« 01月17日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 2008年12月終了アニメの感想 »

2009年1月18日 (日)

今週観たアニメで気になったこと 2008年12月最終週・2009年1月第1週

 観れない期間を経てようやくアニメの視聴を復活することが出来ました。しかしかなり遅れてしまった。書けない日の方が多いのを何とかしたいところなのだが……。

 正月はガンダム尽くしでした。アニマックスでの全話放送も途中からだけど観ていたし。親が「相棒」を観たいということで、終盤はtvkで放送されていた劇場版の方に切り替えるという。なのでララァが死んでしまうところは観れませんでした。
 そして、「MSイグルー」まであるし。というか、何で一週間限定なのよ。

28日日曜日

「機動戦士ガンダム00」セカンドシーズン第13話
 「女の嫉妬も醜いんじゃない?」、オマエモナーってやつですね。
 「繊細なんだか強引なんだか」、強引な方です。というか完全に強攻策ですよ。
 ヒリング、味方ごと撃ちました。やはり戦闘以外には向かない人なようです。
 シールドビット。これがケルディムとセラヴィーの追加装備みたい。何か似たような装備が他のシリーズか作品かでもあったような気がするが。
 「その名の通り、狙い撃つぜぇ!!」、はい、お年玉プレゼントクイズの答えは2番のロックオンが正解です。
 それにしてもネーナは味方にするのも厄介さんな気がします。

2009年1月1日木曜日
「機動戦士ガンダムMSイグルー 1年戦争秘録」第1話(GyaO・B-ch)
 MS19ルーこと、「Ms igLoo」です。というか何で一週間限定なのよ。もう少し長く配信しても良いのに。
 U.C.0079.01.04。開戦翌日。サラミスの主砲ってビーム砲だったっけ? ホワイトベースの主砲と同じで実弾じゃないの? それと艦の動きが軽過ぎるでしょ、これは。この機動性なら艦砲射撃ではまず当たりませんよ。MSの攻撃も避けられるでしょう。
 ヨルムンガルドの出力は15万kW。ΖΖガンダムのハイメガ粒子砲の出力のたった0.3%!! でも実弾を装填しているようだったから、射出するための出力かな。
 ブリティッシュ作戦のコロニー・アイランドイフィッシュ。中ではちょうどシロー・アマダ達が戦っている頃でしょうか?
 U.C.0079.01.15。ルウム戦役。艦隊戦から始まるけれど、ムサイが横向きになって戦う必要は全くないはずだが。後方には砲門がないのだから。
 赤いザク、シャア・アズナブルの乗る機体が出ましたよ。ヨルムンガルドは戦力として期待されてなどいなかったことが明らかとなってしまいました。

「機動戦士ガンダムMSイグルー 1年戦争秘録」第2話(GyaO・B-ch)
 U.C.0079.04.29。モニカは「似てる。国のお袋が飼っているヨークシャテリアに」だそうで。確かに煩そうですな。
 YMT-05モビルタンク・ヒルドルブ。運用後は廃棄。あの機動性なら支援機としては使えそうだが、結局戦闘にしか使えないからね。でもあの砲門はMS用に転用出来そうだが。マゼラ・トップの砲台を改造してザクに持たせていたこともあったし。
 「軍人は腐っても軍人以下よ」、今回のモニカの一言。
 ヒルドルブが変形した。機動性を考えるとガンタンクより上な気がするが、やはり堅さの違いか。

「機動戦士ガンダムMSイグルー 1年戦争秘録」第3話(GyaO・B-ch)
 U.C.0079.10.24。おお、ボールが格好良い。EMS-10・ヅダの話。
 ガンダムが出ている。でも出番はこの映像だけ。
 11.09。ヅダ空中分解。事故機と同じ原因で、改善されていなかったことが発覚。リミッターすら付けられていないのでは政争で破れる以前の問題でもあるような。
 連邦軍の情報力は凄いな。これほどの情報力ならソーラ・レイの存在も把握出来たのでは?
 地上仕様のザクでは宇宙ではボールにすら歯が立たない。リアルですね。ボールにカモにされるのが悲しいことだけど。
 連邦の量産MS。「首と脚がある」と言う分類の仕方が、こちらの悲しい現実。ガンダムの廉価版や劣化版や型落ちですらない。
 「ウジ虫ぃ!」、今回のモニカの一言。
 ジムの方が先に自壊。大量生産で粗悪品も多いとは言うが、これは酷い完成度でしょう。ジェネレータがダウンするとかそういうのはないのか?
 残ったヅダはヨーツンヘイムの搭載機に。これでゴーストファイターではなくなりました。

「機動戦士ガンダムMSイグルー 黙示録0079」第1話(GyaO・B-ch)
 同型艦ムスペルヘイム撃沈。U.C.0079.12.03。引継ぎのお鉢が回ってきて「貧乏クジ!!」、今回のモニカの一言。
 モビルダイバーシステム・ゼーゴック。スゴックは海の中で使う機会はもうない。ゴッグやアッガイでは駄目だったのかしら?
 海兵は最前線に投入される。逆で、最前線に投入するための海兵です。
 拡散ビーム砲クーベルメ。MA用ということは、ザクレロに搭載されていたようなやつかも。
 お祖父さんは海ではなく、サイド3の病院のベッドの上で。まぁそれが自然な結果でしょうね。ジオン公国の人間が地球の海に潜っていたとは思えない。そう簡単に地球へ行って暮らせるような時代ではなかったはずだから。出来ていればそもそも独立戦争など起きてはいないし。

「機動戦士ガンダムMSイグルー 黙示録0079」第2話(GyaO・B-ch)
 U.C.0079.12.24。MP-02A・オッゴ。比較対象はボールと。
 学徒動員兵。ザクにも乗せてもらえない貧乏くじの人達がここに。学徒兵はゲルググとかに乗せてもらえたはずなんだけどね。
 「『本当の技術バカ』だって……」、残念ながら映像作品だけではオリバー・マイが技術バカかどうかまでは伝わりませんでした。コミック版なども含めて観ないと分かりません。
 「ドラム缶の化け物め!」、とボウリングの玉の化け物が言っております。
 サラミスが一度は見捨てた上に味方ごと撃ったけど、この艦は一人乗りでしょうか? 台詞がどうも何人もの乗組員が乗っているようなものではないように思えますが。

「機動戦士ガンダムMSイグルー 黙示録0079」第3話(GyaO・B-ch)
 U.C.0079.12.31 01:17。ギレン・ザビの演説出ました。「あえて言おう。カスであると」が。
 MA-05AD ビグ・ラング。オッゴを長時間前線に配備出来るMA……。だからザクではないというのが悲しいのです。というより、オッゴは始めから前線に出す来満々だったような準備の良さですね。しかし機動性が売りのビグロがビグ・ザムより巨大な機体になってしまう。これだったらドズル・ザビの言う通り、ビグ・ザムを量産していた方が。少なくとも二機造れるくらいにはなっていたのでは? しかもオリバーがテストパイロットという、複合してちぐはぐなものに。
 もしかして、ドムはイグルー初登場でしょうか?
 ビグ・ラングは格好の的になっています。Iフィールドバリアーがなければとっくに沈んでますね。
 カスペン機が最初に二機撃墜したから、やるなと思ったら、もう墜とされてしまいました。配備されたばかりのゲルググは慣れていなかったということにして良いのかな?

3日土曜日
「WHITE ALBUM」第1話(tvk)
 観るのは初回だけだよ。設定の年代は86年だそうな。
 1ドル160円台とは時代を感じさせられます。でもそれから十年足らずで1ドル77円台とかになっていたりするんだけどね。
 テレビでの由綺の発言は天然ではなく、わざとか。この頃ってアイドルはトイレに行かないみたいなレッテル張りの強い時期だからそういうことをするのはなかなか出来ないことなのです。
 しかし理奈って何歳なんだろう? “To Heart2”でも緒方理奈の話題があったけど、20年近い年代差があるけどな。でも“To Heart2”も前作の二年後という設定だから……メイドロボが存在するからそれはないか。
 理奈への仕返しが後輩の由綺に。当時の芸能界はそんなイメージあるよね。今ではどうかは知らないけど。
 由綺からの電話のときのBGMが悲しげ。これからの展開を物語っているかのよう。

深愛 Music 深愛

アーティスト:水樹奈々
販売元:KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M)
発売日:2009/01/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

舞い落ちる雪のように Music 舞い落ちる雪のように

アーティスト:Suara
販売元:KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M)
発売日:2009/01/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 01月17日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 2008年12月終了アニメの感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/26778928

この記事へのトラックバック一覧です: 今週観たアニメで気になったこと 2008年12月最終週・2009年1月第1週:

« 01月17日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 2008年12月終了アニメの感想 »