« 初めての400ml献血 | トップページ | ココログ広場に参加してみた »

2010年7月 9日 (金)

今週観たアニメで気になったこと 2010年5月最終週・6月第1週

 優先したい記事が多かったので、前回のが予定より一週間遅れのアップとなってしまいました。

 でも7月からは減らせそうです。
 思い切って放送前に興味のなかった作品は全部視聴を止めようかな。

30日日曜日
「WORKING!!」第9話
 「勉強も一日休むと取り戻すのに三日かかるって言うし」、まひるってお休みないの? 一日休みでその度にリセットされたら大変だよ。
 「初めての人はお父さんでした」、殴った相手がね。自業自得だが、何でだろう? この後の話を聴く前から既に、もっと殴っておけと思うのは? だから、「もういっそ……お父さんを始末して……」と言うまひるにツッコめなかった。
 小鳥遊が女装。命名=ことりちゃん。この件に関しては、ぽぷらの方が佐藤より立場が上になるのね。
 「私や他の娘が小鳥遊君のふりをすればそれで良かったんじゃ」、まぁ、本人達にしか知らない事とかもあるから、似合えば本人がやった方が良いと思います。というか僕も気がつかなかったよ。
 背が高いのは家系だから、別にドキッとする必要はないのでは? というよりここでことりがドキッとするのは不自然かと。
 山田はマイクを仕込んだり、こういう時だけ役に立つ。
 ことりがキレた。当然です。フラグ立てが決定的になりました。前々からフラグは充分に立っていたけれど、当の言った本人には、まひるへのフラグが折れまくっているからねぇ。
 ED曲「ゴールデン・デイ」。歌は伊波まひる。

「荒川アンダー ザ ブリッジ」第9話
 第70話から第76話まで。
 マリアとステラの戦いはマリアが勝つだろうとは予想出来るが、マリアは普通に強いのでした。
 衝撃!! 星はマスクだと自覚していた。というか素顔は普通だったな。

6月1日火曜日
「迷い猫オーバーラン!」第9話(MX)
 ストレイキャッツ、海へ慰安旅行。
 家康と千世は息の合うコンビになってきたな。第7話のロボットモノでの家康声のロボットと千世演じるちづるが一緒だったのが当初は違和感を感じたものだが、やっと理解出来るようになってきた。
 乙女が水着に着替えると、いつも外れる。それほどまでに大きいようには見えないが……。見た感じではFカップでしょう。水着の選び方に問題があるとしか。
 また今回も理不尽に殴られる巧。抱きついてきたのは希なのに。
 貸しボートで沖へ。そして夕立に遭う。何か段々と文乃が腹立つキャラになってきたな。人のせいばかりにして。
 文乃に「変な気を起こすなどこれっぽっちもあり得ない」と言ったのは、この物語中で唯一、巧が悪いと言える瞬間だったかも。

「けいおん!!」第9話
 「ハイテク」Tシャツを着ている。新しいTシャツだね。憂は同じデザインのシャツなのに。しかも季節によって長袖でも同じOKOと書いてある。
 CM。絵柄が似ているから本編かと思ったよ。京都アニメーションのCMでした。
 授業。小栗忠順のことを話しているから、幕末頃の日本史でしょう。
 今度は「ステレオ」と書かれたTシャツです。
 バーゲンで売っていた「NEO」のTシャツを買ったんだ。早速着ています。
 醤油を買ってくるはずが、砂糖をお隣から借りて来た。小学生ですか、あんたは?
 試験中に居眠りしつつも高得点。ヤマが当たったというレベルじゃないぞ。出来るのにやらない人なのよね。

3日木曜日
「NARUTO疾風伝」第383話
 跡形がないほどの被害だから、シマが教えなければ木ノ葉の里だと判らないのも無理ありません。
 ナルト強ええ。カカシが命懸けでやっと倒した相手を一撃で。
 風遁螺旋手裏剣はやっぱり投げるものだったんだ。

「かんなぎ」再放送第10話(MX)
 冒頭のカラオケボックスの部屋前のシーンが“らき☆すた”の前期エンディングと酷似していると思っていたら、間違えて入った部屋にどこかで見たことのある四人組の後姿が。

「おおきく振りかぶって~夏の大会編~」第10話
 三橋がサインに首を振らなかった事、モモカンも知らなかったんだ。
 前々から阿部の怪我はフラグが立っていたからね。しかも敗色が強くなってきたように思える。今期は1クールだというし。

「真・恋姫†無双~乙女大乱~」第9話(MX)
 無駄おっぱい。そういう時にこそ孟獲の出番です。
 桃香達が帰還。翠と星は無事に帰っていたのか。道程的に桃香達が最後になるのは当然だけど、二人は遭難していたし。
 何進の猫化が進んでいる。このままの方が可愛げがあるのに……。
 前作では有耶無耶になっていた感があった郭嘉の軍師としての登用の話だけど、念願の軍師になれたんだね。
 鈴々、また大きなお弁当の葛篭を持って行く。今期は結構成長していると思っていたのに……。

4日金曜日
「刀語」第6話
 蝦夷地へ、双刀・鎚。
 凍空粉雪登場。一族で一番弱くて既にこのレベルとは、確かに一級災害指定一族。
 最早ザコ集団と化した、まにわに。たった六人に。
 この刀は一体、誰が扱う事を考えて作ったのだろう? 完全に凍空一族専用に思える。それとも“ベルセルク”のドラゴン殺しと同じで扱える人がいるかどうかも考えずに作ったとか?
 七花、初黒星。しかも素人相手に。実戦経験が多ければ、力で振り回すだけだから難なく勝てただろうけど。
 真庭狂犬までも素人相手に一撃で敗北。ま、当然次の行動は言うまでもなく。
 初めて自分の意思で斬らなかった。うん、充分に成長だと思うよ。情ではなく、必要だから斬らなかったのだから。
 次回は七実と戦うことになるのか。何だか次から次へと最強が更新されていくな。まにわにはどんどん弱くなってゆくというのに。

「デュラララ!!」第21話
 杏里がまだ内緒モードを使えていなかったのは、臨也が何か細工していると強く感じるのですが。
 美香と誠二、久々の登場ですな。姿は出てはいたけれど。愛すると決めた者の責任。誠二が言うからこそ重みのある言葉であります。

「Angel Beats!」第10話
 ユイと二人っきりになれるよう奏に行動してもらうが、台詞を端折り過ぎ。しかもタイミングが悪く、ギターを没収しても追って来ない。
 ユイもこの世界には長いのかな? 話を聞いている限りだと、つい最近死んだような望みではないし。ジャーマンスープレックスとか、マラドーナとか。
 手紙に全部ふり仮名が振られてあるよ。これだったら野田も読める。
 必殺殺人ギロチンシュート。本当の必殺ですよ。
 日向はもう音無のやろうとしている事に気付いた様子。普段から見てきているから解るのでしょうね。
 日向の「してやんよ」攻撃。ここまでくると、ユイの望みよりも気になったりして。けれど、原作者の麻枝准さんが言っていた「ユイは人気が出る」という言葉はここの事を言っていたのか。
 ユイ、成仏。ED曲は「一番の宝物」。

Book 小林 ゆう (sabraDVDムック)

販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 小林ゆうさんの写真集です。

|

« 初めての400ml献血 | トップページ | ココログ広場に参加してみた »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/35632009

この記事へのトラックバック一覧です: 今週観たアニメで気になったこと 2010年5月最終週・6月第1週:

« 初めての400ml献血 | トップページ | ココログ広場に参加してみた »