« パソコンから焦げた匂いが… | トップページ | ai sp@ce プレイ日記2010年7月25日 カうがール »

2010年7月25日 (日)

今週観たアニメで気になったこと 2010年6月第3週

 やっと最終回作品に辿り着きました。まだ一作品だけではありますが。

13日日曜日
「WORKING!!」第11話
 まひるではなく、ぽぷらが告白したっ! ……宗太に女装してほしいと。
 杏子達の昔の写真。撮ったのは相馬。まだバイトしていなかった頃なのに。
 また梢が店に。ぽぷらは同じ名字なのが偶然だと思っている。「かたなし」という名字は珍しいから、偶然と見るにはちょっと……。
 珍しくメインキャラ以外のウェイトレスが出ている。始めはことりちゃんに見えたよ。
 本当にあった怖い話を聞いた後での帰り、まひるのマジックハンドを持つ位置が近くなっています。これが怖い話を聞いたからか? 慣れてきているのか? 後ろからついて来る者がいて、宗太にしがみ付けたということは前者のようです。宗太は後ろからの不審者よりもしがみ付いているまひるの方が恐怖でしょう、そりゃあ。
 まひると山田、小鳥遊家へ。ああ、そうか逆に梢に自分が絡まれなくて済むから平然としていたのね。まひる一人だけだったら絡まれていたかもしれないけど。
 「殴るのを止めてくれたら、もう少し友好的になれるかと思いますが」、殴られている側からすればそういうものですよ。Mでなければ。
 ババ抜きをしている物理的な距離がかなり近くなっている。意識しながらの接近の方は少しずつマシになってきているみたい。

「荒川アンダー ザ ブリッジ」第11話
 第87話から第94話まで。
 リクの最終兵器・高井。確かに一ノ宮父の苦手とする人なら最終兵器かも。
 シロの上司オーラに騙されなかった職員の顔が一瞬リクに見えたが、ちゃんと似てる設定だったようです。ま、人違いと気付いて良かった。

15日火曜日
「迷い猫オーバーラン!」第11話(MX)
 迷い猫同好会の活動一発目の動画。“ニコニコ動画”か。再生回数が512,903回とは多いな。マイりストも多いからリピーターが多いのだろうけど。
 叶絵が“とらドラ”の櫛枝実乃梨そのものになってきたよ。
 希が他の所からやって来た猫には餌をやらなかった。むしろ自分の立ち位置をその猫と重ねている方だから辛いのです。
 「オールハイル ブルマァァァニアァ!!」、嫌なシュプレヒコールだよ。
 左眼に“コードギアス”のギアスっぽい模様が。競技場でやるとユーフェミアがギアスにかかってしまった回を思い出す。
 ブルマチェーンだけだと分からなかったが、スパッツ流星拳で“聖闘士星矢”のパロディだと分かりました。
 猫は四匹、お皿は一つ。お皿はもちろん巧のこと。乙女もちゃんと数に入っているんだね。
 今回は台詞も多かったのに、EDキャストに叶絵と堀江由衣さんの名前がないのですが。ED曲は「ブルマの歌」、挿入歌は「スパッツの歌」。

「けいおん!!」第11話
 澪の髪を梓と同じ髪型に。律は似合わないといっていたが、似合うと思います。
 古い扇風機。壊れ方が羽が飛ぶというので良かったよ。発火したら大変。木造校舎だし。
 さわ子先生が来ない理由は、まあ、一つですよね。職員室には当然冷房はあるもの。
 部室へのクーラーの設置はあっさりと許可されました。軽音部は音楽室を使っているから、反対する理由はないし。でも音楽室として使われている形跡はないよね。

17日木曜日
「NARUTO疾風伝」第385話
 なると劇場。エンディングにヒナタだけが出ているのは、現在の展開のヒロインですから。

「おおきく振りかぶって~夏の大会編~」第12話
 サインが盗まれている事に早い段階で気付けたはいいが、結果として試合にはあまり影響がなかった。配球というのはデータだけじゃなく心理戦もあるからね。相手の予測しない球を投げさせるというのが一番重要なのだから。
 一時は乱れた三橋だけど、自力で立て直せたのは大きな成長です。ここで立て直せるかどうかで、その選手が良い選手かが決まると言っても過言ではありません。
 最後の打者は西広。公式戦初試合で、打てなければ終わるこの場面では打てないのも仕方ありません。打てれば例え負けても自信がついて大きく成長するだろうけど、今は経験です。
 勝った時に得るものは何もないが、負けた時に得るものは多い。という格言を残したスポーツ選手もいます。今回は負けたけど、得たものは大きかった。やっと主従関係でない対等の、本当の意味でのバッテリーになれそうですし。

「真・恋姫†無双~乙女大乱~」第11話(MX)
 冒頭で出てきたのが兵馬傭っぽかったと思っていたら、合っていました。こちらでは兵馬妖という名だが。
 華雄も死なないとなると、孫策が死ぬこともなさそうな気がします。これなら通算第四期があっても、原作ゲーム無印版の蓮華と冥琳の確執も描かれる事がなさそうな……。
 一番気の短いのと、脳筋の一番槍争い。自分で言っている段階で愛紗に譲るフラグが立ってしまっているから。気が短くて脳筋の夏候惇でさえ一騎討ちが許されなかったのだからねえ……。
 魏の軍師の中で郭嘉が今のところ一番活躍しています。これは早死にするキャラだから今のうちに活躍させておこうと見てしまうのは邪推でしょうか? 原作ゲームでは董卓や呂布は蜀軍入りしていたけれど、賈駆が曹操の部下になるからアニメ版ではトントンも曹操の下に入るようです。
 「帽子置き場にするくらいしか頭の使い方を知らない」、酷い言われよう。前期でも桃香がいたからこその平和的解決だったというのに。しかも今期も彼女が鍵に。

18日金曜日
「デュラララ!!」第23話
 静雄が自力で歩いて来たよ。まさかそこまで凄いとは予想外。いや規格外。

「Angel Beats!」第12話
 ガルデモのメンバーは最初に消えるんだ。結局最後まで存在感ないままだったな。
 松下五段は痩せると別人です。声とそれまでに出てきている面子の残りだから判るけど。
 ゆりの本名は中村ゆり……と思いきや、仲村ゆりだそうな。
 「あれの戦闘能力は爆撃機並みか!?」、そこは戦艦並みのビーム砲と言うところだよ。
 つまり、AngelPlayerはこの謎の青年が作ったという事でよいのかな? 話を聞いてもいまいちよく解らないのだが。イレギュラーな存在って音無のことじゃないの? 話を聞いている限りはそうではないみたいだったが。

19日土曜日
「いちばんうしろの大魔王」第12話最終回(tvk)
 似た者同士で違うのは女運。女運ではなく女縁だよね。女運の悪さでいえば阿九斗も良いとは言えないから。
 ゆう子の記憶が書き換えられているということは、ブレイブ=ヒロシも忘れられているということに? もうこれ以上阿九斗には必要ないでしょう。ヒロシのことは覚えままにしておく方が話も収まるというのに。

|

« パソコンから焦げた匂いが… | トップページ | ai sp@ce プレイ日記2010年7月25日 カうがール »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/35767650

この記事へのトラックバック一覧です: 今週観たアニメで気になったこと 2010年6月第3週:

« パソコンから焦げた匂いが… | トップページ | ai sp@ce プレイ日記2010年7月25日 カうがール »