« ペルソナアインソフ 迷い人日記263日目~265日目 11/13~11/15 | トップページ | ai sp@ce プレイレビュー9回目 »

2008年11月19日 (水)

今週観たアニメで気になったこと 2008年11月第2週

 第二週といっても、第一週のようなものです。ややこしいけど、一年で必ず何度かあるから仕方のないことです。

2日日曜日

「機動戦士ガンダム00」(セカンドシーズン)第5話
 ついに二人目が登場しましたか。リヴァイヴ・リヴァイバルというのかな? 他にはディバインとブリングという者がいるらしい。ガデッサ、名前からしてアヘッドの後継機みたいな感じだが。
 赤いMSにサーシェスの姿。ある意味人間離れしているんだと。
 ミスター・ブシドーは司令部より独自行動の免許を与えられているという。意外と柔軟な組織なのですね。
 マリナは良い母親になれそうです。姫よりもこちらの方が向いているかも。
 「何なら、そのまま帰ってこなくていい」「本気で言ったさ」「ふっ、冗談だよ」、本音は前者ですね。CBから抜けて平和な生活を送りたいのなら今が最初で最後の好機だと言いたかったのでしょう。
 沙慈、脱走を図る。この時点で展開が分かってしまいます。もちろん連邦に発見されてしまう。セルゲイが居たのがまだ救いだったが。しかし扉越しに盗み聞き出来るほどの気密性の軍艦ってどうなのよ。
 母を見殺しにしたというのが父子確執の理由らしいけど、沙慈を事前に逃がすセルゲイのことだから、意思の行き違いだと思いたいですね。
 「興が乗らん!」、出撃しておいて今更。
 赤いガンダムということは、やっぱりスローネツヴァイの改良型なのでしょうか? 冒頭のシルエットはスローネとは違っていたように思えたけど。

3日月曜日
「ef-a tale of molodies.」第5話
 廃駅にやって来たミズキの前に先客の景が。
 京介と景は彼氏彼女の関係になったんだ。で、クラスメイト?のみやこから鍵を貰ったという。恋愛成就のお守りになってしまったのか。
 今週は景と優子が話している。
 景が千尋へメール。出た、画面に文字が出た。でも今回は怖いものではありませんでした。ナゾ解明。蓮治や千尋のいる場所はオーストラリアなのでした。これでミズキの言っていた海外という言葉も腑に落ちました。オトワチャンという地名のようです。別々の場所にある双子の街。紘とみやこや景と京介の居た所は日本の音羽で、蓮治と千尋や現在の夕や久瀬とミズキの居る所がオトワチャン。
 景も京介のお蔭でついに千尋と会う決心がつき、凪と一緒に行くことに。これで全ての登場人物の点と点が線に繋がった。「人と人が繋がらなければ、この都市計画に意味はない」、だそうです。
 ここからは優子編。夕の眼が瞬きする度に色が変わっていっている。黄、緑、青、紫。と。
 雨宮先生も妹は要らないタイプのように思えます。それにしても何だか彼がこのいじめの元凶に見えてくる。
 凪は自画像を切り裂いてしまった。
 また時間軸は現代に。久瀬の所に凪。
 そして冒頭のシーンへと戻る。オーストラリアで景とミズキの再会し、景と千尋の再会と続く。だけど凪がミズキに言った台詞は、久瀬のことを諦めさせるために言ったとみるべきかな? 久瀬の今までの言葉からは、少なくとも現在進行形ではないはずだから。

4日火曜日
「テイルズ オブ ジ アビス」第4話(GyaO・B-ch)
 ルークはまだ民間人扱いですね。当然といえば当然だけど。
 「月夜ばかりと思うなよ」、というより、もう合流するとは展開が早いと言っていいのかな?
 コーラル城が国境近くにあるのだから、幼い頃のルークは見つけられるように仕向けてあったとの推測をする人もいておかしくはないが。その辺はどうなのでしょう?
 ガイのトラウマ。これについては知らない話でした。コミック版も全部読んでいる訳ではないから。
 アリエッタの育ての親はチーグルの森でライガ、と。一体どうやって倒したのが彼等だと知ったのでしょうか? しかし本当に悪者が誰だか分からない話だな。

「BLEACH」第193話
 本物とクローンにそんな違いがあったとは。いや、正直どうでも良かったんで気にしていなかったが。ま、ドンドチャッカの方は気付いていたけど。
 人形の割に可愛くない姿をしているな。もし作ったのが石田だったら、もっと可愛いのが作れそうだが。
 うーん、何だか期待はずれな展開。もっと頭脳戦とかになることを期待していたのに。恋次は元より、意外と石田も頭の良いキャラではなかったのね。

5日水曜日
「とらドラ!」第6話
 前回の目撃は大量のお菓子に反応していたのね。「遠足に持って行くお肉は300円までと決まってんだよぉ! これが300円分の贅肉か? バナナはお肉に入らねぇんだ! これは肉まんの分、これは高級アイス! これはアメリカンドッグの分! くらえコンピニ神拳!!」、一応全部書いておきましたが、特にツッコむべきところはないか。
 「竜児の家は私でも簡単に忍び込めるくらい安全性に問題があるけれど」、経験者は語るというやつですね。というより普通は忍び込まないでしょ。
 カメラを持っていた男は普通にストーカーか。何か訳有りの少年かと思ったのに。
 ゴミ袋をカッパ代わりにしている。こういうのって良いよね。って賛同者がいるか分からないけど。
 「この性格悪い面のまま生きてやる!」、うーん、意外と早かったな。もう少し引っ張ってくれた方が面白かったかも。
 最後は亜美を家に上げているところに大河が。でも大河は本来、竜児が誰を家に上げようが関係ないのですがね。

6日木曜日
「夜桜四重奏(ヨザクラカルテット)」第6話
 ことはって、見た目に反して体術があるのですね。でも眼鏡は嘘メガネ。
 初めて恭助が凄いらしいところを垣間見せた。
 一人だけ補習授業で、放送禁止用語。言霊使いがそんな悪態を吐いて大丈夫なのでしょうか?
 篠塚はことはと関わることになる。秋名が円神とで、残りのヒメとアオは? というよりヒメだけが外れているのか。気のせいか篠塚の方が円神より強そうに感じる。
 何気に四人はそれぞれ昔からの縁があるのです。ことはと先に出会ったのが秋名だったらチューニングされていたのかもね。
 「存在感在るんだか無いんだか判らない」、鈴のときとアオのときくらいだからね。「ヘタレメガネ」、その通りですが何か異論でも?

「CLANNAD~AFTER STORY~」第6話
 ええと、この技名は腕ひしぎで良かったんだっけ? その後はサンダーファイヤーパワーボムでしょうか? 一瞬、キン肉バスターをかけるのかと思ったけど。
 「叱ってくれるところとか、心配してくれるところとか……。あと、プロレス技かけられるときも、美佐枝さんの好い匂いがして、好きでした」、改めて聴くとM発言ですね。
 志麻くんの女装、似合い過ぎです。元々中世的ではあったから女装は似合うだろうなと思っていたけど。声も朴璐美さんだし。
 この頃は芳野祐介も生徒で、伊吹公子はもう教師になっている。教師と教え子の結婚だった訳ですか。美佐枝さんの方が公子さんより年下なのか。
 彼は本当の志麻賀津紀ではなかった。“Kanon”の沢渡真琴と似たパターンです。予想済みですよ。
 秋まつり本番。変装もばれていました。ユキとサキの仕業ということまで見抜かれていました。
 美佐枝の願いは「ずっと……いつまでも、あたしのことを好きでいてください」です。

7日金曜日
「ケメコデラックス!」第4話(GyaO・B-ch)
 水着回。祭りのお面屋の出店ににケメコのお面が。
 リョーコが同じクラスに。今まで何をしていたのでしょうね。怖いお姉さん好きの需要がありましたよ。
 イズミは一部始終を見ていた訳ではなかったのですね。エムエムが抱きしめているところだけしか見ていないみたいで。
 「私は別に泳げない訳ではないぞ!」、むきになるとかえって怪しいものです。
 「最新水着F型装備、対戦艦用~だ!」、Fって何だろう? フリート? フリゲート? フロート? フィッシュ?
 「ギクッ! 第一回女子高生だらけの 水中運動会-ポロリもあるでよ-」、男子は見てるだけ。
 ふみ子と葵ちゃんも水着で原稿描き。いつもこの二人だけで描いているね。アシスタントは夏休みですか?
 今回もお弁当は焼きそばパン。そしてタマ子も参加へ。
 リョーコがアイマスク代わりにしていた本「罪と罰」にはどんな意味があるのでしょう?
 真打登場。イズミがついに水着姿に。あれだけ批判していたのに、しっかり用意しているのでした。
 「元金メダリストが将来の夢」、美咲はずいぶん先のことを考えた将来設計なのですね。でも何の競技で?
 ケメコが足側を前にして泳いでいる。
 イズミにポロリがありました。一瞬見えたかと思ったよ。ベートーベンの第九、歓喜の歌がBGM。それを見られたのが三平太だけで良かったね。
 タマ子の膝が直撃して葵ちゃんも落ちて、きっと原稿も落ちるのでしょう。
 リョーコは予想通り、泳げませんでした。

「とある魔術の禁書目録(インデックス)」第4話(GyaO・B-ch)
 斬るつもりはなかったって、きっと当麻に対してのと同じことをやったのでしょう。当てるつもりで。やり方がかなり強引だな。今まで通りのつもりでやったのだろうけど、慣れというのは恐ろしい。
 結構簡単に消せる記憶を選べるのね。だったら本当に必要な記憶くらい残せても問題ないのでは? もしくは脳の使われていない領域を使えるようにして脳の容量を広げてみる魔術とか。まぁ、記憶を消してしまわないと死んでしまうというのは解るけど。常人の15%は確かに切実だし。
 当麻と火織の戦いは、当麻の勝ちです。でも当麻を枷にしてインデックスを逃がさないようにする二段構えの策は効果有りです。
 小萌が見つけて連れて帰ったのですか。あの体格なら苦労したでしょう。

8日土曜日
「カオス;ヘッド」第5話(tvk)
 舌打ちはアイスのハズレに対してですか。
 テニスボールがフィッシュバーガーに見える妄想。さすが拓巳の妹です。というか、あのバングルが作用したのか。
 VR技術、ビジュアルリビルディング。視神経をいじることで八畳の部屋を五十畳のヌーディストビーチに見せるというあれですね。
 やっぱりこの作品の中で優愛が一番怖いよ。僕も拓巳の立場だったら、隙を見て逃げます。
 追われているのにこんな所であやせの水着姿を妄想するなんて、いい神経しているな。疑心暗鬼になるにしては中途半端過ぎだぞ。
 ディソード召喚。こういう召喚の仕方って格好良いな。妄想の水着姿はスク水が出ました。あやせならデニム生地のビキニというイメージだな、僕は。
 五円玉のダウジング。楕円の動きになる特異な場所か。確かに渋谷は風水的にも特殊な場所らしいね。太平洋戦争時に東京大空襲でも渋谷はほとんど被害がなかったという話だし。ジーイーレイトというらしい。
 集団ダイブ映像。動画なだけに生々しくて今までで一番嫌な映像かも。

儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付) Music 儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)

アーティスト:UVERworld
販売元:SMR(SME)(M)
発売日:2008/11/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Prototype Music Prototype

アーティスト:石川智晶
販売元:JVCエンタテインメント
発売日:2008/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ペルソナアインソフ 迷い人日記263日目~265日目 11/13~11/15 | トップページ | ai sp@ce プレイレビュー9回目 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/25218082

この記事へのトラックバック一覧です: 今週観たアニメで気になったこと 2008年11月第2週:

« ペルソナアインソフ 迷い人日記263日目~265日目 11/13~11/15 | トップページ | ai sp@ce プレイレビュー9回目 »