« ペルソナアインソフ 迷い人日記138日目・139日目 7/11・7/12 | トップページ | 今週観たアニメで気になったこと 2008年6月最終週・7月第1週 »

2008年7月13日 (日)

2008年6月終了アニメの感想

 今回は厳選しただけあって観た作品が少ないこともあってか、個人的に大きく外れたと思ったものはありませんでした。

 しかし7月からはまた増えてきそうな様子です。

 またいつもの通り、観た順番から。

「ドルアーガの塔~the Aiges of URUK~」
 どうもギャグと本編の内容とのバランスが悪かったように感じる。物語は可もなく不可もなくといったところか。張られていた伏線のほとんどが回収されず、第二期へ持ち越しということを考えると、マイナス点が大きいか。短い分だけ登場人物の掘り下げが出来なかったというところもあるし。
 ただ、ドルアーガの塔という作品を知っていると面白い部分があったのも事実。

「仮面のメイドガイ」
 ギャグ作品と割り切っていたけれど、メイドガイよりも乳の方が目立つアニメでした。想像していたより出番や見せ場も少なかったな。あくまでも乳アニメで、おまけでメイドガイだということが分ったというべきか。
 まぁ、それほどいろいろと考えなくて良いアニメでしたね。良い意味で。

「D.C.ⅡS.S.~ダ・カーポⅡセカンドシーズン~」
 これを第一期から2クールにかけてやってほしかった。前作「D.C.」を観た人なら解るけれど観ていない人には説明不足の感があって、解らない部分が多かったと思う。前半、この物語の鍵となるはずのさくらが出なさ過ぎて、肝心の描きたかったことが描かれず中途半端に伝わらないまま終わったのではないかと感じる。
 でも最後の三話は良かったかも。個人的には音姫エンドで終わってほしかったけど。

「PERSONA~trinity soul~」
 6月に終了した作品の中では一番でした。1月から始まった作品の中でも上位に入るでしょう。描写も丁寧で、アクションシーンなどは少し解り辛かったけど、伏線などは回収されていたし。ただ、謎は残ったままの部分が多かったですね。
 物語は悲しい話でした。何とか最後は幸せになってほしいと願うばかりで。そしてラストシーンを観ても、終わったという気がしませんでした。まだこの先も続くのではないかというような終わり方だったし。不幸な中にも希望のある終わり方は、パンドラの箱みたいな話でした。そこで「女神異聞録ペルソナ」と繋がっているのかな?
 でも二期はなさそうかな。あったとしても主人公は別の人に変わりそうです。

 うーん、本当に少ないな。かといって増やすと大変だし。

|

« ペルソナアインソフ 迷い人日記138日目・139日目 7/11・7/12 | トップページ | 今週観たアニメで気になったこと 2008年6月最終週・7月第1週 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/22039379

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年6月終了アニメの感想:

« ペルソナアインソフ 迷い人日記138日目・139日目 7/11・7/12 | トップページ | 今週観たアニメで気になったこと 2008年6月最終週・7月第1週 »