« クイズ雑学王2009 2時間スペシャル 2009.12.16 on air | トップページ | ペルソナアインソフ 迷い人日記647日目~660日目 12/2~12/15 »

2009年12月20日 (日)

今週観たアニメで気になったこと 2009年10月最終週

 もう2009年も終わりが近くなってきました。早いなぁ。

 来年の視聴はもっと抑えないと駄目ですね。ただでさえブログの更新が追いつかないのに、土日に外出が多くなってしまって、アニメを観る時間を削らないと無理っぽい。

25日日曜日
「聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)」第4話(tvk)
 セシリーの胸はそんなにふっかふかなイメージはなかったなぁ。鎧のせいではないとは思うが。
 奴を倒すにはアリアと同じのが100本もあれば何とかなるかも。という話だが、それを扱う人数の面でかなり無理がありそうな気も。数人では無理でしょう。
 せっかくアリアを人間の姿にしているのに、人前で元の姿に戻したら人間の姿にさせる意味がないじゃないの。
 で、結局アリアを取られてルークに助けを求めることになって。しかも身体までも捧げてしまうと言ってしまって。

26日月曜日
「そらのおとしもの」第4話(tvk)
 いきなりパンツ達が帰って来た。持ち主の元へは帰らなかったんだ。
 前回から既に夏っぽかったけど、夏服になりました。
 見たり触ったりしたパンツを爆破させるなんて、そはらも意外とデンジャラスです。ま、自分も智樹の罠に引っ掛かっているのだが。
 家中にパンツを飾り付けていた。バカ過ぎる(褒め言葉)。しかもトイレには巻き巻きう○ち型にしているし、どうかしてる(いい意味で)。一体何歳なんだか。この分だと、イカロスを呼ぶ時にそはらは家の中にまでは入っていないみたいね。さすがにこれを知っていたら撤去するだろうし。
 家の中へ飛ばされたそはらを救うのに銃は必要ないでしょうに。
 で、そはらは下に何も穿いていないから外に出られない。これだけパンツがあっても誰が穿いたか分からないパンツですものね。自分のパンツは最初に自分で破いちゃったし。
 お宝コレクションのガーディアンこと超絶合体パンツロボ。酷過ぎる(賛辞)。
 エンディングVer.4.0「戦士の休息」。本編を観た後に保志さんが熱唱しているのを見ると思わず笑ってしまいます。
 何だかついでみたいになってしまうけど、ニンフが登場です。

「ファイト一発! 充電ちゃん!!」第4話(tvk)
 アレスタは閃登好みのスタイルなのか。でも後から見てみると依緒乃も充分にスタイル良いんだよね。
 他人の警戒深度は判って、何でそんなに鈍感なのかなぁ。はこねとぷらぐの両方に怒られて。
 充電した相手が学校荒らしの犯人だったことで、アレスタが敵に塩を送る形となってしまいました。ま、僕としては依緒乃を応援しているから、それで良かったけど。
 ぷらぐが、はこねの名前を使ってメールを送って後々面倒な事になら……ないか。一応内緒ということらしいので。

27日火曜日
「乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪」第4話(tvk)
 クリスマスパーティにルコと由香里がいないなんて何て平和なのだろうか。玄冬パパが居てもこちらの方が安心出来る。普段が酷いから。
 新キャラの序列五位・医療担当の雪野原鞠愛登場。うーん、那波が序列三位というのが解らなくなってきた。
 椎菜達はボランティア。男共はこんな美少女のクラスメイト達と一緒のクリスマスで何が不満なんだよ。
 「美夏ちゃんぷれぜんつ 看病ガイドライン」、相変わらず実際には使えなさそうな物を。
 手を掴んで胸が肌蹴るなんて、どんな奇跡だ? 裕人の手は相変わらず魔性の手だな。
 てっきり春香はまだサンタさんの謎を知らないと思っていたよ。小学校6年までというのは意外だった。
 庭の電飾の飾り付けは、あのサンタ服のままでやったのかな? へそ出しだから上から羽織っていたとしてもかなり寒いぞ。

「真・恋姫†無双」第4話(MX)
 「はい、中に誰もいませんよー」、その台詞を岡嶋妙さんに言わせますか。“School Days”の桂言葉の台詞だけど、地上波では放送中止になったから、アニメを観ていてもこの台詞を知らない人もいるんだね。
 于吉の声は子安武人さんか。でも于吉はこんなに悪役っぽい人だったのかな? 孫策を呪い殺したという話のある人だけど。
 「黄昏よりも深きもの、血の流れよりも熱きもの、時の流れに埋もれし、尊大なる汝の名において我ここに誓わん。我と汝の力もて、我の望みを叶えんことを!」、“スレイヤーズ”のドラグスレイブの呪文を部分的に変えてあるようです。
 熊避けの歌。「や~まがあるから山なのだ~ か~わがあっても気にしない♪ ぬ~まがあったら首まで浸かる~♪ ク~マが出てきてクマったな~♪」、好きだなこの歌。
 張三姉妹のことを知っているのは桃香だけということは、愛紗達と出会う前に三姉妹は有名になり始めたみたい。Aパートは少し時間が遡るようだ。
 飴の舐め方が……。ま、元々の原作では拘りを持っていたらしいし。

28日水曜日
「NEEDLESS」第17話(tvk)
 「貴様らが負ける事は想定済みだこらぁぁ!!」、ですよね~。結局倒したのは、三人がかりで非戦闘タイプの胡桃一人だけだもん。

29日木曜日
「NARUTO疾風伝」第353話
 ずっと死亡フラグが立ちまくっていたから覚悟はしていたけれど。OPアニメーションでもネタバレしていたし。なのでどこまで情報を送る事が出来るのかが気になっていました。断続的に情報は送っていたし、正体まで突き止めて送る事が出来て、流石です。
 というか、ペインの強さよりも自来也の強さの方が際立っていた。
 重要な選択とは、諦めないことだったのでしょう。それが同時にナガトでもヤヒコでもなく、ナルトこそが真の予言の子だとの選択を決定付けた瞬間と考えます。

「けんぷファー」第5話
 第1話以来の視聴です。
 ミスコンの集計協力は日本野生美少女の会。物凄く危険な香りのする会なんですが。
 「天王星の戦士も少女革命も憂鬱じゃない方のハルヒが霞んでしまう」、ま、女性化しているとはいえ本当は男だからね。“美少女戦士セーラームーン”のセーラーウラヌスも、“少女革命ウテナ”の天上ウテナも、“桜蘭高校ホスト部”の藤宮ハルヒもみんな正真正銘の女性だし。しかし「憂鬱じゃない方のハルヒ」は他にもいるんだけど。“はぴねす!”の神坂春姫とか、女子プロレスラーの春日萌花さんとか。
 こら司会、後ろにいる出場者と被るな。
 「『お前達が俺の翼』か!?」、“マクロスF”の最終話での台詞ですが、ここは、“これは愛だ”と、同じ中の人の台詞を言ってみる。

「にゃんこい!」第5話
 楓との遊園地デートのはずが、トラウマ面子の加奈子と凪も一緒。しかし“けんぷファー”と違ってこちらの方は主人公を応援したくなりますね。同じ楓でも沙倉楓はあまり良い印象は持てなかったから。というか胡散臭さを感じる。
 凪が小林ゆうさんにしか見えなくなってきました。
 加奈子は右手で殴ったのに潤平の右頬に絆創膏が貼られています。逃げようとする途中で殴られたのでしょうか?
 ニャムサス似のストラップ。こういうの好きです、個人的に。
 桐島朱莉登場。いかにもトラウマ面子入りしそうなキャラだ。

31日土曜日
「生徒会の一存」第5話(tvk)
 夏服。くりむの夏服が好きな理由が「砂場で遊ぶ時、袖捲らなくて済むし」という。何てお子様な。でも似合うから怖い。高校生なのに。
 備品に水着があった。って、第1話のあれですか? あれはもうちょっと露出があったと思うから違うか。
 アイマスクを外そうとすると激痛が走るツボ。それって手を使わなくても激痛が走るのかな? 机の角で外せそうなものだが。
 「山があって谷があってこその人生なのよっ!」、今週の標語。どう聞いても胸のことですけどね。
 杉崎は「想像通りの胸」と言っていますが、個人的な感想では、くりむの胸は想像していたよりかはあったと感じます。もっとぺったんこかと思っていたくらい。
 外に出た! ……と思ったら深夏が出ただけでした。
 「何事も見かけで判断してはいけないのよっ!」、今週の標語その2。くりむの場合は見かけ以上にお子様だとツッコめということですね。
 知弦の「もきゅもきゅ」がもうここで出ていたのですね。本格的な登場は第7話だけど。
 髪を下ろした深夏は、すぐ深夏だと判るけれど、イメージはかなり変わるね。でもやっぱりデレない。普通の恋愛作品だったらデレるところなのに。
 ED曲の歌が乱れているのですが……。これは“らき☆すた”のカラオケエンディングみたいなものを狙ったのかな? 一発録りみたいな感じだったが。

「とある科学の超電磁砲(レールガン)」第5話(tvk)
 車上荒しを取り逃がしたのは完全に黒子の責任です。あれから成長していないと言える。
 固法の能力は透視能力か。いつも事務所内に居るから実行部隊ではないと思っていたが。捜索向きの人なのですね。
 郵便局強盗の能力は一見強力そうだけど、壊れるまでというのが結構ポイントのように感じる。
 左手で握手というのは最近よく見るな。たまたまだろうけど。でも左手の握手は決闘とかそういう意味だった気がする。

そらのおとしもの みんな大好き(ハート)OPPAI☆セット Book そらのおとしもの みんな大好き(ハート)OPPAI☆セット

著者:水無月 すう
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TVアニメーション「そらのおとしもの」 エンディングテーマ・コレクション Music TVアニメーション「そらのおとしもの」 エンディングテーマ・コレクション

アーティスト:TVサントラ
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2009/12/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TVアニメーション「そらのおとしもの」 劇伴集 Music TVアニメーション「そらのおとしもの」 劇伴集

アーティスト:TVサントラ,桜井智樹(保志総一朗),blue drops,イカロス(早見沙織)
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2009/12/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« クイズ雑学王2009 2時間スペシャル 2009.12.16 on air | トップページ | ペルソナアインソフ 迷い人日記647日目~660日目 12/2~12/15 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/32593008

この記事へのトラックバック一覧です: 今週観たアニメで気になったこと 2009年10月最終週:

« クイズ雑学王2009 2時間スペシャル 2009.12.16 on air | トップページ | ペルソナアインソフ 迷い人日記647日目~660日目 12/2~12/15 »