« ai sp@ce プレイ日記09年5月6日 創立者祭五日目 | トップページ | ペルソナアインソフ 迷い人日記430日目~437日目 4/29~5/6 »

2009年5月 7日 (木)

2009年4月開始アニメ第一話の感想

 この四月期開始作品の視聴本数は多くなってしまいました。再放送作品も何本か観ているので、ちょっとピンチです。

 今回も観た順番に感想を書いていきましょう。とはいえ、リアルタイムで観たのが「ハガレン」だけなので、ほとんど放送された順番であります。

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」
 前作の焼き直しという印象です。絵は綺麗になっているけど、雰囲気は前作の方が好きだったな。
 前作は途中で連載中の原作に追いついてしまったがために、先の展開を色々と探りながら進んでいたように感じたけれど、今作はそういった迷いがないと感じる。それだけに伏線もはっきり描かれているし、テンポも良いので、こちらの方が話も理解し易くはなっているのだろうと思う。前作は解らない部分が多くて、改めて最初から観直さないと理解出来ない部分もあったし。
 ただ、それを差し引いても前作の方が好みだった。

「けいおん!」
 第一印象は、「ひだまりスケッチ」っぽいなと思った。同じ「まんがタイムきらら」連載だからかな? 京都アニメーションが「ひだまりスケッチ」を作るとこうなる。という感じだろうか。
 それにしても観た人達の反響が大きい。が、正直言うと、そこまでの作品とは思えなかった。物語も特筆すべきところはないし、至って普通か。動きは京都アニメーションクオリティだから、もちろん良いのだが。
 まぁ、僕はこういうほのぼの路線アニメは嫌いではないので個人的には楽しんで観るが。興味があれば観てみればとは言えるが、是非観てねとは言わないかな。

「ハヤテのごとく!!」2ndシーズン
 原作に近い話だそうで。そういえば一度はクビになるという話は聞いていたけど、第一期ではそれらしいエピソードはなかったなと思っていた。
 一応は第一期を観ていなくても入り込めるようにはなっているみたいだけど、前作を観ておいた方が解り易いですね。前作を観ていた人ならそれほど雰囲気は変化していないので、引き続き楽しめるでしょう。
 今回は正真正銘の深夜に移ったけれど、パロディは控え目だそう。それでも結構あったように思えたが。深夜の方がパロディを控えるというのが何だか変な感じもするが。

「戦国BASARA」
 元々一話しか観るつもりはなかったので、第一話だけの視聴ですが。もう何も考えずに観る作品ですね。ツッコんではいけない、ツッコんだら負けな作品です。
 ただ、話の中心は真田幸村と伊達政宗になりそうなので、他のキャラクターが空気になりそうな予感。

「戦場のヴァルキュリア」
 コミック版で少し先の展開を知っているために、第一話だけからではこの物語の本筋が見えてきませんね。戦記ものというよりヒロイックファンタジーものという方向へ行くのかな? せっかく優秀な戦術家の主人公がいるのだから、戦記ものとしての見せ場も用意してくれると嬉しいのだが。
 絵は綺麗だけど、やはり戦車のCGが違和感を感じなくはない。

「タユタマ」
 原作がゲームというだけで、それ以外の前情報も知らずに見ました。まず気になるのがキャラクターのデッサンの狂い。原作からそうなのかは知らないけれど、男性キャラは顔の角度によってずいぶん違うと感じる。ただ、小さな太転依達が可愛かった。
 一話を観た限りでは物語は割と分かり易いかな。専門用語が多いので、それを覚えるのが少々難儀か。
 二話を観ると普通の恋愛ものの作品としては意表を衝いた展開が待っていたけど。

「咲-Saki-」
 麻雀アニメということだけど、戦略の要素もあるものの、やはり強運で乗り切るタイプになってしまうのが残念。キャラクターは可愛いけど、パンツを穿いていないのはどう思うか……。
 話の展開はそこそこ面白いとは感じたかな。実力はあっても勝てないのではなく、勝たないことに拘るというのが賛否両論ありそう。僕はどちらかを決めかねている状態です。結局は強運で解決してしまっている問題でもありますからね。ま、そう言ってしまうとほとんどの麻雀作品は成立しなくなってしまいますが。

「ティアーズ・トゥ・ティアラ」
 存在をすっかり忘れ、第一話の放送を観るのを忘れました。動画配信サイトで観ておきました。あまり大っぴらに言うことではないけど。なので、絵や動きについてはあまり何か言えるほどの情報量は持ち合わせていません。
 タイトルがそのまま、この後の展開を物語っているようですね。「うたわれるもの」の西洋版みたいな感じかなという印象を持っているけど、どうなのかな? とりあえず原作が「うたわれるもの」と同じなので外せないところだけど。
 一話はあくまでも導入部分という感じで、まだこれといって目立つものはなかったかな。

 10作品くらいいくかなと思っていたけれど、8本ですか。再放送の他、「ルパンVSコナン」や「劇場場コナン」もあったから多く感じたのかな?
 総評は、個人的にはそれほどヒットした作品はなかったかな。これからどう変わるかも楽しみだけど。

|

« ai sp@ce プレイ日記09年5月6日 創立者祭五日目 | トップページ | ペルソナアインソフ 迷い人日記430日目~437日目 4/29~5/6 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/29453124

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年4月開始アニメ第一話の感想:

« ai sp@ce プレイ日記09年5月6日 創立者祭五日目 | トップページ | ペルソナアインソフ 迷い人日記430日目~437日目 4/29~5/6 »