カテゴリー「アニメ・コミック」の記事

2015年6月13日 (土)

一番くじ「アイマス シンデレラガールズPS」引きました

 一番くじ「THE iDOL M@STERシンデレラガールズ PROJECT ST@RT!!」を引いてきました。

 前回のアニメ放送開始直後の一番くじは、お金がなくて見送ったのですが、今回は5回だけ引きました。

 アニメ版が放送されてからは、シンデレラガールズの方もすぐになくなってしまうようになったから早めの午前中に引きに行ったんだけど、最寄りの店舗では、既にB賞の島村卯月きゅんキャラは一つなくなっていました。
 アニメ放送前はデレマスは何日も残っていた状態だったのに。

 んで、その結果ですが、

 D賞の本田未央きゅんキャラ、F賞のマフラータオル、H賞のアクリルストラップ×3という収穫でした。

 今回、A賞はあまり興味が湧かなかったので、引いてみた時の第一印象は結構良い感触です。
 贅沢を言えば、きゅんキャラはB賞のが欲しかったんだけどね。

 でも欲しかったマフラータオルは当たったし、H賞も、開けてみたら、
 双葉杏に諸星きらりにアナスタシアと、自分的にはかなり満足のゆく三人だったので、今回はどれもハズレなしな結果となりました。

 もっと持ち合わせがあればH賞を集めたかったなぁ。

 それにしても自分の計算能力のなさは酷い物でした。
 620円を5回引くのに4000円すると勘違いしていて、レジで慌てて1000円を100円に持ち替えるという有様です。
 20円×5を1000円と思い込んで疑わなかったものだから。これなら10回引いても良かったなと後で思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

一番くじ「アイドルマスター 輝きの向こう側へ」

 今日引いて来ました。

 昨日、行きつけの取り扱い店舗にお昼前に行った時は、まだ置かれていなくて、実は置かれていたけれど瞬殺したのかとも思いました。
 まだ「Fate」の一番くじも結構な量あったし、他のくじもあって、並べる場所がなかっただけだと判断しますが。

 次に家から近いもう一ヶ所の店舗も同様でした。

 昼前になかったので夕方にも足を運んだのですが、その時も状況は変わらず。

 今日になって同じ店、同じ時刻にもう一回行ってみたら、ありました。

 今回も引いた回数は10回分です。結果は―。

 B賞、F賞、G賞×2、H賞×6という感じです。

 きゅんキャラは当たらなかったけれど、概ね満足のゆく当たり具合でした。
 欲しかったF賞のアートプレートも手に入ったし。
 欲を言えば、G賞のクリアファイルをもう1個欲しかったかな。

 ちなみにB賞のタペストリーは僕が当てたので最後でした。

 さてさて、H賞のラバーストラップですが、今から開けて確認します。

 …………。

 はい。出てきた順番で、
 四条貴音、水瀬伊織、如月千早、双海亜美、高槻やよい、如月千早。
 でした。

 相変わらず箱が開け難いですね。最初の一箱目を失敗してしまいました。

 それにしても伊織の顔が、誰? って感じです。一瞬判らなかったよ。

続きを読む "一番くじ「アイドルマスター 輝きの向こう側へ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

1番くじ「アイドルマスター PART2」を引いてきました

 今回はちゃんと入荷日に、1番くじプレミアム「THE iDOL M@STER」PART2を引きましたよ。

 最寄りの取り扱い店舗で昼過ぎに行ってみたのですが、もう既にS賞はありませんでした。

 予定の10回分引いてみたのですが、G賞が7個にH賞が3個と、偏った結果になってしまいました。

 あまりにも悔しいので時間をおいて、もう一度引きに行きました。

 始めは別の店舗へ行こうかとも思ったのですが、同じような結果になりそうだったので、同じお店へ。
 今度は日が暮れてから行ったのですが、昼過ぎに自分が引いた時と状況はそれほど変わっておらず、フィギュアもA賞からD賞まで一つずつ残っていたのですが。

 フィギュアは何が当たっても良いと思って、また10回分引いてはみたものの、フィギュアは当たらず。
 でもE賞のポスターとF賞のCDが当たって、何とか引いた甲斐があった形にはなりました。
 しかし、こちらでも5個もG賞が当たるという結末。

 店舗には各キャラ2セット分のグラスがあったみたいだけど、3セットあったとしてもグラスの1/3は僕が持って行った事になるではないですか。
 ちなみに四条貴音のグラスだけは自分が引いた時にはもうなかったので、コンプリートもなりませんでした。

 ちびきゅんキャラの方は、如月千早とシークレット以外揃いました。4箱目までは一切被らなかったから、ちょっとびっくり。
 シークレットは誰だったのだろう? 小鳥さん? それとも音無さん? それともピヨちゃん? どんがら春香さんだったりして。

 何か消化不良だったので日を改めて今日も引きに行ってみたのですが、お昼頃にはもうありませんでした。
 もう一つのお店にも行ってみたところ、こちらはフィギュアも全滅で残り僅か。CDは残っていたけれど、ラストワン賞狙いの人の為にあるような状態です。
 さらに足を伸ばして三軒目も覗いてみたけれど、こちらももう完売。
 さすがに四軒目は行きませんでした。そこへ行くのに時間と手間もかかるし、住宅街の真ん中にあるし、他の取り扱い店舗とは離れていて、近隣の住民だけで引いてしまっているだろうから。

 うーん、やっぱりフィギアは欲しかったな。

 実は今朝、夢に菊地真が出てきました。何かの暗示かと思っていたのですが……。
 夢の内容はあまり良いものではなかったけれど。ぼっちを感じる夢だったし。

 そういえば、劇場版の方は結構評価が高いみたいですね。ファンならオススメらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

すーぱーそに子の1番くじを引いてきた

 今現在は金欠なので、一番くじ「すーぱーそに子~きゃんぱす☆らいふ♪~」を引く予定はなかったのですが、今日、地元で取り扱っている店舗を覗いてみたらまだ置かれていたので、5回分だけ引いてしまいました。

 結果はどうあれ、この5回で止めるつもりでいたので、特に期待もせずに引いてみたのですが……。

 今まではA賞が当たらず、その翌日くらいにはすぐに全部なくなって引けなくなるというパターンだったけれど、今回は数日日を空けても残っていたという意外な状態でもあったから、ますます駄目元で引いたのが良かったのかも。

 結果は、
 A賞、C賞、E賞二つ、G賞でした。

 待望のA賞のフィギュアが当たりました。
 今回は珍しくDVDは当たらず。前2回の時はCDが当たっていたけれど。

 でも引くのは今日のみのつもりでいたから、大満足ですよ~。

 そのA賞のフィギュアは、「きゃんぱすらいふ」なのに、上がワイシャツで下は下着(水着?)のみ。スカートも穿いてないです。
 眼鏡とノートは付属しているけれど、あまりキャンパスとは関係ないような気もする格好でした。

 C賞は富士見鈴のちびきゅんキャラだから、D賞の綿抜フウリも加えて揃えたかったな。とも思ったりしましたが、
 1月末には「アイドルマスター」の一番くじがあるから、そちらまで色々と取っておかないと。

 前回は姿を見ることすらなかったからな。今回は是非とも手に入れたい。
 特にフィギュアを。希望は高槻やよい(ポーズ問わず)か我那覇響です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月30日 (火)

一番くじ「劇場版Steins;Gate」引き終えました

 昨日、買い物ついでに泣いても笑っても最後の、「一番くじ 劇場版Steins;Gate ~負荷領域のデジャヴ」を引いて来ました。

 残り僅かとなった景品から、ようやくA賞の「牧瀬紅莉栖 May.Queen nyan2フィギュア」を当てる事が出来ました。

 引いた回数は合計36回。今回の最後のくじを引く前に、もう既にA賞、B賞、ラストワン賞以外の全種類が揃っている状態だったので、どうしても一番欲しかったA賞を当てたかったのです。
 C賞も全4種類全て集まってしまいましたし。前回引いた時に2本残っていた物の1個を当てるという、フィギュアを引き当てるよりレアな確率を引き当ててしまった訳ですが。

 昨日引く前の段階では、地元の取扱店3店舗中、2店舗では既にA賞は全滅で、いつも引いている店舗の1個を残すのみ。
 B賞は一昨昨日時点で3個あったものが、昨日は1個となっていました。
 他の景品も、G賞のきゅんキャラが10個にまで減っている状況です。

 最寄り駅から最も近い店舗は、A賞B賞ともなくなっていてG賞などが多数余っているという、お店的には悲惨な状態だったし。
 僕が引いた店舗でもB賞が1個あるので、おそらく今日明日には全部なくなると思います。

 とりあえず、ようやく安堵しました。またしてもかなりお金を使ってしまったけれど、悔いは残らない結果となって。

 んで、手に入れた紅莉栖フィギュアですが、胸が紅莉栖のイメージより大きい印象が……。顔も少し違うような感じがするし。
 まあ、600円の値段ならこんなものかな。

 次の引いてみたい一番くじは、「ゆるゆり♪♪」です。
 地元では「Steins;Gate」を取り扱っている店舗が2ヶ所、引き続き「ゆるゆり♪♪」を扱ってくれます。
 こちらはそんなに何度もは引かないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

ドラえもん のび太の新魔改造大冒険

 はい、今回もまたダメだしをするつもりで新訳版「ドラえもん のび太の新魔界大冒険~七人の魔法使い~」のテレビ放送を観てみましたよ。

 案の定、新製作陣になってからの改悪・魔改造っぷりが今回も出現していました。

 ここからは具体的な感想を書いていきますが、まずは……。

 美夜子さんが可愛い!! でも声が残念。

 ですね。原作版から元々可愛かったけれど。
 いつの間にかレギュラー陣も声に違和感を感じなくなりました。この辺はさすがと言うところでしょう。

 内容については、演出自体は、これまでの新劇場版シリーズの中でも良かったのではないでしょうか。あくまでも演出単体での話ですが。こぢゃごちゃした部分が少なくて、これまでで一番映像が安定していました。

 しかし、余計な新しい物を詰め込む為にそれに時間を割かれて演出過多になり、原作の重要なシーンをカットしまうのは相変わらず。

 美夜子を猫へと変えるシーンは、その後の展開の複線にもなっていなくて全く必要にないシーンになっているもの。
 それを入れるくらいなら、ちゃんと5人の勇者の件を残した方が良い。でないと、ドラえもん達が美夜子に協力する動機が薄いし、何で美夜子が自分より魔法の腕が劣る者達に助けを求めなければいけないのかの説明がつかない。

 魔族がドラえもん達を騙す行動も不自然。だったら始めから美夜子を動物へと変えずに泳がせて、魔界暦程を手に入れるのを待てば良いのに。
 結局ドラえもん達を引き寄せてまでして半分しか取れないなんて、とんだ薮蛇になっているし。

 良かった部分を挙げるとすれば、ドラえもんを腹痛で未来に行かせてドラミがこちらに来る伏線を作ったのは良かったと思う。腹痛の原因に無理があると思うけれど。
 でもそれで、原作ではいまいちドラミが過去にやって来れる状況に説明がつかなかった部分に、説明がつけられたと思う。パラレルワールドになりかけた過去に未来からやって来るのは確かに不自然にも感じるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

一番くじ 「劇場版Steins;Gate」を引きました

 週末に一番くじのサイトを見てみたら、もう引いている人達が多くて焦りました。

 地元では三軒の店舗で取り扱いしているので、月曜から毎日お店を覗いていました。
 まだ取り扱っていないのか、もう取り扱っていないのか、判らない状態でしたが、水曜日にそのうちの一ヶ所で見つけました。

 初日だったので結構あって、A賞B賞ともいくつかあったのですが、G賞がすっごく並んでいた。後で気がついたのですが、そのG賞の奥の方はC賞のポスターだったのですが。

 最初なので5回引いてみた結果。
 C賞のポスターが最高でした。残りはD賞のストラップと、G賞のちびきゅんキャラ。それぞれ二つずつです。

 C賞のポスターは、紅莉栖のを選びました。ちなみにG賞のきゅんキャラは、開けてみたら、まゆしぃと助手。欲しかったのが両方とも出てしまった形です。

 きゅんキャラのシークレットって、バイト戦士でしょうね。
 ……まさかバレルという事はないよね?
 綯だったら、その運命石の選択をした人は凄い。

 今日は引けなかったけれど、また明日引いてみます。「らき☆すた」や「すーぱーそに子」の時と違って、今度は当てられそうな気がする。

 話は変わりますが、前日に書いた「らき☆すた」ラッキーくじの、その後。
 なかなか様子を見に行けなくて同様に水曜日に見に行ったら、全部なくなっていました。
 良い時に引いて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

ラッキーくじ かがみんのフィギュアが当たったー!!

 「セガ ラッキーくじ」に「らき☆すた」の物があるのですが、そのくじを引いて、ようやくA賞の柊かがみの着物フィギュアを当てる事が出来ました。

 この「らき☆すた」のラッキーくじは、昨年末か今年の始めにリリースされたものだったりします。
 地元のコンビニでも扱っていたけれど、そちらの方は数日で全部なくなってしまって、5回分の一度しか引く事が出来なかったのですが。
 仕事場近くのレンタルビデオショップでは、抽選箱の中に山のようなクジが入っていて、引いても引いても全然減らないような状態だったので、4月になった今でも残っていたのでした。
 A賞B賞とも始めは3個ずつあったけれど、まだA賞は2個、B賞が1個残っていました。

 僕自身も二ヵ月ほど放置して、まだ残っているんじゃないかと見に行ったら、案の定まだA賞のかがみフィギュアと、B賞のつかさフィギュアが置かれてあったので、最後の機会と思って引く事にしました。

 引く時になって、定価の600円から200円へと値下がりしていたのを見て、「思い切って10回分引いてしまおう」から「これは10回分引くしかないでしょう」に変わったのは言うまでもありません。

 結局はその日は当たらなかったので、翌日もう一度10回分引いてようやく当てました。
 当たった時は、嬉しさよりも安堵感の方が強かったです。

 この、かがみフィギュアを手に入れるのに合計40回分、1万6000円も使ってしまいましたよ。
 今月は「フォトカノ Kiss」や「電撃G's Festival! Vol.32」を予約して、お金もあまりない上、中旬には一番くじの方で「劇場版Steins;Gate」がリリースされるし、来月以降には「ゆるゆり♪♪」「すーぱーそに子」の再販も控えているから、結構な痛手でもありますが、後悔はしていません。

 「ゆるゆり♪♪」は、結衣と向日葵のフィギュアが手に入れば即止めても良いけれど、「そに子」の景品の方は自分的にはハズレ無しなので、是非引きたい。それでも本命はA賞だけど。前回は手に入れる事が出来なかったし。

 さて、くじを引いたお店には、まだA賞とB賞が1個ずつ残っていました。
 箱にあった残りのくじの数は30枚もないと思う。
 おそらく、次に引いた人が、かがみとつかさの両方を当てるような気がする。……もう当てられているかもしれないが。
 僕は、かがみんが手に入ったのでもう満足です。ラストワンも宮河姉妹なので興味はないし。持って行っちゃってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

2013年4月開始アニメをチェックします

 本当に久しぶりのブログ更新です。

 これほどブログを書けなくなったのも、スマートフォンを持つようになってソーシャルゲームをやるようになったという事が一番大きいのですが、InternetExplorer9とココログとの相性が悪過ぎるからというのもありますね。
 カーソルが本来の位置とずれるとか、カーソルが消えたり動かないように見えたりしてどこにあるのか判らないとか、変な罫線が入るとか、とにかくココログでは非常に書き辛い。
 IEは新しいのが出る度に入力システムが致命的におかしいから困る。

 「ニコッとタウン」の方ではブログは毎日書いているけれど。向こうは特典があるからね。

 という事で、近況報告はお終い。

 また番組改変の時期になったので、アニメの新番組を確認してゆく事にします。
 とはいえ、まだ情報が出ていない局もあるので、分かっているところだけですが。

 というかMXはもう「リトルバスターズ!」を再放送するのか。まあMXなら珍しい事ではないが。
 今回も第2期以降の続編ものが多いです。でも観ようと思うのは「とある科学の超電磁砲S」くらいか。
 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」は1期の途中からがつまらなくなったので、2期は観るつもりはありません。
 続編ものでは「這いよれ!ニャル子さんW」と「ハヤテのごとく! cuties」

 新作も今期は全滅に近い感じ。「進撃の巨人」は漫画は話題が大きかったけれど、話題先行な感じがするし、絵柄もあまり好きではないので食指が動きません。
 「デート・ア・ライブ」は富士見系お得意の、『設定だけが奇抜で内容はどこかで観たような物』の典型的な例みたいだし。
 「変態王子と笑わない猫」は番宣CM詐欺っぽい感じがするな。番宣CMでは面白そうなんだけど……。
 とりあえず、まったり枠の「ゆゆ式」でも観ますか。

 今期は録画本数が少なくて多少の余裕が出来るかも。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

「ドラえもん のび太と不出来の島」

 毎年恒例の大晦日の「ドラえもん」特番ですが、春に公開された「ドラえもん のび太と奇跡の島 アニマルアドベンチャー」のテレビ初放送という事で、観たのですが……。

 これって、ドラえもん映画史上最高の観客動員数を記録したという話らしいけれど、本当に史上最高ヒットだったのだろうか?

 感想としては、今まで通りに新製作・新キャストになってからの駄作品から脱却は出来ないままだった。

 まず、最初から感動させようという気満々で描いているのが見えてしまい、それが萎えさせる原因にもなっている。
 冒険への導入も弱いし。というか何であの場所に行く事になったのかの動機付けが、いまいち解らないのですが。ドラえもんとのび太はともかく、ジャイアン達は行く必要まではなかったと思うのだが。

 それに奇跡の島の設定もいまいち理解出来なかった。希少動物絶滅動物の保護区なのに原住民がいるとか。あれは説明されていたっけ? 説明された記憶はないのだが。
 悪人との接触も終盤近くになってからで、それまでは接点すらなかったから緊迫感もなかったし。

 それにしても、新キャストになってからのしずかちゃんの性格が悪くなっていませんか?
 助けに行こうにも、ひみつ道具がなくて嘆くのび太くんに対して「嫌い」と言うシーンがあるが、以前のしずかちゃんなら、無謀な事をするのを止める側に立っていたはず。その上で「どうしようか考えましょう」と冷静に考える事を促す娘だったはずだよ。

 そして相変わらず演出に拘って時間を割くあまり、描かなければいけないシーンや説明しなければいけないシーンが削除されているような気がする。オリジナルの話なので、詳しい設定や進行は知らないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧