« ラブプラス クリスマスイベント 「メリープラスマス2010」の配信を観た | トップページ | ガンダム国勢調査のシステムがおかしいことに »

2011年1月 1日 (土)

今週観たアニメで気になったこと 2010年10月第3週

 気付かないうちにメモに記録する量も増えてしまい、視聴までまた遅れてきてしまいました。最低で週12本のつもりが、週8本しか観れていない。
 うーん、止め時が近いのかも。

 webラジオ「ハヤサン」が開始された理由が発表されましたね。思った通り劇場版アニメ化でした。

10日日曜日
「STAR DIVER 輝きのタクト」第2話
 ガラス越しのキス。僕は無しの人です。ガラスって結構汚れているのですよ。外側は当然のこと、内側も。
 ジャガーにタイガーって本名なのか?
 副部長可愛い。でも本当に狐なのだろうか?
 綺羅星十字軍総会。どこかで見たことのあるような人達が多いな。まだ素顔が登場していない人もいるけど。

「スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-」第2話
 よく見ると新しく現れた女性型の機体の胸の部分も妙に突起が……。やっぱり特機じゃなくて突起なのでは?
 エクセレンの異名の愛の堕天使。それってダメじゃん。
 ついに超機人の登場ですよ。ようやくクスハとブリット専用の搭乗機のお出ましです。今回は顔見せだけだけど。

11日月曜日
「探偵オペラ ミルキィホームズ」第1話(tvk)
 ラビットではなくてラット。モデルはあれですね。他人の褌で相撲を取ることを得意としているのに自分の褌は他人には貸さないという、浦安などにいる頭の黒い鼠のことですね。というかラビットというより“デ・ジ・キャラットにょ”のクウ・エアハルトですよね。
 二十里のB地区にモザイクがかかっている。
 トイズが無くなってからダメダメに。エリートから落ちこぼれにということだそうですが、優秀さが感じられないのですが。しかも原作の主人公らしい小林オペラは死んだことになっているようだし。主人公を殺して続編を作る展開はあまり良い作品はなかった気がするが。“センチメンタルグラフティ2”とか……。
 「食堂 多すぎる料理長」。多過ぎるということは、厨房が料理長でいっぱいになって身動きが取れないくらいだと困るけど、多い分には大した問題じゃないと思うのは私だけ?
 三ヵ月の猶予の後に退学。トイズがなくなったくらいで退学ということは、トイズがあることが探偵の前提条件なのかな。そうなると他の生徒達も烏合の衆に見えてきます。

12日火曜日
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第2話(tvk)
 OPの人物紹介が名前入り。ギャルゲーに準じているのかにゃ?
 三日でフルコンプは僕も出来ないなぁ。一人クリア出来るかな? というくらいかも。
 使っているノートパソコンは「AVIO」でした。何でアニメ作品では“VAIO”をもじったものばかり使われるのだろう?
 相談に乗って適切なアドバイスをしてくれる麻奈実は好い娘だな。それに対してアドバイスをくれた麻奈美を地味子呼ばわりするとは、嫌な女だな。可愛いのは見た目だけか。
 WIXIのコミュニティ「オタクっ娘あつまれー」に参加。そんなに簡単にオフ会まで参加して大丈夫なのかと思う。展開が早過ぎるかと。
 お茶会で秋葉原へ。なぜか京介まで付き添いに。コミュニティに参加してすぐオフ会だと孤立は否めないかと。
 「その図体で沙織だなんて、よくもまあ名乗れたものね。図々しい」、まあ、本名みたいだから。「今度からはサイコガンダムかビグ・ザムと名乗りなさい」、沙織=バジーナと“Ζガンダム”の登場人物クワトロ・バジーナとかけているのです。それにしても沙織はドMでしょうか? こういうタイプは普段の姿は美人と相場が決まっているのですが。藤原紀香と同じスリーサイズだという設定だし。
 「マスケラ」は何だか“コードギアス”みたいなキャラな感じ。

「えむえむっ!」第2話(MX)
 「殴られる前に殴ってしまえ。とか」、どっかで似たような娘を見たぞ。あれは確かワグナリアのバイトのウェイトレス……。てか、“WORKING!!”の伊波まひるそのまんまだよ。
 女装した辰吉を嵐子に会わせる。女装が役に立ちましたね。これなら上手くいく……かと思いきや、辰吉が女王様キャラに変身。ますますブタ郎のドMに歯止めがかからなくなりそう。
 朝、姉の静香がベッドの中に居た。ドMは家系なのですかね?

13日水曜日
「そらのおとしものf(フォルテ)」第2話(tvk)
 正式なOP曲「ハートの確率」。良かった、先週のが正式なのじゃなくて。
 智樹は空美禅寺で煩悩を取り除く為の修行中。中学生で煩悩を取り除くのは無理でしょう。
 刺客としてアストレアがやって来ても放置ですか。でも本当に放置でも問題なかった。
 擬似成長装置で五年後、十年後になってもニンフの胸は大きくならず。需要も変わらず、です。
 アストレアがモデルのエロ本か……。何でだろう? あまりエロく感じないのは。おバカ過ぎるから?
 袋綴じ。そはらのチョップで智樹の方が真っ二つ。“魔界塔士サガ”のラスボスを思い出したよ。チェーンソーの一撃で、まるでそう攻撃するのが前提であるかのように真っ二つになる神様を。
 智樹が修行で編み出した「必殺智樹六道地獄へようこそ」でアストレアはあっさり逃げた。近接戦闘はイカロスよりも上じゃなかったのだろうか?
 ED。エロ本のお祭り。だんじりとか、ねぶたとか、サンバとか。曲は「COSMOS」。

14日木曜日
「海月姫」第1話
 OPに“スターウォーズ”や“007”やブルース・リーの映画や“卒業”などの映画のパロディが含まれている。
 ミズクラゲとタコクラゲを一緒の水槽に入れるとタコクラゲが弱ってしまう。同じクラゲでも相性が異なるなんて知りませんでした。勉強になります。
 “アルプスの少女ハイジ”のハイジとクララのパロディ。オタク女子の話だからパロディが目立つな。
 お姫様はやっぱり男の娘でした。女装好きなだけなようです。
 尼~ずに聞いてはいけないランキングBEST5!! この場合はWORST5なのでは?

「アマガミSS」第15話
 逢との遊園地デート。当初は弟も行く予定だった。姉離れの方が早かった訳です。
 ガンシューティングゲームでパーフェクト。これが、はるか編で刑事になったのと繋がるのでしょうね。
 ホラーハウスで幻を見る純一。これ、原作ゲームをやっていないと全然解りません。子供の頃の詞は原作でも出てくるらしいけど。味噌ラーメンになるって、どうよ?
 ブランコに二人乗り。スカートの中が見えることもそうだけど、それ以上に向かい合って座ると……。“バトルプログラマーシラセ”のあのクローンの人が目撃したら、対面座(以下略)……と言うに違いない。お仕置きには全然なりませんよ。
 逢は選手に選ばれなかった。制服のままプールに飛び込むと、重くてほとんど動けませんよ。泳ぐのは着衣水泳に慣れていないとまず無理。

「それでも町は廻っている」第2話
 ハリウットTシャツ。ハリウッドだったかな? メモにはハリウットと書いてあったからどっちか判明しないけど。
 分数でコケると数学が出来なくなる人は多いでしょうね。僕はすんなり受け入れた口だから結構吸収率が早かったかな。今はもう覚えていないけど。しかし分数の割り算がすんなり出来てもその後の人生まで上手くいく訳ではありません。
 アニメの探偵モノの犯人の公式。ギャラもそうだけど知名度の高い人の方が犯人役を演じることが多いかな。
 新しい挨拶「めいどっ!」、メイドの方が言う挨拶ではないように聞こえます。
 メイド喫茶シーサイド大人気ないとう歯科クリニック。今までずっと看板に書かれた名前が見えなかったのはこれの伏線だったみたい。
 ED。警察官の名前は松田旬作というのか。どちらかというと“天才バカボン”の目玉つながりのお巡りさんのイメージが……。

15日金曜日
「FORTUNE ARTERIAL~赤い絆~」第2話
 OP曲が世界名作劇場の主題歌みたいでありますよ。
 副会長の挨拶。講堂の席に居る孝平にスポットライトが当たるとは手回しが良いな。ライトのスイッチを入れているのが女子だったら瑛里華が言えば率先して覗きの犯人を晒し上げようとしていたかも。
 女子風呂大魔王との称号が付けられました。威厳がなさそうな大魔王だこと。
 雪丸の顔が兎っぽくありませんが、どういった生物で?

「刀語」第10話
 誠刀・銓。束と鍔だけの刀。うーん、ビームの剣とかは出ないんだね。
 変体刀十二本を経て、最後の最後に作られた完了形変体刀・鑢。血刀・鑢ですか。まあ、あまり驚かないけど。
 出羽への道に人鳥が倒れている。これでお亡くなりかな? だったら毎回必ず死亡の記録が更新されますが。

16日土曜日
「とある魔術の禁書目録(インデックス)」第2話(tvk)
 あれ? 第1話の話はなかったことに、でしょうか? 闇咲の愛する人の呪いは解除されないまま? この作品、男の望みに対しては冷たいな。
 当麻、学園都市の外へ。行方を捜してほしいと頼む前に、その尋ね人のオルソラと出会うという。充分に幸運じゃないか。
 テント内でインデックスが沐浴中。当麻が開けても、意外にも普通の反応でした。噛みつくのがいつものパターンだから。

そらのおとしものf (フォルテ)第1巻 [Blu-ray] DVD そらのおとしものf (フォルテ)第1巻 [Blu-ray]

販売元:角川映画
発売日:2010/12/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そらのおとしものf (フォルテ)豪華版 第1巻 [DVD] DVD そらのおとしものf (フォルテ)豪華版 第1巻 [DVD]

販売元:角川映画
発売日:2010/12/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そらのおとしものf(フォルテ) “今年も”エンディング・テーマ・コレクション Music そらのおとしものf(フォルテ) “今年も”エンディング・テーマ・コレクション

アーティスト:TVサントラ,桜井智樹(保志総一朗),blue drops,イカロス(早見沙織),イカロス featuring blue drops,見月そはら(美名),アストレア(福原香織),ニンフ(野水伊織),トモ子(藤田咲),五月田根美香子(高垣彩陽),守形英四郎(鈴木達央)
販売元:日本コロムビア
発売日:2010/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そらのおとしものf(フォルテ) ハートが目を覚ます音楽集 Music そらのおとしものf(フォルテ) ハートが目を覚ます音楽集

アーティスト:TVサントラ,blue drops,桜井智樹(保志総一朗)
販売元:日本コロムビア
発売日:2010/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ラブプラス クリスマスイベント 「メリープラスマス2010」の配信を観た | トップページ | ガンダム国勢調査のシステムがおかしいことに »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/38088826

この記事へのトラックバック一覧です: 今週観たアニメで気になったこと 2010年10月第3週:

« ラブプラス クリスマスイベント 「メリープラスマス2010」の配信を観た | トップページ | ガンダム国勢調査のシステムがおかしいことに »