« ドラゴンクエスト天空の大神殿 そのじゅうはちっ Ⅱの世界殿堂入り | トップページ | 2009年10月期開始アニメ第一話の感想 »

2009年11月15日 (日)

今週観たアニメで気になったこと 2009年9月第4週

 ようやく本格的な最終回週の前半を書けるようになりました。日曜と月曜の分だけが最終回になっていないという形です。

 とりあえず視聴の方は、観る予定だったものは全作品一話と二話を観たという状況ですが。

20日日曜日
「かなめも」第12話
 フリーマーケットで新聞を売るなんて、どうなのだろう?
 マリモ本人も登場。けれど、どれでも一つ10円は安過ぎるでしょう。50円くらいにしておいた方が良いよ。安過ぎると品質を疑われるから。
 CMアイキャッチ。石見ロボが生徒会会長選挙で248票で当選。
 と、ここで録画が途切れました。どうやら“化物語”の録画開始時間と重なってしまったかららしい。二番組同時録画も過信しては駄目ですね。“咲”との兼ね合いで、同じチューナーで録画していたみたい。

「化物語」第12話(tvk)
 “ビックリマン”ネタはあまり知らないなぁ。「たっきゅうどう」と言われても解かりません。ヤマト王子は知っていても。
 「天才ヘルメットと技術手袋」、これは“ドラえもん のび太の宇宙小戦争”に出てきた道具ですね。確かに便利ですよ、これは。銅40g云々の材料+αで人間そっくりのメイドロボまで作れるでしょうし。
 障り猫。猫が憑いたから多重人格障害になったのか? 多重人格障害の一種として猫が憑いたのか? この場合は後者といえるかな。
 エナジードレインとは久しぶりに聞く言葉だな。最近のゲームではあまりないから。

「咲-Saki-」第24話
 絵本を読まないと眠れない。高校生でどうなのよ? というツッコミよりも、透華と出会う前はどうだったのかが知りたい。
 そういえば加治木は元々泳げなかったんだっけ。ここまで泳げるようになっていると、全く気にも留めなかった。
 県予選では決着が付かなかった真のアイドル対決。完敗していましたが……。
 場面転換でエトペンの群れが。今まで使ってこなかったのに何故ここで使ったのだろう? 使うのだったらもっと使っていれば良かったのに。

22日火曜日
「プリンセスラバー!」第12話最終回(MX)
 他の人のブログを見ていると、シャルロットが列車から転落していないことを疑問に思っている人が多いみたいだけど、前回、哲平が撃たれる時にシャルを列車の中へ引き込んでから落ちている描写は描かれてありましたよ。
 駄ブタ。根津だけにネズミではなかったのですね。
 お笑い担当の二人組は医大に通っていたのか。学費を払えないのなら始めから医大を選ばない方が良いような気もするけれど、そういうことではないのだろうね。
 うーん。結局、ハルトマンのやった事って、リスクとまるで釣り合わないような気がする。有馬への逆恨みを晴らす為にわざわざ自分のした事の足跡を残すまでしてしまったのだから。
 ここまで来ると、実は哲平の両親は生きていてどこかに隠れていたというオチを期待したんだけど、それはなかったみたい。逆にそちらの結末の方が物語としては良かったような気がする。
 聖華とぶつかって、根津の縞パン姿が。今更隠すことってないのではないかと……、DVDではどうなるんだろう?

「宙(そら)のまにまに」第12話最終回(MX)
 波動砲ですか。原理的にはコロニーレーザーに近いかと。
 すっかりカップル成立状態の路万と近江。カノープスは日本だと太平洋に面した所でないとなかなか見れませんね。でもその隣に見えるアケルナーも日本では貴重なのですが。
 冬は日が暮れるのが早く、太陽の残照の影響がない。空気の乾燥や気流の安定については知っていたけれど、これは知りませんでした。
 昴。オリオンから逃げ惑う美人姉妹萌え。どんなものにでも萌えを感じるのは凄いのです。
 土星。最近、新たに巨大な輪が発見されたという話ですし。旬ですね。新たな輪は肉眼では観ることの出来ない物だけど、観えれば地球上からでも月の二倍くらいの大きさになるそうです。
 文江は二期連続で会長就任。これってなり手がいないとも言えそうな気も……。

23日水曜日
「狼と香辛料Ⅱ」第12話最終回(tvk)
 金を持ち逃げされて、何だか曖昧なうちにまた一緒に旅を続ける結果となったところで終了。物凄く消化不良な終わり方です。
 CM。ええと……これは“sakusaku”の番宣なのでしょうか? “ドラゴンクエストⅨ”のCMなのでしょうか? tvk以外では流れていないのだろうけど。

「NEEDLESS」第12話(tvk)
 胡桃を探せダービークイズ。何だか変な出走馬も混じっているな。
 ウイルスは健在で、結局三人娘は何もしていません。イヴ一人でみんな倒しているよ。もっとも一対三でセトやソルヴァにも負けていたのだから、こんなものだろうけど。

24日木曜日
「NARUTO疾風伝」第347話・第348話
 人によって契約出来る動物は違うんだ。ナルトが蛙と契約したのは、自来也は始めから契約可能な動物を知っていたということになりますか。
 なるほど。予言が曖昧なのは、安定と破滅のそれぞれ両方に弟子が位置しているからか。確かにこれでははっきりはしません。
 この辺りの話はアニメオリジナルらしいけど、このナルトの名前の由来は公式設定となるのですね。

25日金曜日
「涼宮ハルヒの憂鬱」第26話(tvk)
 “らき☆すた”第24話で、こなたが真似していた長門の占いの台詞。「あなたは5分15秒後にソフトクリームを買って、5分28秒後にそれを落とし。7分6秒後に看板に頭をぶつけ、その際彼女と交錯して転倒、彼女のバッグから所持品が散乱し、7分……」と、ここまでは聞こえました。

27日土曜日
「懺・さよなら絶望先生」第13話最終回(tvk)
 壁に掛けられた絵に“さのすけ”が。
 ・小さな間違いには気付くが、大きな間違いには気付かないもの。
 最初にアウトカウントに目が行ったので、逆に最初に出ていた間違いをスルーしていましたよ。
 誤植で奈美が「モロチン」を連発。こういうのってどこで間違うのだろう? 作者が台詞を入れる段階? それとも写植で?
 「死んじゃってる係」というのは面白いな。どんな係か想像してみたり。
 出た! 「インド人を右に」の誤植。これが出るのを期待していました。本当は「ハンドルを右に」と書くところを、よほど字が汚かったのでしょうね。
 風浦が伊吹風子の帽子とヒトデを持っている、というのが大きな間違いらしい。
 ・小森の毛布が飛ばされる。
 始めに黒板の日付が4月22日だったのが、毛布を量産している間に5月22日になっていた。
 本当の安心毛布は自分より駄目なものの存在。正しくその通りなのですよ。自分より駄目な者が多過ぎると世の中に幻滅してさらに絶望することになるけどね。
 ・流行語大賞というより、流行後大賞ですね。で、流行語大将が現れる。そういえば今年もそろそろ話題になる季節です。今年は……「草食系男子」くらいしか思い浮かばないや。オードリーって今年だっけ? 「トゥーッス」とかありそうだけど。
 EDが戻った。結局、糸色望の曲は三回しか流れなかったのか。
 清彦の夜。僕は小さな頃、最後の「ゆ~め や~すく~♪」の部分を「ヤスくん」という人の名前だと思っていたよ。もう、“なにかとれ“、”ふく”という感じです。
 挿入歌に「さよなら!絶望先生」というものが。
 絶望先生えかきうた。イラストは小林ゆうさんと大槻ケンヂさん。大槻さんが描いたのはティエリアですか? 本当は神谷浩史さんの似顔絵を描いたものですね。こうして見ると特徴は似ているんだ。

「GA 芸術科アートデザインクラス」第12話最終回(tvk)
 ナミコさんが学校を休んでツッコミが不在。これは最終回に相応しいピンチです。……って、をいをい。
 「トモカネさんを漂白した感じの人が背後に!?」、二人が兄妹という認識はまだないのかにゃ? 外間先生もトモカネ兄を見て、似た外見だということに反応もしなかったから、言わなければ判らないほど違うのかも。
 キサラギ、ナミコを心配して程好い脱力感と悲哀感。好い娘だね、キサラギは。
 色で心情を表現する課題。そしてナミコの家にお泊りで闇鍋。確かに良い絵は描けそうですが……。
 出汁はキムチだれとラムネ菓子。ラムネの量さえ多くなければ問題なく食べれそうな気もします。でもカオス鍋とは恐ろしい響きです。
 最終的に鍋にカレー入れちゃえば、大概の物は結構何とかなる。おおぉ、それは知らなかった。参考になりますよ。

「戦場のヴァルキュリア」第26話最終回(tvk)
 戦術的に、アリシアがどこに捕らえられているか分からないのに散開行動を執るのは全滅パターンでしょうに。何だか前半のような戦術性がなくなってしまったな。
 結局、小物なままで終わったマクシミリン。実力も器もないのに野望だけはあるから、逆に情けない。
 コーデリア姫はダルクス人ということを民衆に明かしたけれど、これからが大変でしょう。ラルゴの片想いはエレノアに通じたみたいです。それを悔しがるヤンを見る限りはそう見えます。ファルディオは出てこなかったところを見ると、生還しなかったみたいです。一番貢献した人なのに。あのまま生きていても辛いとは思うけど。

Ring My Bell Music Ring My Bell

アーティスト:blue drops
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2009/11/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Music TVアニメーション「そらのおとしもの」 エンディングテーマ・コレクション

アーティスト:TVサントラ
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2009/12/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Music TVアニメーション「そらのおとしもの」 劇伴集

アーティスト:TVサントラ
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2009/12/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そらのおとしもの 限定版 第1巻 [DVD] DVD そらのおとしもの 限定版 第1巻 [DVD]

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2009/12/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そらのおとしもの 限定版 第2巻 [DVD] DVD そらのおとしもの 限定版 第2巻 [DVD]

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2010/01/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book そらのおとしもの みんな大好き(ハート)OPPAI☆セット

著者:水無月 すう
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 まだここでは書いていないけど話題騒然のパンツが空を飛ぶアニメ「そらのおとしもの」を張っておきます。

|

« ドラゴンクエスト天空の大神殿 そのじゅうはちっ Ⅱの世界殿堂入り | トップページ | 2009年10月期開始アニメ第一話の感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/32122504

この記事へのトラックバック一覧です: 今週観たアニメで気になったこと 2009年9月第4週:

« ドラゴンクエスト天空の大神殿 そのじゅうはちっ Ⅱの世界殿堂入り | トップページ | 2009年10月期開始アニメ第一話の感想 »