« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記503日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記504日目 10/23 »

2007年10月24日 (水)

アニメ版「D.C.Ⅱ」について

 「D.C.~ダ・カーポ~」のシリーズは、一番人気をキャラを冷遇するという伝統を作ろうとしているのではないだろうかと思う今日この頃。

 朝倉音姫の扱いがアニメ版「D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~」では酷いです。原作では一応メインヒロインなのに、サブキャラの花咲茜よりも存在感が薄いという。

 始めはPS2版のキャストがアニメ版と同じになると聞いて絶対買わないと思っていたけど、最近になって妥協しても良いかなと考えを改めるようになってきたけど。
 意外と白河ななか役の茅原実里さんが悪くなく、朝倉由夢役の堀江由衣さんも努力はしているのも感じられるので(短時間しか維持出来ないものの)、あまり目くじら立てることもないと思ったのだが。さすがに音姫の声は出番が少ないから違和感から抜け出せないのですよ。

 これからの展開も大いに不安はあるし。

 個人的に月島小恋は好きだけど、それを抜きにして別のヒロインへの乗り換えはしてほしくないのですがね。
 第三話を観た時点で、小恋エンドもまだ有り得るかなと思ってはいるけどまだその可能性が少し出ただけとも言える。

 物語を描く上では朝倉姉妹を絡ませないと「D.C.Ⅱ」の物語として成立しないから、その頃には音姫も存在感が表れるのだろうけど、でもやっぱりそこでの主役は由夢なのだろうな。
 その由夢のルートが後半では展開されるとは思うが、そこからですね。そのまま由夢エンドになってしまうのかどうかで評価が分かれることになるでしょう。

 原作ゲームは未プレイだから誰の願いかまでは判らないけど、義之のことについては大体察しはついているので、これについては描かないといけませんよね。だから由夢が必要というのは解りますが。

 最終的には小恋エンドに戻るのが最も作品的に傷付かない方法でしょう。

 話は変わって、花咲茜は原作より喋り方の色っぽさがなくなったという声がありますが、これはテレビ仕様ですね。

D.C.II~ダ・カーポII~ Vol.0 DVD D.C.II~ダ・カーポII~ Vol.0

販売元:キングレコード
発売日:2007/12/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

D.C.2~ダ・カーポ2 1 (1) (角川コミックス・エース 182-1) Book D.C.2~ダ・カーポ2 1 (1) (角川コミックス・エース 182-1)

著者:CIRCUS
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記503日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記504日目 10/23 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/8569331

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「D.C.Ⅱ」について:

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記503日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記504日目 10/23 »