カテゴリー「雑学」の記事

2012年3月23日 (金)

芸能人雑学王 最強No.1決定戦3時間SP 2012.3.22 on air 結果は良くもなく悪くもなく

 遅れてしまいましたが「芸能人雑学王 最強No.1決定戦」の個人参加のブログ記事を上げてしまいます。

 これを書く前に、うちのブログに来てくれる人達が過去の同特番の事を書いた記事に数多くアクセスしているので、気になって調べたら、一昨年の3月22日にも放送されていたのね。

 それはともかくとして、またまた今回も雑学王に個人的に挑戦してみました。

 今回は難易度別ではなく、知って驚いたと答えた順位での出題だったから、難易度はまちまちです。決勝ステージにも簡単な問題があったし、以前にも「雑学王」などで紹介された問題もあった。

 とりあえず僕の成績から。

 1stステージ 10問中4問正解(12位タイ)
 2ndステージ 10問中6問正解(1位タイ)
 3rdステージ 15問中8問正解(2位タイ)
 決勝ステージ 5問中1問正解(3位タイ)

 という結果でした。

 成績だけを見れば良い成績なのだろうけど、1stステージでは二択で悩んで不正解の方を選ぶというのを三回くらいやってしまったから不本意ではあるし。

 ちなみに「太田の雑学ウソ?ホント?」は最初の問題だけ外しました。

 今回は史上最多数の解答者の人数ということで、見所があるかなと思ったけれど、残念ながら常連以外でこれといった活躍をした人は枡毅さんくらいしかいませんでした。下克上もない平穏な展開だったのが残念なところ。
 意外性があったといえば、東大卒なのにいつも成績は良くない菊川怜さんが予想外の活躍をしたことくらいかな。

 結局は、宮崎美子さんと伊集院光さんの二人が優勝という、順当と言える今回の雑学王でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

芸能人雑学王最強No.1決定戦 3時間SP 2011.9.29 on air

 遅れ馳せながらアップしました。

 宇治原史規さんは予想通り今回も駄目でした。
 前回のは日本語雑学だったから、好成績だったけれど、今回は2ndステージで敗退でしたね。

 さてさて、この日は新聞を見る余裕もなく出かけてしまったので、帰って来た時には既に始まっていた状態でした。
 なのでいつもは自分もテレビを観ながら参加して競うのですが、1stステージは全く参加出来ずに終わってしまいました。

 2ndステージは7問中6問正解で単独2位です。

 番組のサイトでおさらいの問題を見ようと思ったら、レギュラー方向が終わってしまったせいか更新は全くされておらず、成績どころかどんな問題だったかも分からないままなのでどうしようもありません。

 3rdステージは7問中4問で4位タイだったかな? 問題数は覚えていないけれど、順位だけは記憶していました。

 太田の雑学ウソホントは最後の問題を間違えてしまいました。まあ、おそらくは1stステージから参加しても敗者復活に回ることはなかったと思うけどね。

 最後の1時間は録画しておいたのですが、まだ観ていません。観る時間がありません。早くても日曜日です。
 とりあえず4thステージは前半の二択は全問正解。記述で1問だけ間違えたところで、9時となり犬の散歩に出てしまいました。

 この続きは最後まで観てからになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

芸能人雑学王最強NO.1決定戦!! 日本語雑学王3時間SP 2011.3.24 on air

 一日ほど遅れてしまったけれど、久しぶりに「雑学王SP」を最初から最後までリアルタイムで観ました。

 今回は日本語雑学と限定した内容で、どちらかというと「Qさま」に近い印象を受けました。

 ちなみに私の記録。
 1stステージ 10問中8問正解(3位タイ)
 2ndステージ 12問中7問正解(14位タイ)
 3rdステージ 9問中7問正解(2位タイ)
 4thステージ 12問中4問正解(単独9位)で脱落

 という結果でした。観ながら数えていたので問題数は間違っているかもしれません。

 一応、決勝ステージをやっていたとすると、7問中3問正解で3位タイとなっていた成績でありました。

 4thステージは前半の6問くらい一切正解なしの状態でしたから決勝進出は出来ないだろうと思っていた。

 んで、優勝者は森永卓郎さんでした。
 決勝では他の誰かが正解していると大抵一緒に正解していたから、結果を見るまでもなく明らかでしたね。
 4thステージまでは、オリラジの中田敦彦さんが常にトップ争いをしていて注目を浴びていたところを、決勝では横からスッと森永さんが差して行ったという感じです。
 番組BBSでも書かれていた通り、森永さんは映ってはいたもののあまり目立ってはいなかったものね。触れられていなかったというべきか。

 宇治原史規さんは今回、雑学王では初の決勝進出だったのではないでしょうか。普段の雑学王では大した成績を残せませんでしたから。
 今回は日本語限定の雑学ということで好成績を取ることは予想出来たけれど。

 逆にいつもなら優勝候補の一角に挙げられる宮崎美子さんは、振るいませんでした。日本語雑学でも好成績は予想出来たのに。
 品川祐さんも、普段なら序盤だけは好調さを見せる劇団ひとりさんも、いつもと違うからか早々と消えてしまったし。
 学問に関することだからか、三浦奈保子さんが良いところまで進んでいたのは、これからの雑学王で期待したくなる要素でしょうか。「平成教育学院」では宇治原さんにライバルと認められた方ですからね。

 BBSを見る限りでは、やはり私と同じように今までと同様のノンジャンルの「雑学王」を望んでいる声が多々見られます。
 低迷する宇治原さんを見れるのはこの「雑学王」くらいだもの。やっぱり誰が優勝するか分からないというのは面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

「Qさま!! 第1回全国インテリ高校No.1決定戦SP」 2010.11.22 on air

 芸能人ではなく一般視聴者が参加する初の試みの「Qさま!! 能力検定プレッシャー学力試験 第1回全国インテリ高校No.1決定戦SP」は観ていて面白かったです。

 犬の散歩に行かなければならなかったので、当日は1回戦しか観れず、先ほど録画した後半部分を観ました。

 1回戦の部分だけでもかなり面白い展開になっていましたね。優勝候補筆頭のラサール高校がまさかの0点で敗退という、予想外の結果だったし。しかも絶対的なエースと呼ばれていた人が答えられず止まるという。
 こういうのを観ていると、当人達には失礼ながら嬉しくなりますね。自信満々な態度で臨んだ人が答えられないというのを見ると。

 プレッシャーSTUDYでは、簡単な前半から答えていかなくてはいけなかったみたいだけど。これも結構厳しい条件だよね。
 難易度の高い後半から攻めていけば、誰が得意で誰が苦手かも判るものだけど。

 それに全体的に若さが出ていました。

 少しでも得点が欲しいところなのに、選択問題で、どの高校もクリア出来なかった英語問題をわざわざ選んで答えられずにタイムオーバーという高校が続出して、結局、日本史問題を選んだ東大寺学園だけが2問ともクリアするという形に。
 受験で必要だから英語を選んで、受験にあまり関係しない地理や理科を選ばないというのが、やはり学生だなと感じた。もちろん悪い意味でね。
 結局、受験に関係ないものと避けていては勝ち残れないということです。勝つ為には答えられそうな問題を選ぶのも重要なのです。

 それと開成高校のメンバーが全員一年生というのも。
 一年生と三年生。学生でこの二年の学力・知識の差というのは大きいのです。その開成高校も二回戦で敗退した訳ですから。

 最終的に優勝したのは、一回戦で唯一2問ともクリアした東大寺学園。
 2回戦は問題に救われた感もあるけど、穴がなく総合力があったからね。
 漢字の早書き問題で「こざと偏」と「つち偏」では難易度に差があり過ぎますよ。

 普段の芸能人とは違った新しい試みだったけれど、なかなか見所があって、第2回以降も期待したいですね。もちろんレギュラーの形式の方が個人的には好きだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

「平成教育委員会2010!! 秋の学力大収穫祭スペシャル」 2010.11.21 on air

 今回は試験もあった「平成教員委員会2010!! 秋の学力大収穫祭SP」を観ました。

 試験問題にも挑戦してみました。通常問題と両方同時に正解数を数えていたから誤差が生じて、公式サイトで再確認しなければならなかったのですが。

 成績は結構良かったかも。
 実力テストの成績は18問正解。1問4点だから、72点。
 通常問題では最後の給食を除いて16問正解。給食は順番の関係で1問だけの正解です。配点は1問が2点らしいので、32点でした。

 テストの成績が半分になって総合成績となるので、合計すると68点。
 トップの成績は、宇治原史規さんと丸川珠代さんだったかな? その二人と同じ得点でした。
 給食の分も含めると単独で優等生だったんだけど、これは含んでも良いのかな?
 出演者の実力テストの得点の方は確認出来ませんでした。

 まあ、出演した回答者が誰も正解出来ず自分だけが正解した問題もあったので、気分は悪くはないけど、やっぱり給食が……。

 やっぱり久々のテストとなると集中の仕方も違うのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

今週観たアニメで気になったこと 2010年9月第3週

 GyaOで「超獣機神ダンクーガ」を最終話まで観ました。あれって思いっきり打ち切り作品だったのね。完全に「俺達の戦いはこれからだ」的な終わり方だったよ。
 完結していないのは百歩譲るとしても、スーパーロボット大戦でお馴染みの断空剣も断空砲も一切出てこないじゃないですか! 最終回には出るのだろうと思っていたのに。両方ともOVAが初出だったようです。

12日日曜日
「セキレイ~Pure Engagement~」第11話(MX)
 随分素直に皆人に治療データを渡すものだなと思ったら、皆人を嗾けることが目的だったのね。東の氷峨との全面対決が最後かと思いきや、またしても懲罰部隊が最後の敵となるのか。懲罰部隊も鴉羽以外はまともに戦えば勝てる相手になったから、第三期には使えないな。第三期はいよいよ東西南北の抗争になるのだろうけど。でないと飽きられるし。
 しかし高美がわざわざ断ることもないと思うのだが。MBIにしか頼れる所はないのは同じなんだし。結局、広人が利用するように仕向けたのは高美本人だと思うのだが。
 氷峨は瀬尾に火事場泥棒をやらせようという、あまりにも姑息な奴だよ。
 待ち構えていたモブ人達は、どうして皆人達が侵入者グループだと分かったのでしょう? 皆人達も何食わぬ顔をして迂回すれば良いのに。こっちは人が多いから他へ回るとか、もう少し奥で待ち受けようとか誤魔化して。
 結果として真田が乱入して皆人達を援護する形に。元々は真田って鶺鴒計画には反対の立場じゃなかったっけ? どうも天然でやっているっぽいけど。
 ビル内に閉じ込められたのは、むしろ楽では? 後ろから追って来る葦牙達がいないという事なんだから。

「オオカミさんと七人の仲間たち」第11話(tvk)
 おつうさんにナース服とか以前着ていたような気がしたけど、気のせいだったみたい。似合うと思うけれど、メイド服というポリシーがあるのでしょう。
 「リッくんって!?」、宇佐見とナレーションが同時に同じリアクションを取っているし。りっくんというと、“ガンダム”のリックドムかリックディアスを連想します。
 羊飼はラスボスなのに小物発言ですよ。この御伽花市のシステムに反旗を翻すつもりだというのなら解るけど、後の事は考えていないなんて、涼子をオモチャにしたいだけの単なる痴漢と変わらないよ。
 何と!? 驚きの豚田三兄弟の見せ場が! 借りは以前の自主制作映画で返したと思われるのに。

13日月曜日
「こばと。」第23話(教育)
 最後の藤本のコンペイトウは、今までずっと清花に向けていた報われない気持ちが、こばとに向けられることで、傷ついた心から解放されたからなのでしょう。

14日火曜日
「けいおん!!」第24話
 本編最終回。
 卒業式。そうか、唯のメール「先に痛てて」はこの転んだことを意味するものだったのか。しかし憂が替えのストッキングを用意して和に渡しておくとは……まあ、予想出来なくもないか。
 卒業式会場にまで律が色紙を持って来てしまって、渡される方は唯でなくても隠すのは大変なのですよ。実際。
 「お前らが来るのを待ってるぜぇ!!」、実際に聞くのが初めての生徒も多いのでしょうね。一瞬の沈黙はその証かも。
 梓、泣く。泣くだろうと思っていました。卒業組はみんな同じ大学だものね。澪くらいは泣いてもおかしくなかったが。
 梓のために作った曲「天使にふれたよ!」、梓マジ天使! 作詞は四人全員で、作曲は紬でした。
 おしまい。

16日木曜日
「アマガミSS」第12話
 紗江編最終回。
 紗江の行きたかったお店のチロリアンカフェ。目的はカップルで食べると幸せになれるというスペシャルバナナパフェ。カップルで食べれるような量ではないんですが。「少女よ。本当にこの少年で良いのか?」、それを言ってしまうと何も始まりませんよ。そいつは言わない約束です。
 ベストカップルコンテスト。梅原はピンクのマグロのトロ子と出場。一応盛り上がってはいる。ネタで盛り上げようとするのって、かなり危険なのよね。シャレの分かる観客が多くて良かった。
 ロシアンルーレットお点前。茶道で点てたお茶自体が苦いから、罰ゲームとしての価値は薄いかもね。
 コンテストの一位ははるかと響で、純一と紗江は二位。事実上の一位です。いや、紗江がはるかに敵わなかったのではないよ。事実、僕は原作未プレイで、当初ははるかが本命だったけれど、アニメが始まってからは、はるかより薫。はるかより紗江となっていったもの。逆にはるかは冷静に見ると痛い娘だったりするよね。そこがはるかの魅力でもあるのだけど。
 それよりもあるドレスとスーツを自作した紗江は凄いよ。
 副賞の映画デート。紗江の黒いドレスっぽい服がキャミソールに見えるな。
 キュン死。はい、僕は何度もキュン死しています。
 この最後のペンギンの着ぐるみ姿の意味は? 撮影は将来の映画監督の夢になるのだろうけど。そして足下の子ペンギンは二人の子ですか?

17日金曜日
「祝福のカンパネラ」第12話最終回(MX)
 「帰ったら一緒に、妹に謝ってくれるか?」「いえ。私はどこまでもミリアム様の味方ですから、一緒にアバディーン様を責めるかもしれません」、好いね、この会話。同じミリアムを助けたいでも、考えが違っているし。そしてミネット達の作った鈴を持っているというのも。
 コマンド。ドンドンいこうぜ、ぜんいんガンバレ、いのちがいちばん、なんでもやろうぜ、シカトしようぜ、じゅもんをつかうな、しぜんをだいじに、いろけでゆうわく、たすけをよぼうぜ、おかねでかいけつ。の10個のコマンドがありました。
 ファビウス大公とナーガンが街の防衛に加わりましたが、ジャッキー・チェンですね。声優ネタで。しかも後のシーンでは「オチャ! アチャ! ウーロンチャー!!」とも言っているし。ジャッキーが烏龍茶のCMをやっていたことまでネタにしちゃっています。
 シェリーは知っていながら何もかも教えなかったのか。「あの塔でっかいしね」、って明らかに行った事のある場所ということだよね。
 アニエスはミゼ・アルトワーズのことを「お母さん」と呼ぶし、チェルシーは知り合いだし。最後にきて謎が増えてしまいました。チェルシーは若くても二十歳代後半なのでは?
 修復に取り掛かるレスターとミネット。暴走したエールに対処するカリーナ達。でもアニエスはオートマタ達に戦わせているのなら、修復に手を貸した方が良いと思う。
 神剣シーラスティン召喚。神殿の物は神殿騎士が使うということは決まっているのかな。当たり前の様に折れた剣をアバディーンに渡してチェルシーが手にしたけれど。
 無事にハッピーエンドで、おわり。

18日土曜日
「あそびにいくヨ!」第11話(tvk)
 突入角度によって三通りの結果が予想されるのです。角度が浅ければ大気に弾かれて宇宙船は飛んで行ってしまうけれど、深過ぎると地表に激突して絶滅パターン。でもその前に自爆するという最悪の事態だけは避ける手段がある。いずれにしても何とかしないといけない訳です。
 騎央が艦長に。クーネ艦長の咄嗟の判断が功を奏したという主人公補正。
 ロケットを手配するのに眉一つ動かさず。桁の違う金持ちですな、アントニアって。
 ドギーシュアが使用した護符は、いちかとは直接関係がないんだ。便利過ぎる能力だから乱発はこの作品的にも怖いのだが。
 ロケットのエンジンを求めてロシアへ。エンジンごと鈴の能力で造れないのかしら?
 鉄道配備ミサイル。原子力潜水艦の方が発射位置の特定が予測し難いから、実践的ではなかったのでしょう。この鉄道配備ミサイルが更に進化したのものが“メタルギア ソリッド”でお馴染みのメタルギアです。
 というか真奈美もこんな時に話すことではないだろうに。余計なお世話と言われるのも当然。
 ロケットだけでなくこちらでも手回しが早く、NATO軍の接近。ちなみに欧米では“NATO”のことを「ナトー」ではなく「ネイトー」と読むらしいですよ。という雑学。
 ロケット完成。懐かしい感じのロケットなのは騎央らしい。僕だったら“ガンダム”のホワイトベースとかアーガマなどの宇宙艦艇になってしまうかも。

エビコレ+ アマガミ Limited Edition 特典 オムニバスストーリー集「アマガミ -Various Artist- 0」付き Video Games エビコレ+ アマガミ Limited Edition 特典 オムニバスストーリー集「アマガミ -Various Artist- 0」付き

販売元:角川ゲームス
発売日:2011/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アマガミSS 5 中多紗江 上巻 (Blu-ray 初回限定生産) DVD アマガミSS 5 中多紗江 上巻 (Blu-ray 初回限定生産)

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2010/12/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アマガミSS 6 中多紗江 下巻 (Blu-ray 初回限定生産) DVD アマガミSS 6 中多紗江 下巻 (Blu-ray 初回限定生産)

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2011/01/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アマガミSS 5 中多紗江 上巻 [DVD] DVD アマガミSS 5 中多紗江 上巻 [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2010/12/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アマガミSS 6 中多紗江 下巻 [DVD] DVD アマガミSS 6 中多紗江 下巻 [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2011/01/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

雑学王! 最強芸能人No.1決定戦!! SP」 2010.10.4 on air 昨日の続きの決勝ステージ

 昨日の「雑学王SP」の続きで21時以降に放送された分の結果です。

 3rdステージの途中からだったので、始めのところからの成績を書きます。

 3rdステージ 前半の都道府県問題6問中1問正解、後半の漢字問題10問中2問正解 15点で脱落。(単独9位)

 結局、リアルタイムで観ていた部分しか正解していなかった。あと二つ正解していれば決勝進出という結果。
 敗退してしまった成績だけど、ついでに決勝ステージの問題も解いてみました。

 決勝ステージ 7問中3問正解で30点(進出していれば単独2位の成績)だった。

 優勝したオリエンタルラジオの中田敦彦さんは4問なので1問及びません。中田さんはシーズン2でも優勝していたから、これで二冠ですね。
 シーズン1では揮わなかったけれど、続けての優勝となると、これは本物でしょう。
 さよなら絶望先生の問題(違)は、正解率一桁というのが不思議な感じがしたけれどね。

 もうシーズン3が始まりましたが、次こそは好成績を臨みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

「雑学王! 最強芸能人No.1決定戦!! SP」 2010.10.4 on air 途中までとシーズン2

 犬の散歩に行かなければならなかったので、最後の1時間はまだ観ていません。残りは後日書きます。

 いつも通り雑学クイズに挑戦して競ってみました。

 その前に9月まで行われていたレギュラー放送シーズン2の僕の成績も書いておきます。

 9月20日までの通算成績は、48/111でした。正答率は.433。単独で6位に当たる成績で、何とか27日の決勝戦に進めた形です。
 しかし決勝戦では10問中2問正解と、絶不調で終了。

 総合成績は、50/121でありました。正答率が.413です。6位、順位は変わらず。

 実は今回のスペシャルが開始される直前に何とか最終戦を観終えることが出来たという状態だったので、逆にあまり良くないイメージが作られたままの放送開始だったのです。
 けれどとにかく気持ちを切り替えてがんばりました。

 ということで、今日の放送分の成績。

 1stステージ 8問中5問正解(2位タイ)
 2ndステージ 前半の漢字問題は10問中7問正解、後半通常問題は3問中0問正解 得点は35点(4位タイ)
 3rdステージ 前半都道府県問題は6問中1問正解

 という途中経過です。9時以降のはまだ観ていません。

 今回も知っていながら失念して間違えるケースがあった。天気の快晴日数なんて答えも理由も知っていながら思い浮かばなかったし。
 シーズン2の時もそうでした。

 シーズン2はとにかく全体を通して、最初の5問で1問前後の正解しかなくて、後半に巻き返すというパターンばかり。なかなか5問以上の壁を超す事が出来ずに、もやもやしたすっきりしない気分で終える事も多くて。

 思い浮かばない時は、全く頭の中に影も形も表われないので真っ白になることが当たり前のようにあったし、苦し紛れで出した答えは確実に不正解だから、知っている問題しか当たらない事もしばしば。

 とりあえず今日のところは続きは観ません。犬の散歩は冷静になれる良い機会だったかな。

 あ、そうそう。太田の雑学ウソ?ホント?は2問とも正解しました。もちろん知らない問題だったけれど、今までで一番迷わなかったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

「平成教育委員会2010!!」 2010.8.29 on air 何か悔しい

 今年の夏の特番は夏休みも終わり頃になっての放送でした。
 今回も「平成教育委員会2010!! たけし先生がお手伝い夏休み自由研究SP!!」を観ました。
 そして自分も問題に挑戦しましたよ。

 最終的な成績は、今回の優等生の宇治原史規さんの8問を超える単独1位の9問正解でトップになれた成績でした。
 今回は理科の問題が多かったからね。イトカワの問題以外の理科系は全部正解だったから。
 もちろん○×問題での昆虫の新種の数も当てております。

 でもそれだけの成績を収めても、天丼は食べることは出来ません。当然ではありますが。
 でも家で観ているだけという違いなのに、優等生になっても何も得られないというのは悔しいです。十万円の天丼ですよ。

 でも久しぶりに宇治原さんに勝てたよ。
 明日の「Qさま!!」は漢字検定SPというから、私はあまり得意ではないのですが。とにかく今回の勢いを持ち込んで臨みましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

雑学王No.1決定戦 優勝決定ファイナル!! 2010.7.3 on air

 4月からの三ヵ月間に渡って競ってきた「雑学王」ですが、今回のSPで最終的な優勝者が決まります。

 こういう通算正答率で優勝者を決めるという長丁場な戦いというのもなかなか良いものですね。一問一問が捨てられないし、今回は負けてもいいやという事も出来なくなるから。

 はてさて、僕も4月からずっとテレビの前で参加していました。6月14日放送分と28日放送分は録画してあるものの、まだ観ていないので、4月5日から6月7日までの十週分の正答率で挑んでみることにします。

 問題数と正解数は、116問と45問。つまり45/116です。正答率は、0.387。
 四割に届いていませんでした。ちょっと厳しい。

 まずは1stステージ。7問中6問正解。
 通算正答率は、51/123で.414に上がりました。

 次の2ndステージ。11問中7問正解。
 通算正答率は、58/134で.432です。

 途中まで好調で気分を良くしていたけれど、最後は三問連続で不正解になってしまいましたよ。

 でもとりあえずは決勝ステージには進出出来る成績を修めることが出来ました。

 ここからは一問ごとに優勝の可能性が消えた人から脱落してゆくというサドンデス方式に。
 僕も前半で脱落したと思います。
 決勝ステージの成績は、一問ずつ書きましょう。

 第1問、正解。.437。
 第2問、不正解。.433。多分、この時点で脱落かと。
 第3問、正解。.437。
 第4問、不正解。.434。
 第5問、不正解。.431。第4問と共に、頭に過ぎった答えだったんだけど。
 第6問、不正解。.428。
 第7問、正解。.432。
 第8問、正解。.436。

 という結果でした。
 分母が多いと巻き返しが大変です。ほぼ皆勤賞の伊集院光さんと、二週に一回しか出ない宮崎美子さんや麻木久仁子さんを同列で並べてしまっては駄目ですよね。

 後日、まだ観ていない放送分も計算してみます。五割を超えている回は一度しかないので、あまり正答率が高くなることはないと思います。

 そして次回からは第2シーズン開催です。次こそ正答率五割を目指しますよ。

 はい。未視聴だった6月14日と28日放送の回を観たので、その結果を明かします。
 6月14日放送回は、12問中6問正解。
 6月28日放送回は、11問中4問正解。

 放送前の通算正答率は、55/139なので、0.395となります。
 2ndステージまでの成績は、68/157で、0.433になりました。1厘しか上がっていないのでは大して差は出ませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧