« 今週観たアニメで気になったこと 2009年8月第5週 | トップページ | ai sp@ce プレイ日記09年10月15日 水鉄砲テストその後 »

2009年10月14日 (水)

ai sp@ce プレイ日記09年10月13日 水鉄砲テスト

 「ai sp@ce」で、ついに水鉄砲シューティングゲームがテストではあるものの実装されました。

 さっそくやってみたけれど、操作に慣れるまでが大変です。三回ほどプレイしてみたが、結果から言うと一度もクリア出来ませんでした。

 マウスの動きがそのままカメラアングルになるし、照準が画面の中央にあるから、視点移動と照準が連動した形になっています。敵を撃つにはまず中央に敵を捉えないといけなくて、常に視点がぐりぐり動いて初めは訳の分からない状況になりました。

 でも操作に慣れさえすればレベルの低いミッションなら一人でも何とかなるかなと思う。最大4人でも出来るみたいだし。4人だと逆に楽かもね。

 しかしまだまだテスト段階という感じは出ていました。

 一回目の時は、何とか操作に苦労しながら殲滅していったのだけど、敵がいなくて探し回ったりした。見落としていただけかもしれないが、どこを探しても見つからない。
 そのうち、行けそうもないように見えた箇所が通り抜けられると知って、奥まで探しに行きました。UDXのモニターの下の所にも行けたよ。そこで時間切れになってミッション失敗になったけど。

 そこでダッシュが出来ることも覚えました。
 マウスの右ボタンを長押しすると、照準の方へ向かって走り出します。走るまでに少し間があるからキー移動しながらの使用が良いかと。

 それにしてもミッション失敗でレベルが6も上がるのは上がり過ぎでしょ。成功で2、3上がる程度で良いと思う。

 二回目はボスを登場させるところまで進められました。
 しかし、そのボスがどこにいるのか視界に捉えられない。すぐ近くにちらちら姿が見え隠れするが、まずはボスを視界内に捉えるのに手こずりましたよ。

 途中からはうまく攻撃を当てることが出来て、いい感じでいけたのだけど、障害物に引っ掛かって連続で攻撃を喰らってしまいました。
 その時に期限がなんたらとか表示が出て延長するにはお金を払わなくてはいけないようなことが書かれてあったので、「いいえ」を選んだらミッション失敗になってしまった。

 レンタルで借りていたコスプレ衣装はその後も使えていたけど、あれは何だったのだろう?
 ちなみに各衣装で台詞も変わります。個人的には巫女さんが好いかな。

 三回目は途中でサーバ切断でした。
 というかこの間にも何度も切断されていたんだけどね。まぁ、実装されたばかりだからアクセスが集中していたし。
 というか、新しいものが導入される度に言っているけど、何で新しい要素が実装される時だけ人が増える? アップデート日はだいたい同じ時間に入っているけど、いつもはこんなに人いないぞ。

 んで、やってみて学んだこと。

 ・平面の敵は正対しないと攻撃が当たらない。横からはもちろん、斜めからでも当たらなかった。

 ・ある程度距離が離れていれば、撃ってからでも避けられる。ただ、視界の外がでも容赦なく撃ってくるけどね。

 ・結構、水鉄砲の発射間隔が曲者。連射が出来ないので、パラメータのテクニックを上げておく方が良いかと思う。敵が多い時に単発射撃はもどかしいです。

 今回は最初だったのでパラメータはあえて振らずにやってみました。衣装は着たけどね。元からあるスキルは使ったけど、衣装特有のスキルは使うのを忘れていた。

 それとロックオンだけど、もしかして、ボタン押しっぱなしにしないとロックしてくれないのかな? 何だかロックオンはしていなかったように感じたから。ほとんど手動で照準を合わせていた。
 それともある程度合わせれば赤くなるあれがロックした状態だったのか。確かに少しは追尾してくれるけど……。うーん。

 ココログのメンテナンス時間が迫っているのでここまで。

|

« 今週観たアニメで気になったこと 2009年8月第5週 | トップページ | ai sp@ce プレイ日記09年10月15日 水鉄砲テストその後 »

ai sp@ce」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/31776702

この記事へのトラックバック一覧です: ai sp@ce プレイ日記09年10月13日 水鉄砲テスト:

« 今週観たアニメで気になったこと 2009年8月第5週 | トップページ | ai sp@ce プレイ日記09年10月15日 水鉄砲テストその後 »