« ペルソナアインソフ 迷い人日記39日目・40日目 4/3・4/4 | トップページ | 今週観たアニメで気になったこと 2008年3月第5週・後編 »

2008年4月 5日 (土)

ペルソナのMMOを作ってみたい

 「女神転生IMAGINE」が「真・女神転生IMAGINE」に名称変更するんだね。
 でも変わらず「女神転生IMAGINE」とこれからも呼ぶことにします。
 正直、「真」とついてほしいゲーム作品ではないのよね。

 で、その「女神転生IMAGINE」をやっていて最近思うのが、MMOにはメガテンはあまり向かないということなのですよ。

 せめてもう少し簡単なアクションにしてくれれば助かるのだが。アクションの苦手な僕には難易度が高いです。
 入力にもっと余裕をもたせるとか。上手い人だと簡単になってしまうけど。そこは何かランダム要素でも持たせて。

 で、考えているのが、「女神転生」シリーズよりも「ペルソナ」シリーズの方がMMO化に向いていそうな気がするということ。

 仲魔を一体しか連れて行けないと結構物足りないというか、物寂しいというか、そんな感じがする。
 複数連れていると重くなるという欠点が出てくるから、この仕様は仕方ないけれど。

 ペルソナはその点では発動出来るのが一体だけだから、一体だけ召喚しても不自然ではないし。複数のペルソナを予め憑けることが出来るので、リアルタイムでの戦闘中でも憑け換えるということが戦略として使えるようになる。

 てな訳で久しぶりの企画案。
 忘れていた訳ではなくて、他に二つほど企画案として書きかけのものがずっとブログの記事管理画面のトップに置き続けている状態でして。公開出来るほどのネタが集まっていないのですよ。
 一つは出そうと思えば出せなくもないけど。

 閑話休題。

 ペルソナのMMOとなれば、舞台も学校となるだろうから、生徒として不特定多数の人が集まっても不自然ではない。
 学校にPCが集中してしまうのを何とかする必要がありそうなので、そこは学校自体を大きくして分けられるように工夫するか。
 校舎や出入り口を複数にして、その出入り口に近い施設やダンジョンを設置すればある程度は分けられるか。体育館からしか行けないダンジョンもあっていいし、開かずの教室から行けるダンジョンもお約束。鏡の中へ入れるイベントも面白そうだ。

 追記して。

 学校を三ヶ所ほど設置して、プレイヤーは各学校の生徒となるというのが良いかと思う。そうすれば自然に分散する。
 もちろん制服から学校を選ぶ形になるだろうけど、他の学校を選んでもその学校へも自由に出入り可能だし、後から制服を手に入れることも可能。
 こういう選択式の場合は、人気のあるところとないところがはっきりしてしまうことがあるので、前以って人気のある制服をアンケートで把握すると分り易いけど。
 人気のない制服は旧制服も用意して少しでも平均化を図ると良いと思う。詰襟やセーラー服などは、あえて着させてみたいというプレイヤーもいるでしょう。

 問題はアクション性をどの程度抑えられるかだろう。リアルタイムで進む以上は、避けられないことだが。アクションはメガテンにはあまり合いそうもないと思う。

 これについても考えてみた。
 プレスターンバトルでも、やりようによってはアクション性をある程度抑えられるとは思うけど。
 戦闘に突入する直前に予め行動方針を先行入力しておいて戦闘に入ったと同時に行動開始。変更の際にはその都度細かいコマンド入力してゆくという形ならシステムや雰囲気を大きく変えずにリアルタイムでの戦闘が可能になるとは思うけど。

 この方法で問題になるのが、不正な自動操作を行うツールですね。
 これについてはあまり知識がないので何ともいえないが、「ペルソナ2」にあった合体魔法のような、スキルの順番決めや特定の組み合わせを連携に組み込んでみてはどうだろうかと考えたけど。
 こればかりは分らないからな。

 ここからは独自に考えた仕様。

 むしろペルソナという作品だからこそ、イメージに合った方法だと自分では思っている。

 タロットの大アルカナを使った(小アルカナも使う手もある)カードバトル形式の戦闘システムです。
 このシステムは今までの女神転生ともペルソナとも異なるので、全く別のゲームとなってしまい、非難も出ると予想しますが、これはこれでゲームとしては実用化出来るのではないかなと思っています。

 各ペルソナにはそのペルソナごとに予めカードの種類に拠った行動パターンが決められています。
 同じアルカナでもペルソナによって取れる行動も異なります。
 もちろん行動には、違うアルカナでも同じスキルを使えたりするなどの重複もありますが、微妙に攻撃力や命中率などを変えておくと良いでしょう。

 そしてプレイヤーには手元に数枚のカードがランダムで配られ並びます。そこから行動したいスキルに対応するカードを選んで出す。
 カードは常に一定枚数(増える場合もあり)手元にある状態で、そのペルソナが所属するアルカナであった場合や、同じ種類のカードを同時に出すことで、そのスキルや行動の効果を上げられる。

 もちろん使いたいカードが手元に来るとは限らないので、回復などをしたくても回復に対応したカードが手元にないために回復出来ないという事態も出てくる。
 とはいえ、回復が得意なペルソナは回復の出来るアルカナも多くなるだろうけど。必然的に回復が多くなるのも道理。

 タロットを出す順番でも特殊な攻撃になるなどの効果があるのも良いですね。

 まぁ、ここまで考えてみました。
 ペルソナというゲームとして成立するかはかなり微妙ですが、新シリーズとしては使えそうな案の一つにはなれそうだとは思います。

|

« ペルソナアインソフ 迷い人日記39日目・40日目 4/3・4/4 | トップページ | 今週観たアニメで気になったこと 2008年3月第5週・後編 »

ゲーム」カテゴリの記事

ペルソナ アインソフ」カテゴリの記事

企画案」カテゴリの記事

女神転生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/11883929

この記事へのトラックバック一覧です: ペルソナのMMOを作ってみたい:

« ペルソナアインソフ 迷い人日記39日目・40日目 4/3・4/4 | トップページ | 今週観たアニメで気になったこと 2008年3月第5週・後編 »