« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記593日目・594日目 1/20・1/21 | トップページ | ダンジョンRPG検定です »

2008年1月24日 (木)

今週観たアニメで気になったこと 2008年1月第3週・後編

 キッズステーションの番宣で「D.C.Ⅱ」のCMが流れているけど、「義之は…(中略)…最後の学園生活となる、来年に…」とのナレーションが間違えていますよ。一応、設定上は中学生ですから。風見学園本校へはまだ上がっていないから。

 観るアニメの在る日と無い日がはっきりしています。土曜日多過ぎです。

17日木曜日

「ロザリオとバンパイア」第3話(MX)
 一二八位、青野月音。一三位、赤夜萌香。一位、仙童紫。バンパイアだからもっと上かと思ったが、それにしては微妙な位置だな。この作品もゲストが豪華です。
 パンツアニメに加えて乳揉みアニメに。
 確かに胡夢の出番は遅かったけど、言うなら視聴者にではなく製作者にでしょう。
 委員長達の言い分が間違っているようには思えないのだが。「安っぽい感動のオンパレード」も含めて。しかしサキュバスもそうだけど、リザードマンは妖怪なのかな? バンパイアは妖怪と紹介されることはあるけど。
 ロザリオを外すのが不自然です。毎回出るとは水戸黄門の印籠みたいだな。「短いスカートの丈が短いのも校則違反なり」。違反以前に社会風紀的な問題に思えるが。「今週の決着、僅か57秒でしたでちゅー」。これも毎回あるのかな?

「CLANNAD」第14話
 年月をかけて朋也が約束を叶えられました。そして両親のプレゼントも。ぬいぐるみの入ったスーツケースは、世界中を回って人を伝って年月をかけてことみの元に。これがことみの父親の論文の証明そのものではないだろうか。まさしく世界の成り立ちを出来る限り美しく純粋にそして簡潔に表現したのでしょう。
 光が見つかりましたね。光が手に入るとこういう演出をするみたい。風子編はどうだったかな?
 今回も泣きました。ことみ編も終わりのようです。
 でもこの作品は何クールなのでしょう? 2クールなら二人終わってあと12回。渚を除いたらあと一人分しか描けません。まだ智代と杏も残っているし、芽衣の登場はないままになりますよ。

19日土曜日
「ケロロ軍曹」第195話
 DUNHEAD。“ガンヘッド”のパロディですね。“ヘクター'87”の次だから88年のメディアミックス作品か。
 夏美の大人姿は髪が長くなって胸が大きくなっただけのようにしか見えない。普通にポールに引率してもらえば良いだけだと思う。後半では元に戻っているから、そうなったのだろうけど。
 モアのハルマゲドンを受けても無事に飛ばされるだけ。さすがペコポン最強の女。
 温泉卓球の醍醐味はラリーです。その辺は心得ているようです。
 予告。196話記念って何? 128話や256話なら切りが良いけど。

「家庭教師ヒットマン REBORN!」第66話
 消火栓の中に部屋が。あの広さだと校舎を突き抜けていますよね? 直した際に作ったとしても、そこが不思議です。

「機動戦士ガンダム00」第15話
 「部隊総数52、参加MS832機」。卑怯以前に負けたら恥です。1部隊平均16機ですか。今回はOP絵を録画して確認。先週、グラハムかと言っていたのは刹那でした。眼だけだと区別つかないぞ。
 「物理的に」ということで12万円+税10%のペアリング。一人暮らしの学生には無理でしょ。「あっちが異常なのよ」。異常です、はい。
 思うんだけど。軍事行動を行うのを分かっていて場所も予測出来ているのなら、集結する前に各個撃破してゆく方が賢い戦い方なのですが。しかも戦術もへったくれもない有様です。
 ヴェーダはハレルヤが出ることも予測していると考えた方がいいのかな? でもハレルヤは面白くないと引っ込んだけど、面倒だから引っ込んだようにしか見えない。
 ジョシュアいきなりやられました。今回はコーラサワーではなく彼が噛ませ犬でした。そして「抱きしめたいな! ガンダムっ!!」。また腐女子が喜びそうな台詞を。しかも「まさに眠り姫だ」。どこまで攻め属性なんだよ。
 MA、アグリッサ。プラズマリーダーみたいなものはプラズマフィールド。電子レンジと同じ原理でマイクロ波を使った攻撃です。
 早っ、まだ第2クールの始めなのに、もう新型ガンダム。このペースなら第4クールには4世代目のガンダムが出てくるな。それとも4、3ときて次は2機で最後に1機追加か? というかガンダムを乱造し過ぎ。ガンダムファイトでもないのに登場するMSの種類の半分以上がガンダムっておかしいでしょ。
 「ガンダァァァァムッ!!」。指を鳴らすと腕を組んだガンダムが降りて来る。そんなイメージ。

「俗・さよなら絶望先生」第3話(tvk)
 いきなりルルーシュ×スザクのポスター。「熱血電波人間倶楽部」。“熱血電波倶楽部”のパロディだ。
 第7話。やっぱりCパートも話数に入っていました。Aパートはラジオで流れている方が本編のようです。年忘れについて。藤吉はラジオの方では出てなさそう。
 「例えば、あの自称17歳の声優さんとか」で、「井上喜久子、17歳と9619日です」「おやおや~、声が小さいぞ」。井上喜久子さんご本人登場です。計算してみたら偽りなしだけど、1月26日、tvk放送日の一週間後になってしまいました。閏年分を入れてもこれで、誤差は1、2日程度だと思う。土曜日はtvkだけなのに。先生の脳年齢は57歳、千里の肌年齢は28歳。妙に現実的な数字だな。
 義務の話。気になったのを挙げると、ベンチャーズのテケテケ、ゆうりんの会見中止、楽天の39勝、井上喜。ゆうこりんではなく「ゆうりん」です。糸色先生が戸惑うような声から「絶望した」へ。
 クレープ屋のメニュー。なっとうイモクレープ、杏仁しょうゆクレープ、もずくバナナクレープ、りんご酢マヨクレープ、栗おこわクレープ、黒みつ玉葱クレープ。
 旧友再登場。ハンドベル演奏会、日時が「12時17日(日曜日) 午後7時より」と本当に日時になっています。場所は四谷区。
 さらっとの話。昭和82年の離婚率。糸色倫が編入、レギュラー化ですね。鈴木商店高校、ネーミングライツ。本当の名前かと思ったよ。
 「さっきの井上さんの話はテレビとDVDで日数を変えなくてはいけないし」。DVD発売時の日数にですね。
 「私、お姉ちゃんにジュースを注射したことあるよ」。ヤバ過ぎですよそれは。

「true tears」第3話(tvk)
 石動乃絵が可愛く思えてきた。でも彼女にすると大変そう。
 鶏の餌が、下駄箱、机の中、ロッカーの中。この餌付け、ある意味ストーカーですな。
 サブタイトルになっている「どうなった? こないだの話」の台詞は始まってから約9分後に出ました。
 餌で誘い込み。教室の前で見つかるということは、最後に置いたのが教室の前でしょう。それから始めの位置に戻ったのね。「すーぐそこーにアブラムシー すーぐそこーの眞一郎ーの頭にアブラムシー 眞一郎ーの背中の裏にもアブラムシー♪」。背中の裏って乃絵自身のこと?

「君が主で執事が俺で」第3話(tvk)
 今回もパロディが分かりません。ジョジョですか?
 リムジンで頭文字Dこと“チョメチョメD”のパロディ、多いね本当に。
 お約束のマッサージ。タンスの上のぬいぐるみが揺れるってどんな欠陥住宅だよ。シーンは変わってもシチュエーションはあまり変わらず、「ごゆるりと」「ごゆるりとではないわー!!」。そしてクオンジデイズクオンジフラッグの勝負へ。
 「クオンジフラッグ レディ ゴー!!」。Gガンダムのストーカーですよ。中の人は同じですからね。でも森羅の願望はいつもとやっていることが同じ。
 「お姉ちゃん」攻撃で南斗星さんの足止め成功。お肉でも足止め出来そうだけど。「萌えキャラが生意気な」、未有でも南斗星さんの足止めが出来そう。「未有の物は未有の物、お前の物は未有の物」。ここでジャイアンの名台詞出ました。
 存在感ない千春。ごめん、僕も南斗星さんが触れるまで気付かなかった。

「シゴフミ」第3話(tvk)
 懸念したことがもう3話で起こったようです。
 中絶した赤ちゃんからのシゴフミが赤い手形、怖いですよ。
 当選者。シゴフミも抽選なのかな? どうやらシゴフミを書きたいからといっても書ける訳でもないらしい。
 放送前に修正したという話だけど、どうやら千川大輝の父親が学校占拠した時のシーンらしい。
 野島要と野島辰巳の親子は今後大きく関わってきそう。「みかわ」と呼んでいたけど、ノートには「みかわ きらめき」とあった。どちらが名字?
 SATが突入するの早くない? 交渉して説得が先でしょう。
 次からはGyaOで視聴するつもり。一週間以上遅れるけど、土曜日が多過ぎだから分散したい。

「H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~」第3話(tvk)
 「ま、待っていた訳じゃないんだから。偶然よ」。教科書通りのツンデレ台詞から入りました。
 玉子100個。焦がしたのはどうしたんだろう? そして玉子焼きが口の中に消えるのが一瞬だった。
 音羽の体当たりを避けた。しかし重さのある精霊って……。
 妹のほたる。ええと……ほたるの方があの人なんだっけ? ネタバレになるから言えないけど。しかしいくら何でも村人総出で火付けは行き過ぎた犯罪ではないのか? 隠し通そうとする様子もないし。

リフレクティア Music リフレクティア

アーティスト:eufonius
販売元:Lantis(K)(M)
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Music true tears オリジナルサウンドトラック

アーティスト:菊地創
販売元:ランティス
発売日:2008/02/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

true tears vol.1 DVD true tears vol.1

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2008/03/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記593日目・594日目 1/20・1/21 | トップページ | ダンジョンRPG検定です »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/9974794

この記事へのトラックバック一覧です: 今週観たアニメで気になったこと 2008年1月第3週・後編:

» true tears 第3話 「どうなった? こないだの話」(ロングレビュー・ネタバレ全開!) [A-MIX]
true tears視聴が週末の楽しみになり、「次のtrue tearsまであと3日・・・次のtrue tearsまであと2日・・・」などと日々数えるようになってしまいました(なんかちょっちアブないですね(笑)) [続きを読む]

受信: 2008年1月24日 (木) 22時38分

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記593日目・594日目 1/20・1/21 | トップページ | ダンジョンRPG検定です »