« クイズ雑学王第1回を観た | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記491日目 10/10 »

2007年10月11日 (木)

2007年10月期開始アニメ第一話の感想 前編

 始まりましたね。今回は早い視聴開始でした……が、最後の作品はいつも通り観るまでに日が経ってしまって二話目が始まっている作品もいくつか。

 とりあえず観た作品だけの感想を順番に。本数は20本ですが、長くなったので前後編に分けまして、前半10本分です。

「バンブーブレード」
 たまたま兄の部屋にあった「ヤングガンガン」で観て放送前に知りました。なので僅かながら予備知識は入れておきました。
 女子剣道部の話ですが、絵は綺麗ですね。キャラも立っていて声優も押さえてあるし、期待が持てそうな感じがします。石田彰さんがああいう役をやるとは珍しい……というか久しぶりな気がします。
 まあ……話の展開はいかにも連載漫画にありがちなという感じではありますが。しかし期待は持てそう。

「スケッチブック ~full color's~」
 のんびりまったり系ですね。これといった事件もなく、少々退屈な感じも受けますが、こういうのは嫌いではありません。最近のアニメは特に物騒で殺伐としているから、安心出来ます。
 しかし登場人物の数が多い。一話目でこの人数は覚え切れません。顔と名前が一致するのに時間がかかりそう。
 そして、「ARIA」のアリア社長が映っているではないですか! よく観るとキャストも何人か「ARIA」の出演者が関わっているし。エンディングは牧野由依さんだし。明らかにARIA系統を狙っていますね。

「Myself;Yourself」
 冒頭の部分は何の作品か判らなかった。でもOPの歌がKAORIさんです。
 原作ゲームはまだ発売前だから情報もなく、詳しい話は観てゆくしかないのだけど。絵も綺麗だったけど、バンブーブレードと比べてどこまで持つかな?というのが正直思った感想。しかしゲーム版では織部麻緒衣はあまり魅力的に感じなかったけど、アニメ版は意外と可愛いと思った。というか、八代菜々香はあれだけ見ると単に自分だけ忘れられていたから怒ったようにしか見えないぞ。
 原作では若月修輔も主人公の一人だったことを忘れていた。アニメ版では完全に日高佐菜だけのよう。

「しゅごキャラ!」
 リアルタイムで観たのでこの位置です。たまたま観る機会があったのでとりあえず観てみました。この時間はあまり観ることは出来ないから以降は観るつもりもないけど。
 ちょっと話の展開が強引過ぎると感じる。絵柄は好きな感じだし、主人公の女の子は見た目的に個人的に好きだけど。本当の自分と周囲から見られる自分との違いに悩むというものだが、外キャラがああいう娘は逆に周りから嫌われると思う。

「ネギま!」
 誰が誰だか判りません。判ったのは茶々丸と葉加瀬くらい。まぁCGや動きには力を入れていたようだけど、やっぱり始めは出会うところから入るのね。イメージ先行の感は否めないかな? ネギ役の方の声は結構アニメ版などの声のイメージから離れないような感じだったし。原作に近付けようとする努力は認めます。
 ま、こんなものでしょう。他にも作品が多いから、さすがに二話目以降も観てゆくつもりはないけど。

「DRAGONAUT -THE RESONANCE-」
 一話観ただけでは分かりませんね。第一話自体がプロローグみたいな感じで、謎や話の展開が予想出来なくてこれだけで感想を書くには早急に思えます。今回はなかなか切る番組が多くなさそうな気がするけど、これは切るにしても二話までは観ないと結論を出せそうもないです。絵は綺麗ですが。

「CLANNAD」
 エンディングが”だんご大家族“ですか!! 一応、個人的には今期一番の期待作でしたが、……うーん、何だろう? 絵も綺麗だし声優にも不満はない。冒頭のモノクロからカラーになる演出も良かった。でもなぜか手放しで絶賛は出来ない感覚がある。それが何なのか自分でも解らないのだが。期待のし過ぎでしょうか?
 話は展開が早いですね。無理はないとはいえ、初回でもう古河家でご飯ですか。元が長いからそれでも足りないくらいなんだろうけど。まぁ初回は人気キャラを中心に描いたということでしょうか。それと、”ONE ~輝く季節へ~“みたいなあのシーンは何でしょう? どうしてもONEと同じに見てしまうのですが。
 でも見物人視点で観ると、確かにあれは春原がいちゃもんつけるのも分からなくはない。それと早苗さんを見てよく母親と思えたな。

「灼眼のシャナⅡ」
 完全に続編ですね。前作を観ていないと解らない作りになっていました。少しだけ前シリーズでの出来事をフォローはしていたけれど、前作を観た人向けですね。知らない人ではこれだけの断片的な説明では解らないと思います。僕は観ていなかったけど、漫画版などを観て話を知らない訳ではないので何とかついていけなくもないものの、ついていくかはこれから次第です。
 絵は綺麗でした。前作と少し変わっているようだけど、質は維持しているようです。

「ウルトラセブンX」
 深夜の特撮作品によくある雰囲気、と化していました。共通するのはウルトラアイとセブンが出ること、宇宙人の侵略から守るという部分だけといってもいい。
 CGや演出は“ネギま!”より上な感じです。かなり力を入れています。ですが、観続けるかとなると、あまりにもイメージが違い過ぎるのでウルトラセブンとしては観られないから迷うところです。
 それとアイスラッガーが打撃武器となっていました。

「機動戦士ガンダム00」
 今までのシリーズとは雰囲気が異なりますね。プロローグでの幼い頃の刹那が出遭ったガンダムが謎な感じです。ガンダムインフォのガンダム国勢調査でも、それが一番気になった人というが圧倒的ではないか。あれがガンダム00だったりして。
 OPアニメの機動エレベーターの画面が、“鋼の錬金術師”第4期OPアニメの冒頭部分を連想させます。
 以前から設定が“ガンダムW”や“フルメタルパニック”に酷似しているというのがありましたが、どうするのでしょうか? これから。それにガンダムが宙を浮くというのは風情がないです。それこそ「足なんて飾り」です。スタッフにはそれが解らんのですよ。
 でも内容は本編部分については思ったより悪くなかった。ソレスタルビーイングも一枚岩ではないことも分かるし。宣戦布告時の各々の渋い反応を見ると。
 しかし「グリニッジ標準時」って、いつの時代だよ? 現代でももうすでに使用されていないぞ。

 後編に続く。

|

« クイズ雑学王第1回を観た | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記491日目 10/10 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/8227021

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年10月期開始アニメ第一話の感想 前編:

» ガンダム00の感想 第1話 [ガンダム00の感想]
第1話「ソレスタルビーイング」 トラックバックフリー このブログは、ガンダム00関連のブログからのトラックバックを集めるトラックバックセンターです。 ご自由にトラックバックを送ってください。 とうとう始まったソレスタルビーイングの作戦。 武力による戦....... [続きを読む]

受信: 2007年10月12日 (金) 17時38分

» ガンダム00ぱーと2 [ガンダムトラック]
ガンダム00第二弾。 今後の展開に期待大! ガンダムウィングと設定かぶると思ってるのは 俺だけでしょうか? まぁ見てってください↓ ガンダムと占いが好きで何が悪いんだよ!!... [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 00時15分

« クイズ雑学王第1回を観た | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記491日目 10/10 »