« 今週観たアニメで気になったこと 2009年9月第4週 | トップページ | 今週観たアニメで気になったこと 2009年9月最終週・10月第1週 »

2009年11月19日 (木)

2009年10月期開始アニメ第一話の感想

 書くことをすっかり忘れていました。なので結構話数を観ている作品もあります。
 でもあくまで第1話だけの感想を載せておきました。

 今回もリアルタイムで観ている作品はないので、放送順で書いていきます。

「けんぷファー」
 一話だけのつもりだったけれど、そこそこ面白かった。第1話を観る限りでは。途中が抜けたけれど録画予約は入れておいた。
 でもまだどう転ぶか判らない作品ではあります。最初の一話だけが面白いということもあるし、これも盛り上がりもなく進んで行ってしまう気配も感じなくもなかった。
 女の子同士のバトルモノって意外と当たりが少ないんだよね。見た目ばかり力を入れて中身が薄いということが多々あるから。物語重視の人には向かないものがある。この作品は個人的にキャラクターの好みが今のところないから、女の子になってしまう主人公がどれだけ引っ張れるか次第かなと思う。

「にゃんこい!」
 猫は個人的に特に好きな訳ではないので、それほど期待してはいなかったけれど、割と良かったかも。キャラクターに魅力を感じないと辛いけれど、個人的にこの作品はその点は問題はなさそう。猫達が可愛いね。って、やっぱり猫じゃないの。
 物語も解り易いので、身構えて観る必要がないのも良い部分かも。でも先の展開が読めてしまうのは残念。そういう意味では普通の作品という評価になるかな。

「生徒会の一存」
 密室劇ですね。これは「らき☆すた」のようなネタモノにしないと続かないでしょう。原作は小説なのに四コマ作品みたいな構成になっているみたいな感じ。
 そのせいか、話が途中でぶつ切りにされて別の話が挟まれてしまい、一応これは場面展開のない密室劇を飽きさせない方法であると解釈はするけれど、やはり唐突に話が変わってしまうという印象を受けた。物凄く作り方に苦労しているような気がする。本当に、動きのあるテレビアニメ向きではない作品ですね。
 だけどキャラクターは可愛いね。自称・主人公の杉崎もちゃんと主人公していたし。絵柄は好みです。こういう話も個人的には嫌いではないので、生暖かく見守っていきますか。人にお薦めはしないけど。

「とある科学の超電磁砲」
 前作の「とある魔術の禁書目録」のスピンオフ作品です。思った通り、原作の「禁書目録」よりもアニメ向きの作品でした。前作はかなりのトンデモ設定と超展開だったので、ツッコミどころが多かったのが問題だったが。今作は主人公も違うから、発生した事件へのアプローチの仕方も異なっていて、登場人物は共通していても別の作品に見える。
 しかも一般人代表の佐天涙子の視点で描かれているところも好感触です。今期の作品中では安定して観れるアニメかと思う。
 前作を観ていない人でも問題なく観れます。

「聖剣の刀鍛冶」
 第一話を観た限りでは、可もなく不可もなくといったところでしょうか。話が進んでゆくとまた導入部とは別の方向へとシリアスな展開になると聞くので、一話だけでは判断はつけられないかも。
 個人的にはあまり積極的に観ようと思う作品ではなかったかな。女性キャラクターは可愛いとは思うんだけどねぇ。とりあえず様子見。

「そらのおとしもの」
 あくまでも第一話を観た感想ですが、まぁ、中二病全開のアニメですね。中二の妄想をそのままアニメ化したような。逆にここまで来ると清々しく思えるのは第二話を観ての感想になってしまうけれど。でも意外な展開もあって、ただの中二病アニメではないのかなと感じました。
 夏頃からtvkのサイトで紹介されていたものの特に関心は無く、つまらなかったら切ろうというくらいの気持ちで観始めたけれど、観続けてみるのも良さそうかなと思った。
 キャラクターの絵は個人的に好みです。というか、そはらが可愛い。キャラ目当てでも見続けることは決定。
 それが第二話以降では、あんなとんでもない祭りになるとは……。これは是非とも見届けなければならないでしょう。

「ファイト一発! 充電ちゃん!!」
 事前からエッチなアニメだと聞いていたけれど、これって別にエッチなシーンを入れなくても良いんじゃないの? 物語の進行上には関係のない部分しかそういう表現がないし。どうせ入れるのなら話に絡ませれば自然なのに、完全に不必要な追加になってしまっている。しかも結構やばい演出だし。黄色い液体のお漏らしは止めれ。
 物語的にはハートフルな話になるみたいなので、そこは良いとは思うのだが。むしろエロいシーンは要らないかも。その分、本編の内容を濃くしてくれれば充分良作になりそうな気もする。

「乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪」
 第二期なので特に語る部分はないかな。第一期を観た人向けといえるので、初めて観る人には向かないけど。第一期から引き続き観るつもりの人は、普通に続編となっているので迷うことはないでしょう。観るか観ないかはその人次第かな。

「真・恋姫無双」
 劉備がついに登場です。ようやく三國志らしくなった……という訳ではないが、あくまでも同じ名前の別のキャラクターと割り切って観ないといけないでしょうが。原作ゲームが好きなら問題ないでしょう。とはいえ蜀軍のメンバーが中心になっていますが。
 内容は第一期の続きとなっているし、劉備が途中からの参入とあって、観ていない人はついていけないとは思います。これも第一期観た人向け。

 総評。
 今期はこれといって注目作品のないクールとなるかなと思ったけれど、思っていたより観れる作品がありました。それでも全体的な小粒感は否めないかと。
 ただ、純粋に作品として見ると、本命は存在しないと言ってしまうかも。一応、「超電磁砲」や「生徒会の一存」が良い感じかなと思いました。

|

« 今週観たアニメで気になったこと 2009年9月第4週 | トップページ | 今週観たアニメで気になったこと 2009年9月最終週・10月第1週 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/32136448

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年10月期開始アニメ第一話の感想:

« 今週観たアニメで気になったこと 2009年9月第4週 | トップページ | 今週観たアニメで気になったこと 2009年9月最終週・10月第1週 »