« ペルソナアインソフ 終了のお知らせ | トップページ | ようこそ「電撃ラブプラス VOL.1」~ »

2010年6月10日 (木)

今週観たアニメで気になったこと 2010年5月第2週

 第1週が1日だけなので、いつも第2週と書くと混乱しないかな? と思いながら書いてます。でも第2週扱いになるので仕方ありません。

 週に三日もブログに何も書き込めない日があるので、溜まっていく一方です。「刀語」も第5話を観る前に第6話が放送されていたりも。
 7月からは本数が減ってくれると嬉しいけど。でもあまり減らなさそうな様子。継続も結構あるみたいだし。

2日日曜日
「WORKING!!」第5話(MX)
 気が付かなかったけれど、八千代の刀の持ち方が大刀の持ち方だね。刃の方を上側にして立てるような感じに持たないと、ぶつかって色々と面倒だよ。
 女性スタッフの身長と変人度が比例している。さすが、身長には拘りますね。というより、まともなのがぽぷらしか存在しないんじゃ……。
 大巨人ポプラドン。大きくなっても動きが可愛いのですが。
 宗太が休みでも、まひるは殴る気満々ではないですか。この辺が変人度高いと言われる所かと。
 「店に、いきなり襲ってくるアトラクションがあると思え」、それは“USJ”の“ジョーズ”ではないですか。
 しかし……、宗太がいないだけでこんなに大変な事になるなんて、宗太はかなりの戦力なのです。彼が来る前は一体どうなっていたのか想像する方が怖いかも。

「荒川アンダー ザ ブリッジ」第5話
 OP「タイトルなんて自分で考えなさいな」。歌、マリア。
 今週は第33話から第42話までって、あれ? 第32話は? 記録するのを忘れたのかと思ったけど、どうやらテレビ未放送の話があるらしい。
 第33話。ワゴンはシスターを運ぶ為の物。なるほど確かに必要だわ。
 P子登場。うん、まあ、この河川敷ではまだまともな方だと思いますよ。村長に思いを寄せているという所を除けば。
 第35話。「何だか……黄色いスカーフとハーモニカが似合いそうですね」、新しい方の“ムーミン”のスナフキンですね。原作に近い方の。中の人は子安武人さんだし。ま、旧作のではP子とキャラ違い過ぎているから。
 ステラの歓迎会。名前の最終候補がコブラ、ハインド、ステラ。戦闘ヘリに関する知識はないけど、「ステラ」という戦闘ヘリが存在するのかな?

3日月曜日
「こばと。」第6話(教育)
 今回は、いおりょぎさんの過去について少し触れられる話。結構やんちゃだったみたいです。
 くまのバームクーヘン屋に行ってみたいです。
 かくれんぼの鬼を決めるじゃんけん。これだけの人数で一人負けはかなりへこむよね。
 沢山の四つ葉のクローバー。これだけあると土壌汚染やクローバーの遺伝子汚染を疑った方が良いと思います。

4日火曜日
「迷い猫オーバーラン!」第5話
 サークル名はともかく、活動内容がないとやりようがないです。しかも普通に同人活動だし。
 手を繋いだのが小学校の頃以来。これを聞いて殴ってくるのかと思ったら、意外と文乃も満更ではない様子。
 乙女帰還。完全に別行動なのが悲しいですよ。というより足元が困っているのだから、店を空けている場合ではないでしょ。水着はサンバ用のですかね? 秋田の前はブラジルに行っていたのかも。
 荒ぶる鷹のポーズ。これって元ネタ何でしたっけ? 確かあったはずだが。
 夏帆が何をしたいのか意図が読めません。巧を助けたり苦しめたり。千世への入れ知恵もわざと間違ったやり方を勧めているし。
 でもこれで千世も仲間入り。同好会名も迷い猫同好会となりました。名前は希から来ているのだろうけど、実際の迷い猫は四人ですからね。

「けいおん!!」第5話
 三年生が修学旅行中の同軸時間帯の留守番組の話。よく考えると三年生で修学旅行というのも珍しいかも。受験で時間を勉強に回したい時期だから。
 唯が帰って来ない事を今になって実感した憂が可愛いなぁ、もう。元々両親は長期出張中だしね。
 沢山の料理。いつもこのくらい用意しているのだろうか? まぁ、憂は平然としていたから普段から出しているのでしょう。
 「しゃれこうべ」のメールを出していたんだ。
 意外だったけど、憂も朝の寝起きは良くないらしい。
 野球漫画の影響でバッティングセンターへ。この野球漫画は“おお振り”でしょうか? 女性が読みそうなものとなると限られるし。隣の親子連れのアドバイスを聞いて学習しただけでホームランを打つなんて、何という高性能っぷりですか。で、ホームラン賞は、でっかいカメのぬいぐるみ。
 三人でセッションをするのなら、憂もオルガンでなくてギターで良いと思うのですが。姉以上に上手いのだから。

6日木曜日
「NARUTO疾風伝」第379話
 ペインの襲撃で結構多くの登場人物が死んだりするらしいとは聞いていたけれど、いきなりカカシですか。先の展開をちょっとばかり知っているとはいえ、これはショックですよ。しかも新技まで出しているのに。

「おおきく振りかぶって~夏の大会編~」第6話
 田島と泉は三橋が言いたい事が解ってきているみたい。花井との会話が噛み合っていないと気付くのは、同じクラスだからかな。
 モモカンは23歳。想像していたより若いな。モモカンって原作者の理想の女性像なんでしょうね。

「真・恋姫†無双」第5話(MX)
 尚香と会う。「今度会ったら、大きさ、形、色、艶、感度、弾力、味、匂い、舌触り、挟み具合の十番勝負で、乳比べの決着つけようと思ってたのにぃ」と。項目が増えていますが。無印“恋姫”第10話の時は、大きさ、形、色、艶、感度、弾力、味の七番勝負だったのに。
 黄巾の乱を鎮めた時の芝居か。確かに袁術唯一の活躍だものね。
 おお、張勲も意外と軍師をしているんだな。ただの毒舌ではなかったか。
 黒髪の山賊狩りを芝居に出す。本人の愛紗がさり気なくアピールするも、“真・恋姫”第一期の夏候惇と同じ状況に。そして周泰が配役に。
 楽屋荒らしは何となく自作自演ではないかと思っていました。陸遜が居て大切な物を手放すとは思えないもの。

7日金曜日
「デュラララ!!」第17話
 今回は杏里の当番回というより静雄の回ですね。格好良いです。ついに自制が利いて、これで本当の意味での最強ですね。
 そして杏里は罪歌の娘達を支配下に。一番物騒な勢力でもあります。本当にボランティアで動いてくれる事を願うばかりです。
 新しいドアに“乃木坂春香”の絵で痛車仕様に。何気に能登麻美子さん関係のネタが目立ちます。
 杏里が格好良い人として静雄とセルティを挙げたのは、帝人を自分から遠ざけさせようとする為だね。愛する事が出来なくても、愛されるという生き方もあるんだけどね。
 正臣が元黄巾族なのは以前に明かされていたが、創始者だったとは。これでメインの三人がそれぞれの勢力のボスという構造が完成しました。これから黄巾族が活発化しそうなので、帝人の対応の仕方が鍵となりそう。全面戦争は避けたいところだし。

「Angel Beats!」第6話
 作戦本部の壁にある額に書かれた文字が毎回変化しているという事を知らなかったよ。ちなみに今週は「猫大陸」と「乙」。
 椎名のバランス感覚の訓練は箒に加え、鋏と物差しが増えている。
 麻婆豆腐が好みだったと自覚する事も校則違反を失念していた事も、指摘されるまで気付かないなんて、天然というより考えるという事がなかったというのが正解かも。それだけ管理者の代行の役目だけを負っていたと言えそう。
 ガードスキルは攻撃目的には作っていない。あくまでも対抗策だものね。これまでの行動からそれは判る。
 ハンドソニック・バージョン4は、実用性なさそうだな。敵弾を防ぐのには使えそうだけど。でもそのバージョン4を使って脱出に成功した。
 この世界は神を選ぶ世界。直井の言う事が真実かどうかは判らないが、何かしらの意味がある世界ではあるのでしょう。
 直井を抱き締めて、音無は男女関係なくフラグ立てまくりですな。今回だけでも奏、ゆり、日向、直井フラグが立っています。きっと夏のコミケではネタに事欠かないでしょう。日向×音無は確定っぽいけど、直井とはどちらが責めになるのか?

8日土曜日
「いちばんうしろの大魔王」第6話
 ころねは様子がおかしいどころではなくなっているよ。キャラ違い過ぎなところもあったし。
 ナマコが口から出しているのは腸だから、飛び散るのはおかしいと思います。えっちなのはいけないと思います。
 お米から作ったお米のジュース。あれですね、“かなめも”ではるかの作ったジュース。
 ころねが撃たれても、人造人間ではあまり危機感が感じられませんでした。

Keep The Beats! Music Keep The Beats!

アーティスト:Girls Dead Monster
販売元:ビジュアルアーツ
発売日:2010/06/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Music TVアニメ「Angel Beats!」オリジナルサウンドトラック(仮称)

アーティスト:TVサントラ
販売元:アニプレックス
発売日:2010/07/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] DVD Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

販売元:アニプレックス
発売日:2010/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [DVD] DVD Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [DVD]

販売元:アニプレックス
発売日:2010/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ペルソナアインソフ 終了のお知らせ | トップページ | ようこそ「電撃ラブプラス VOL.1」~ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/35071194

この記事へのトラックバック一覧です: 今週観たアニメで気になったこと 2010年5月第2週:

« ペルソナアインソフ 終了のお知らせ | トップページ | ようこそ「電撃ラブプラス VOL.1」~ »