« ペルソナアインソフ 迷い人日記74日目 | トップページ | ペルソナアインソフ 迷い人日記75日目・76日目 5/9・5/10 »

2008年5月 9日 (金)

今週観たアニメで気になったこと 2008年4月第4週

 気がつけば連休だったという訳で、いつもテレビを借りているので家族が家にいるこの時期は視聴が出来ませんでした。
 いつも通り更新も遅れます。

 「ARIA The STATION Tricolore」の最終回を聴いて、これで春の改編でのラジオ番組最終回ラッシュも一区切りつきました。
 今回は最終回のラジオ番組が多かったな。特にネットラジオで。これだけで一つの記事になるけど、時期を逸してしまった感がある。
 機会があれば書いておきたいところだけど……。
 一番最後の番組終了は「キミキス チューニングポップ♪」だったけど。

 「BPS バトルプログラマーシラセ」の続編が出るらしいですね。このブログも検索で来る人が多くてそれで知りました。

 アニメとは関係ないけど気になったこと。
 最近話題のゲーム「モンスターハンター 2nd G」の「2nd」の部分を「ドスンド」と読む人がいないのは何故だろう? ギャグでもそういうネタが出てもおかしくないのに。
 もしかして「モンスターハンター2(ドス)」は黒歴史ですか?

20日日曜日

「コードギアス 反逆のルルーシュR2」第3話
 シャーリーってば不器用だったのね。しかし学園全体にまでギアスをかけられるとは、また謎が一つ増えた。しかもロロの存在まで写真に収められている。
 ブリタニアの白き死神。白い悪魔ではなく死神ですか。言っていることとやっていることの差異は相変わらずな訳ですね。
 時間を止めるギアス。しかも範囲ギアスか。白カブトのときもこれを使っていたのか。
 カレンは今期はツンデレキャラだけでなくお色気担当でもありました。でも以前より胸が小さくなってない?
 ロロも自分の存在が揺らぐのを恐れているみたい。ここが付け入る隙になりそう。
 よくロロの能力を一瞬で理解したな。この辺りは頭が切れるんだろうけど、しかしまた迂闊な。正体が判らず一番警戒しなければいけないのはロロでしょうに。でも銃を奪って後ろに回り込むあたり、時間を止めるギアスは長くても3秒くらいかな。
 ここで記憶が戻ったことをロロに知られるということは、ロロとは決着が付くことになるのかも。

21日月曜日
「名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)」劇場版
 あれ? 劇場版恒例のなぞなぞがなかった。もしかして導入部の説明より前に出題されていたのか?
 今回の犯人は判り易かったです。劇場版は比較的判り易いことが多かったかな。その後の危機を乗り越えることに主眼が置かれているからだろうけど。

22日火曜日
「かのこん」第2話(GyaO・B-ch)
 あんな街中に……というか通学路に、明るい家族計画の自動販売機があるし。実物を見たことがないからああいうものなのかどうか知らないけど。それにしても長い夕方だな。
 犹守望(えぞもりのぞむ)。名前、文字化けするかな?
 ちずるが耕太の寝込みを襲うも、耕太は瞬間移動で脱出している。ちずるばかりが妖怪ではないようです。
 「さすがエロスの大王だわ」「スケベ、エッチ、年上三年殺し」「淫乱所構わず」に「淫獣」「脂身」と、また凄いあだ名が付きましたな。

23日水曜日
「BLEACH」第168話
 今回からオリジナルストーリーとなるそうなので少しばかり書きます。
 OPが変わったはいいけど、登場キャラが多い。しかもまた死神同士で敵味方に分かれるような様子。
 卍解の出来る恋次の名前が挙がらないということは、既に候補から外れている訳ですね。色々と規律違反しているから。
 三番隊新隊長は天貝繍助。聞いたこともない名前だという話。そういうような長期任務で離れている死神は結構多いのかも。吉良は頼りないという。ま、騙されていたからね。
 天貝は浮竹と似たタイプと見るが、どうやら正解っぽい。検分推薦したのは……おそらく一人は朽木白哉だと見た。

24日木曜日
「NARUTO疾風伝」第276話
 後半からはオリジナルの話になるそうですね。
 ヤマトの前の名前はテンゾウだったと。
 あ、木ノ葉丸の声が戻っている。確かに以前の声は二年で変わり過ぎだろうと思っていたけど。アスマは木ノ葉丸の叔父だったのか。父親かと思っていた。というよりナルトはともかく、いのやチョウジまでもが三代目火影・猿飛の息子だったことを知らなかったのか。同じ猿飛だからそこは分ると思うが。

「To LOVEる」第4話
 ペケいたのね。すっかり忘れていたよ。
 地球の食材であんな紫色のスライムみたいな食べ物が。どうやって作ったのでしょう?
 ララが飛び出したのは食材を取りに行ったのだろうなと先読みしてしまいましたよ。予想すらベタでした。
 裸エプロン。何だか一度は必ずコスプレするみたいだな。結局は水着エプロンに。水着エプロンの方がえっちぃ感じがするのは僕だけでしょうか?
 ララは料理をしたことないと言っていたけれど、包丁使いは悪くないみたい。
 「アンドロメダ大ダコ」「ケンタウロス大イカ」「大マゼラン大伊勢エビ」さらに大ナマコか。質感がかなり気持ち悪いです。このシーンは二度と観たくないな。

25日金曜日
「狼と香辛料」第13話最終回(GyaO・B-ch)
 大人の対応。格下相手に下手に出たということでしょう。
 ホロが変身する瞬間をそのまま見せたのは初めてかも。ずっとはっきり見せていなかったと思っていたが。
 ゜欲しい物が決まった」「最高級の桃の蜂蜜漬けじゃ」、予想通り。この辺りの読み易さは獣ですね。
 ホロの正体をノーラにも明かした。これまた思い切ったことをする。そこまで信用しているか。
 「あの状況なら、確実に俺はお前の名前を呼んだと思う」、その理由が少しだけ名前が短いから。確かにホロの方が言い易いけど、それは酷いだろう。鐘の音に紛れさせているけれど、口の動きではノーラと言っているようです。
 最後のは桃の蜂蜜漬けを要求されているみたいですね。

「狂乱家族日記」第1話(GyaO・B-ch)
 ごめん、感想になるけど、つまらない。コメディとしても笑える部分がないし、終盤の取って付けたような良い話的な展開も無理矢理感が否めない。というか説得力がない。

「マクロスF(フロンティア)」第4話
 「25回目の死亡」、ここでも25ですか。25周年で、25番目の移民船団で、最新鋭機もVF-25で。
 ミハエルのパーソナルカラーは青でルカは緑。アルトは何色だろう? やっぱりあの色でしょうか。
 「あんなものにほいほい出る娘たちの気が知れん」、あ~あ、知らないとは恐ろしいことで。ランカもミス・マクロスに選ばれなくて良かったのかもね。
 「サイズなんか問題じゃありません!」、いや大きい人に言われても説得力がないです。
 第8回準ミスのキャサリン。だからシェリルとも知り合いなのか。アルトの父親も審査員として呼ばれているのか。何だか海原雄山を思い出すよ。
 これも伝統ですね、ミス・マクロスの審査と同時に戦闘シーンは。部隊名は小妖精を意味するピクシー小隊なのに、機体は巨人族の機体クァドラン・レア。皮肉めいた名前です。アルト姫のパーソナルカラーはやはり赤でした。
 ヒロインはミス・マクロスのオーディションでドジをやらかす伝統もあるのですかね? リン・ミンメイのときはそれが票に繋がっていたけど。
 やりそうだとは思っていたけど、本当にバルキリーで歌舞伎の見得を切っています。
 来た! 「私の彼はパイロット」。「大きなハートが重ねて二つ♪」で実際にハートマークが二つ作られている。しかも二つ目は正面でないところが好いですね。“マクロスプラス”を思い出しました。あれは鷲か鷹だったけど。
 合格祝いの娘娘でのシーン。声をかけてきたのがクラン・クランだとすぐに分りますね。先に大きい姿を見せておいて、ちびっ娘キャラのギャップ。性格まで別人のように思えてしまいますが。二人っきりにさせようとするルカの席を外すときの顔が……。
 最後はシェリル登場。また向こうから逢いに来た。

26日土曜日
「ドルアーガの塔 the Aegis of URUK」第4話(GyaO)
 ドルアーガの塔は下から、鈴、鉛、鉄、青銅、白銀、黄金、金剛、天空の宮となっているとのこと。アーメイが登ったという「金剛の宮 獅子の層の三層目」とはかなり上ですね。何だか物凄い戦力が入っている。しかしクーパはあくまでも従者な訳で戦力ではないのですね。あの力は戦力になりそうだけど、生活面での活躍のまま進むのでしょうか?
 何だかパズズが当面での最強の敵みたいだけど、アニメなので区切りとなる敵でしょうか。
 今回はファティナの入浴シーン。この入浴シーンは表第1話以外は毎回登場しているけど、必ず出てくるのかな?
 サキュバスの登場と思ったら、なんとニーバと知り合い。この関係もまた謎の深まる組み合わせです。
 ローパーの触手のスープ。「しばらくお待ち下さい。byクーパ」、食欲のなくなる食べ物ではあるよね。
 不治の病の弟の話。は聴いた瞬間嘘だと思った。でも一旦は冗談と言ってから本当ですと言ってみたり、そのまま信じていいものか……。別に目的があることは間違いないだろうけど。

「D.C.ⅡS.S.~ダ・カーポⅡセカンドシーズン~」第4話(tvk)
 何この由夢の不自然な行動は? 怪し過ぎる。一緒に回る約束を取り付けるのにかなり苦労していますな。
 義之と由夢が観た映画の内容は、人間とロボットの恋を扱ったものみたい。
 はい。伏線通りというか、もはやお約束の音姉代役です。小恋は始めに出ただけで送られて帰るシーンすらありません。扱い酷過ぎ。
 人形劇「聖夜の贈り物~サンタの初恋~」。杏のイメージからは容易に想像出来ないお話な感じが。
 「凄い、心臓ドキドキしてるし。ほら、触ってみる?」、音姉はエッチなのは嫌いじゃなかったのですか? そんな意識はまったくなかったというのは分っているけど、ツッコミをしておく。
 劇の内容を全部流した。ここまでやるとは思わなかったよ。僕の感想は、良かった。
 由夢が音姫の台詞が本心からの言葉だと勘付いたみたい。前半は由夢の回、後半は音姫の回でしたね。小恋はこの回でも完全に噛ませ犬。

「仮面のメイドガイ」第4話(tvk)
 なえかの下着は末端価格7万円。高い方なのか安いのか私には判らないが。
 「必殺胡桃割りフルーレ~!」、名前だけでもかなりやばそうな技の通りの攻撃でした。
 フブキの下着は時価数百万円。私には解らない世界だな。
 エリザベス・K・ストロベリーフィールド。通称リズ。ベスではないのね。まぁ、外国の名前は色々な略し方があるから。
 メイド忍者シズク。73個もホクロがあるのは多いね。
 「乳以外に興味なし!」、潔いのだか徹底しているのだか何だか。で、結局グダグダ。
 「お姉さまはプリンセス」「すく水ぼんばぁ☆」「DokiDokiメイド学園」「妹はスク水巫女メイド」「萌っ子探偵団」「すくーる巫女さん」「めいど!メイド!MAID!」「いもうと☆メイド」、元ネタあるのかな? いくつか心当たりはあるけど。
 「富士原なえか 十七歳 財産継承権を得るその日まで あと165日」、って前回の話のその日の夜と翌日の話ではないですか。

名探偵コナン「紺碧の棺」サウンドトラック Music 名探偵コナン「紺碧の棺」サウンドトラック

アーティスト:大野克夫
販売元:株式会社ビーグラム
発売日:2007/04/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

七つの海を渡る風のように Music 七つの海を渡る風のように

アーティスト:愛内里菜&三枝夕夏
販売元:GIZA studio
発売日:2007/04/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

劇場版 名探偵コナン 紺碧の棺 DVD 劇場版 名探偵コナン 紺碧の棺

販売元:ビーヴィジョン
発売日:2007/11/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ペルソナアインソフ 迷い人日記74日目 | トップページ | ペルソナアインソフ 迷い人日記75日目・76日目 5/9・5/10 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/20539286

この記事へのトラックバック一覧です: 今週観たアニメで気になったこと 2008年4月第4週:

« ペルソナアインソフ 迷い人日記74日目 | トップページ | ペルソナアインソフ 迷い人日記75日目・76日目 5/9・5/10 »