カテゴリー「趣味」の記事

2010年7月 6日 (火)

初めての400ml献血

 いつもは月一での成分献血を続けて、もう120回以上をこなしていますが、次回は月一ではなくなります。
 初めて400ml献血を求められました。

 僕の体重は軽いので、時には400ml献血を可能とする重さではなくなる時がある為に、血漿献血を中心に成分献血がほとんどでありました。
 献血車でも献血を行ったことがあるから200mlはあったのですが。

 で、初めての400mlなので、体調はどう変化するのか少し不安だったのですけど、やってみた感じではそれほど負担はありませんでした。二ヵ月も開けないといけないという実感が湧かないくらいです。
 正直、血漿献血の方が血液を戻したりする分、身体に負荷がかかるのかな。
 実際の採血時間は5分ちょっとくらいだったかな。でも、時間は負担とはあまり関係ないと感じます。採血されている間は気にならなかったし。

 採血後も身体が重くなるような感覚もあまりなく、もし一ヵ月に一回可能であれば迷わず400ml献血を選ぶかな。
 あくまでも成分献血と比較した場合ですけどね。だから採血後の安静も意識して取らないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

献血功労者 金色有功章

 献血推進功労者・金色有功章授与を受けまして、記念品が贈られて来ました。
 表彰式は11月の中旬頃だったのですが、送られてくる時期は前回より遅かったかと思います。

 献血回数100回を超えて今度は金色の表彰。記念品はどうやら銀色有功章のと同じですね。銀色有功章の時は銀の色で書かれた文字が金色になったくらいで。

 この先は特にないようなので、白金有功章が貰えるということはないみたいです。いったい何回で白金になると言うんだが。
 まあ、とりあえずは殿堂入りということで良いのかな?

 ちなみにこの記念品が届く前日に献血へ行って来まして、献血回数は114回となりました。
 昨年の12月頃に100回達成するだろうと言っていたから、それから数えれば決して遅くはないけど、まだ114回だったかと思ってしまった。
 考えてみれば、来年の10月で初めて献血をしてから十年になるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

「ガリベン!」がやばいです

 自称うんちく玉の私も解らない問題が多いです。ゴールデンに移って最初の「クイズ雑学王!」は見事雑学王になれたんだけど。

 新番組となる「ガリベン! SP」を観ました。
 こういう雑学番組の好きな僕には、まさしく外せない内容の番組でありますが、その回での出題ジャンルが限定されているために深い知識が必要です。

 ネーザルサイクル運動なんて解るか! ネーザルサイクルで検索しても6件しか出ないぞ。
 他にもガルバーニ電流とか。いや、これは聞いたことはあるけど咄嗟には出ないですよ。

 これは本当にガリ勉しないと優勝出来るレベルにはなりませんね。雑学でアピールするにも特番の時より頭を撫でる頻度は少なかったので、ゲストの個人差で大きく変わりそうですし。

 でも来週は「大奥」がテーマ。いきなり次から興味の対象外。まだ江戸時代の政治や風習なら多少は答えられるが。

 それともう一つ、この番組の特筆する点は、あまり頭が良いと思われていない人も解答者になると知的に見えるということ。山崎邦正さんや時東ぁみさんといった人も知的に感じられる。

 ちなみに番組中での知識の補足。

 眼の瞳の色は、メラニン色素の濃い薄いだけでなく、黒目の部分の構造体の濃淡でも決まります。両方とも濃いと黒に、両方とも薄いと青や緑に、メラニンだけが濃いと茶色っぽく、構造体だけが濃いと灰色っぽくなる。だったかな。

 涙の出る涙腺は目尻にあると言っていましたが、瞬きをする際も目尻の方から閉じてゆきます。ちゃんと眼球が涙で潤うようにです。ワイパーと同じだけど作用は真逆ですね。
 そして涙がまた体の中に戻って行くための腺も、顔の中央側の目の端にあります。加齢でこの腺が詰まり易くなるため、涙が溜まるようになり、よく言われる年を取ると涙腺が弱くなるという説の原因になるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

献血100回達成

 献血を始めて8年。今回の献血でついに献血回数100回の大台に乗りました。
 夏くらいまでは12月頃に達成するかなと思っていたけれど、11月上旬で到達しました。

 最初の献血をしたのが、ちょうど99年の10月末だったので、ほぼ丸8年です。

 血が苦手な僕がよく100回も続けられたものです。
 始めは針が刺さり続けているという事実に、精神的に耐えるのが辛かったけれど、今では本採血中に眠ってしまうことが多くあるくらいにまで余裕を持つようになりました。

 来年の今頃にはまた献血推進功労者として献血100回を表彰されるそうです。昨年は70回以上の銀色有功章でしたが、次は金色有功章としての表彰です。
 2年で30回分とは、ハイペースのように映るかも知れないけど、表彰された時はすでに80回と半分は過ぎていたので。

 まあ、一ヵ月に1回の間隔で行っているので、そんなに急いでいる訳でもないのですけどね。

 今悩んでいるのは次にいつ行くかです。
 12月の中旬に献血ルームの近くへ行く用事があるので、ついでに献血するつもりでいるけれど、その前に一回挿みたいのですよ。
 いつものペースなら12月末くらいに今年最後の献血をするのだが、その用事に合わせると10日ほど早くなってしまうから、調整を考えています。
 そうなると11月下旬に一月で二度の献血をすることになりそうです。

 何はなくても献血100回です。偽善者です。
 ま、行動しない善より行動する偽善ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス数が60,000件を超えた

 ブログへのアクセス数が6万アクセスを超えました。

 5万アクセスに達したら書こうかなと思っていたら、気がつくと、とっくに過ぎていて、かえって6万の方が近いという数になっていたのでした。
 だから6万になったら書くことにしようと思っていたけれど、今日その日が来ました。

 ちょうど5万アクセス前くらいが一日平均のアクセス数が多かった時期だったので、気付いてからの6万までは時間がかかった気がする。今はアクセス数も落ち着いています。

 ブログを始めてから1年10ヵ月ほどでの6万達成。これが著名人でもない一般人のプログでは早いのか遅いのか分からないけど。
 5万アクセスだったら、ある程度比較対象はあるのだろうが。ヒット数は55,000を過ぎていたからな。いつ到達したのかは分かりません。

 とにかく、これからも続けていきます。まだ頭の中で考えがまとまらず書いていない記事もありますので、いつか書くつもりです。見てくれた皆さんありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

クイズ雑学王第1回を観た

 やっと観ました「クイズ雑学王」の第一回目。でも記事を書くのはさらに後になってしまい、もう次の放送が迫ってきております。

 初回の放送はさすがにネタも豊富だからか難しかった。

 始めの方の第1ステージの問題は全然当たらなかったし。途中から正解するようになって、後半のステージはほとんど正解だったので、最終的には3位か4位くらいにはなったと思うけど。
 でも点数配分が分かりません。あくまで、なったと思うという感じでした。

 第2回も新しいクイズがあるようで。何だか予告を見ただけでも難しそうな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

シャベルとスコップの違いについて

 先ほど放送されていた「熱血! 平成教育学院」の中でシャベルとスコップの違いについて説明していたが、間違いではないものの完全な正解でもないので、補足します。

 番組内では足を掛ける部分があるのがシャベルで、ないのがスコップ。と説明していたけれど、足を掛ける部分のあるスコップもあるのです。

 シャベルとスコップの違いは用途にあります。

 シャベルは掘る道具で、スコップは掬う道具なのです。
 つまりスコップは、雪掻きなど、物を掬い取るためにより多くの物を平らな部分に乗せて運び出す道具です。既に掘って盛った土を除ける場合に使うのが主な使い方です。
 雪を乗せてみると、よりはっきり違いが分かりますよ。シャベルは意外と土や雪があまり乗りません。

 ということでトリビアでした。

 まぁこれは他のテレビ番組でもやっていたことだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

献血ルームが貸し切り状態

 献血に行ってきました。今年中に100回行けるかも知れないです。

 で、待っている時から今日は少ないなと思っていたら、ほとんど僕と入れ替わりになるように採血をした人はいなくなってしまいました。

 しかも今回は血小板献血なので一時間ほど自分の後にも誰も来ない状態が続きました。
 以前にもあったんですよ。その時は完全に終始誰もいない状態でしたが。しかも自分が最後の人で。

 やっぱり“はしか”が流行っているせいで少ないのかなと思ったら、午前中は混んでいたという。月曜日は休みの人もいるので、そういう人達は午前に来るのだということでした。はしかはまったく関係ありませんでした。

 意外と職員の方たちは、はしかのことは、テレビなどで騒ぎ過ぎているという印象を持っているようです。

 その間は誰一人として来ることがなく、貸し切り状態でした。
 たまに献血ルームの職員が献血することもあるのですが、今回はそれもなかった。

 そして終わる頃になって、時間的に最後の一人になる人が入って来て、入れ替わるように僕の方は終わり。
 いつも献血ルームに行く時間が遅いので最後になることが多いのだけど、その代わり最後ではなかった。血小板だったので時間的にはいつもより終了は遅かったが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

第2回「ゲーム検定」をやりました

 「第2回ゲーム検定 AVG&RPG編」の検定を受けてきました。

 何だか前回以上に難問でしたね。前回はいきなりでも75点取れたけど。
 知らないものは答えもまったく見当すら付かないものばかりで勘だけを頼りに答えましたよ。前回は消去法でも何とかなったところはあったけど、今回はあったものの少なかった。

 始めの1ページ目は割と知っている作品が多かったのですらすら答えられたのでそれほど苦労はしないかなと思っていたら、2ページ目でもう打ち止め。
 自信を持って答えられたのは一桁でした。時間も残り2分と、かなりかかりましたし。

 で、成績は……。

あなたの総合得点は64点  全国平均 49点

全国順位(5月23日 21時現在)
117位(1806人中)

--ジャンル別得点表------------
         0_________50__________100%
ゲームの内容 ■■■■■■■■■■■■■■
キャラクター   ■■■■■■■■■■■■■■
市場動向    ■■■■■■■■■■
雑学       ■■■■■■■■■■
--------------------------

--講評---------------------
あなたは「ゲーム大臣」
これだけの知識があれば、たいていのゲーム好きの人間と楽しく会話ができるはず。しかし、もっと深く広い知識を得ることで、世界はさらに広がるだろう。

貴方がもっとも詳しいゲームのジャンル:
   ゲームの内容
   キャラクター

貴方がもっとも詳しいゲームの年代:
   90年代後半から現在にかけての熟成期

 という結果でした。
 今回は解答を発表してくれないのでどこが間違っているか解りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

雑学玉No.1決定戦SP

 毎度恒例の「最強芸能人 雑学王No.1決定戦SP」(4/12O.A.)を観て参加しましたよ。

 結果を言ってしまうと第4ステージで脱落でした。今回はいつも以上に難しい問題が多くて、しかも勘が働かなくてで正解率が伸びない伸びない。

 なので記事タイトルは雑学王ではなく、点が取れないので雑学玉になっています。誤字ではないよ。って間違えないか。

 放送があることを忘れていて最初の部分は観れていなかったから、それで波に乗れなかったのもあったと思いたい。
 その第1ステージは途中参加の4問中最後の3問だけで軽く次ステージに進出出来る正解数を稼いだので問題なかったが。

 とりあえず改めて全問確認してみました。

 第1ステージ 8問中7問正解(単独2位)
 第2ステージ 7問中4問正解(5位タイ)
 第3ステージ 8問中5問正解(1位タイ)
 第4ステージ 7問中3問正解(6位タイ)脱落

 第4ステージで知っている問題を間違えてしまったのが痛かった。ちなみにバスの問題。
 オリコンの問題は僕もサザンオールスターズかと思いました。「チャコの海岸物語」が確か80年か81年で1位になっていて、それ以前にあるかどうかで考えたのですが。

 ついでに決勝ステージと優勝決定戦の問題もやってみました。

 決勝ステージは10問中4問正解(3位タイ)で、同点決勝ステージは2問中1問正解でした。

 ちなみに「ちょうちょう」の問題。3番にはとんぼ、4番にはつばめが出てきます。春夏秋冬になっているそうです。冬になぜつばめかというと、冬の終わりにつばめがやって来て春を迎えるということらしいです。

 今回は芳しくなかったので精進します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧