような印象になるかな。

「バカとテストと召喚獣にっ!」
 二期目だけあって問題はなさそうです。一期よりもノリとしてはパワーアップしているかも。通常のギャグ作品になったともいえますが。しかし一期を観た人なら不満はないと思う。
 今期の作品の中でも期待大のアニメです。

「セイクリッドセブン」
 どちらかというとヒーローもののアニメなのね。アニメオリジナル作品なのかな?
 ヒーローものとして観れば割と王道の作品かもしれません。逆に今までの他の作品との差異がなければ普通のアニメで終わってしまうような気もする。まだ今のところは様子見というところでしょうか。

「R-15」
 何というか……色々と、というよりあらゆる部分で微妙な感じです。キャラクターも物語も展開も演出も。絵自体は可愛くて嫌いではないけれど。それ以外に褒める部分がないというか。かといって完全にダメとも言い切れないかもしれないとも思ったり。
 正直な話、あまり観続けるには苦しいかと。というか一体何をやりたいのかとか、どういう目的のアニメなのかがいまいち判らない。

 総評。
 今期は続編無双かな。観ていないものでも興味のある作品もあるにはあるのだけど、7月からにしては作品数は多めなので最初から絞ってしまいました。なので新作は取捨選択次第なところがあるので、たまたま二期三期モノを超える当たりを引かなかっただけかもしれない。
 安定して観れる「夏目友人帳 参」「バカとテストと召喚獣にっ!」の他は、「ロウきゅーふ!」と「ゆるゆり」が良さげな印象かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

2011年7月開始アニメについて

 6月は優先させなければならないことがあって、色々と後回しにしてきたものが多かったのですが、新作アニメのチェックも7月に入ってからになりました。
 もう1話目が放送されている作品がある中でのチェックになってしまいましたが、視聴の方は最終回を迎えた作品もあるので自分のペースでは悪くはありません。

 今期は知らない作品が多いかな。それだけに興味を惹く作品も少なめ。
 タイトルだけでも知っているのは、「ロウきゅーぶ!」「快盗天使ツインエンジェル」「いつか天馬の黒ウサギ」「アイドルマスター」。あとは続編モノくらいか。
 この中だったら「ロウきゅーぶ!」と「アイドルマスター」くらいしか内容知らないけど。

 あ、「ツインエンジェル」って元々はパチンコ・パチスロが原作なのね。漫画で読んだことがあったから知らなかった。……ということは期待するのは酷か……?

 その他の作品は公式サイトを見る限りでは、「ゆるゆり」が一番気になった。名前の通りに百合アニメみたいだけど絵柄が好み。とりあえず急遽録画予約しておきました。
 この時間は「夏目友人帳 参」と「日常」が被っているから、録画するのは不安なんだけど。持っているレコーダーは二番組同時にしか録画出来ないので。

 「神様のメモ帳」は初回が1時間なので、最初から観る気が失せてしまいました。設定も、引き篭もった女の子が難事件を解決する話だけど、主人公がそのお守役で― と、どこかで観たばかりのものだし。
 「魔乳秘剣帖」は絵柄が好みではないからスルーです。いくらおっぱい星人でも食指が動きません。

 全部確認した訳ではないけれど、今期は不作気味かなぁ。とりあえず1話は観てみるという作品はそこそこあるのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)