« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記564日目~566日目 12/22・12/24 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記567日目~569日目 12/25~12/27 »

2007年12月27日 (木)

今週観たアニメで気になったこと 2007年12月第3週・後半

 1月からの新番組も結構過密そうです。

 言い忘れていましたが、ブログパーツで「ef-a tale of memories.」のDVDプロモーション映像を張りました。千尋のです。

 今回の視聴はちょっと変則的です。

19日水曜日

「灼眼のシャナⅡ」第11話(GyaO・B-ch)
 第72回清秋祭。歴史あるのですね。
 シャナと吉田の名前以外はみんな名字で呼び合っているね。どこか他人行儀な気がするのは、そのせいか。
 フィレス役は井上麻里奈さんでした。井上さんは最近出演が多いですね。

「ef-a tale of memories.」第10話(GyaO・B-ch)
 OPなし。紘&みやこ編クライマックスの回です。蓮治と千尋は出ず。
 優子さんの登場時間が長めです。「捨ててもらう」。そうなのかも知れません。
 電話ボックスのシーン。アハ体験みたいな絵と思ったけど、実際にカウントダウンしてゆくごとに少しずつ絵が変化していっていました。雲の形、空の色、光の強さ、太陽の位置。さらに微妙に引きの絵になってゆくように見えました。
 みやこは自分の名前を漢字で書けないのかも知れない。だから名前が”ひらがな“なのかも。

「げんしけん2」第11話(tvk)
 「漫画描く人と、漫画描く人になるのと、漫画描いて生活する人になるのじゃ、全部全然違うから」。漫画描く人になってそれを続けるのも、また違うけどね。
 おお。スーが英語喋っている。しかし、「人がゴミのようだ」とか「貧乳はステータスだ」とか「猫のうんこ踏め」とか、分かっていて言っているのに日常会話は一切言えないようだね。ちなみにそれぞれ”天空の城ラビュタ“、”らき☆すた“、”君が望む永遠“の台詞です。
 荻上はスーに気に入られて付きまとわれました。
 予告で「ガラカメ」と言っていたけど元ネタが分からない。アニメでは「俺達の戦いはこれからだ」の方が良いのでしょうね。続編が作られる可能性が出てくるから。

15日土曜日放送分
「ef-a tale of memories.」第11話(tvk)
 最終回近いのでtvkの録画に戻して時間を合わせました。その代わりに「しおんの王」の第10話は断念です。来年からは観ないかも。
 蓮治&千尋の回。他の人は出ません。
 千尋は結局3回泣きました。もっと泣くかと数え始めたら、それっきりでした。
 火村から千尋を通して蓮治に渡されたのは、学校の屋上の鍵。渡す風習があるということは、紘も誰かから受け継がれたのか。いつか蓮治と紘が会うことがあるのかな?
 千尋って意外と胸がある。
 最後は千尋が飛び降りるのかと思った。でも原作ゲームが完結していないから、よく考えればそれはないよね。しかし思い出は捨ててしまう。

20日木曜日
「CLANNAD」第12話
 またOPの絵、少し変わっています? そんな気がするけど。
 集団デート。あの……男は朋也一人ですが。
 ことみにはツッコミではなくボケをやらせる方が良いと思う人がいないのはなぜだろう? ツッコミをやらせる方が無理ですよ。
 風子が再登場したよ。言われていると言うだけあって、一回で狙った物が取れたのは上手いのは間違いなさそうだ。
 「ムネガサワッテルムネガ…さん」。どこで切れば良いのだろう。でもロシア人という響きなのかな?
 ことみ編の話は、風子のときよりも浮世離れした展開になりそうな。

21日金曜日
「ウルトラセブンX」第12話 最終回
 ダンとアンヌが登場していました。セブンは平行世界の向こうにいる存在となっていたけど、もしかしたら、劇中の世界が我々の住む世界と平行となっている世界なのかも知れません。

22日土曜日
「機動戦士ガンダム00」第12話
 「アザディスタン出身」。クルジスが吸収された今となっては、そういう言い方になるのですね。
 ルイスママ、意外と早く陥落。沙慈を気に入ってしまいました。
 アザディスタンは、マリナでなくても内戦が起きますよ。明らかに好戦的な保守派の自作自演です。
 戦闘中の変形で「人呼んでグラハムスペシャル」と言っているが、過去のガンダムには戦闘中にわざわざ分離して攻撃力の低いコア・ファイターで攻撃するという、もっとリスクの大きい戦い方をした人が何人かいるからな。あまり自慢にはならないぞ。
 「あえて言おう。グラハム・エーカーであると」。これはMAD動画逝きのネタですか? 明らかにギレン・ザビの台詞「あえて言おう。カスであると」に吹き替えられてしまう台詞だよ。
 しかし、お互いに視認可能な位置では、高機動型に対して狙撃型の機体では不利になります。デュナメスの攻撃が当たらないのは当たり前です。
 「俺はガンダムにはなれない……」。当たり前です、とツッコミたいところだが、性能に頼り過ぎている様子ではまだ無理でしょうね。「僕が一番ガンダムを上手く使えるんだ」と言っていた時点でのアムロ・レイにも達していないように思えます。

「D.C.Ⅱ-ダ・カーポⅡ-」第12話(tvk)
 OPの絵の最初のところって紅葉でしたっけ? さくらと一緒に紅葉が映っているけど。
 美夏は小恋がいなくても、月島の名前も呼んでいるんだね。居るのかと思って探したよ。
 学園長のさくらを探そうとしているけど、桜の木の所に居るような気がする。そんな気がするだけ。
 何でも第二期シリーズが予定されているらしい。話によると、小恋は当て馬にような感じのようた。別れるにしろ縒りを戻すにしろ一応の結末だったら納得しなくもないが、ただの過程では、これは酷いと思いますよ。次のシリーズからは義之に感情移入出来なくなります。由夢が二番目にキャストされていた理由は、これからのことを予め決めていたということですね。

「ひぐらしのなく頃に解」第24話 最終回(tvk)
 小此木は鷹野を殺さなかった。見限るのは明らかだったけど。
 ババ抜きとジジ抜きは違いますよ。誰がジジを引くかも始めは判らないのだから。押し付け合うことはないのだよ。
 そうでした、綿流しの日でした。長かったから忘れていましたよ。そして誰一人死ぬこともなくオシマイ。7月1日がやって来ました。
 最後は大人になった梨花。幼い頃の美代子と会い、歴史が変わります。
 第三期はどうするの? この結末だと続きがなくなるのでは? ※梨花ちゃま、そこにはありませんよ。小此木さんは、予約してましたよ。と、3期CMのネタを引用してみる。

「ef-a tale of memories.」第12話 最終回(tvk)
 OP曲の日本語バージョンついにきました。絵も変更されて不吉なものではなくなりました。
 火村さんと久瀬さん、人によって考え方は大きく違うものですね。「行動の結果が必然となり、それが偶然と重なって、図らずも夢が叶うなんてこともある」。そういうことの方が多く遭遇するような気がする。
 雲の動く方向が違いますが。どちらも蓮治の方へ向かって雲が飛んでいますよ。
 本当に好きなら、忘れたくとも忘れられません。それが恋愛というものですね。
 みずきにも新堂凪の正体が知れてしまいました。蓮治の進路希望は第一に小説家が入りました。
 ED曲は原作の曲ですね。「悠久の翼」というらしいです。
 「忘れたくない想いに願いを込めて…」。今度は優子さんと火村の話を観たいな。

Music 「ひぐらしのなく頃に解」イメージアルバム~こころむすび(DVD付初回限定版)

アーティスト:TVサントラ,TERRA,癒月,結月そら,茶太,片霧烈火
販売元:Frontier Works Inc.(PLC)(M)
発売日:2007/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び(通常版) Video Games ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び(通常版)

販売元:アルケミスト
発売日:2007/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び・アペンド版 Video Games ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び・アペンド版

販売元:アルケミスト
発売日:2007/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記564日目~566日目 12/22・12/24 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記567日目~569日目 12/25~12/27 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/9540557

この記事へのトラックバック一覧です: 今週観たアニメで気になったこと 2007年12月第3週・後半:

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記564日目~566日目 12/22・12/24 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記567日目~569日目 12/25~12/27 »