« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記495日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記496日目 10/15 »

2007年10月15日 (月)

2007年10月期開始アニメ第一話の感想 後編

 はい、後編です。後半の10本の第一話感想です。

「D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~」
 サイトで絵を観たときは、見慣れないキャラがいるけど、音姉はどこ? というのが第一印象でした。それと雪村杏の顔が何だか怖い。中の人が岡嶋妙さんだからでしょうか? でも実際動いている絵を観ると想像したほど悪くはなかった。絵も綺麗だし。どうやらオヤジキャラの方の岡嶋さんが出ていました。
 しかし朝倉音姫・由夢姉妹の声が違和感あります。由夢は始めの部分だけは原作のイメージを意識しているように聞こえたけど、だんだんと堀江声になっていった。”ゆりえほい“状態だったら面倒くさがりな由夢のキャラの雰囲気は出ていたかも知れないけど。
 一話目はいきなり月島小恋の話で、もうすでにヤバめな方向に進んでいるような感じで。このまま小恋エンドで終わるか、完全オムニバスにするか分岐させるしか原作ファンが納得いく方法はないのではないかという展開です。まあ、小恋の声は…ごにょごにょ…だから、小恋エンドで終わってくれる方が良いと思うけど。というよりこれで由夢エンドだったら納得いかないぞ。キャストの順番も由夢が二番目に来ていて先行き不安だし。D.C.Ⅱという作品を壊さないためにも小恋エンドで終わらせてほしいよ。音姫はどうやら脇役ですね。

「ef-a tale of memories」
 絵も綺麗だし演出もシャフトらしさが出ていました。今回は悪くはなさそう。モノクロを多用し、雲も形を変えながら動くほど絵にかなり力を入れていて。でも雲の動きに前後のシーンで繋がっていないような感じでした。とはいえ今期はどの作品もみんな絵が綺麗。
 しかし早くも「絶望した!!」とパロディが入っている。
 主人公が複数いるために人間関係を把握するのに時間がかかってしまい、ちょっと話に集中出来なかったかも。ただ登場しただけというキャラも少なくなかったし。
 まぁ期待は持てそうな感じです。

「ご愁傷さま 二ノ宮くん」
 よくあるヒロインとの同居ものですね。設定は特に目新しさはありませんが、第一話を観ただけでは何とも言えません。ヒロインの月村真由が可愛いのでそれ目当てで観るかどうかかな。今のところは。脇役に関しては特に魅力を感じないのが残念です。特に姉と兄。この手の作品では鍵を握るタイプであるため、ただのSなだけのキャラでは作品全体の魅力が半減するのですが。
 というより何だか真由目当てか。本当に突き抜けるかは二話目に本格登場の北条麗華次第でしょうか。

「もっけ」
 背景は綺麗でした。でも絵のクオリティは今期の他の作品とをつい比べてしまいます。何だか空気がジブリ作品と似たものを感じました。
 こういう作品は嫌いではないけど、登場人物の行動などに古臭さも感じたかな。物怪の対処の仕方とかは注目すべきリアルさがあるだけに、観続けるにはもう一つ何かがほしい。
 しかし、水樹奈々さんの声が……子供を演じているというより、子供のふりを演じている声のように聞こえる。仕方ないのかな?

「レンタルマギカ」
 tvkではバンブーブレードと重なるのでチバテレでの視聴です。
 ギアスですか!? 福山潤さんを起用した時点で、そう連想させるのは考えられたことじゃないですか。しかも命令の仕方までルルーシュみたいで。
 ちょっと他の登場人物が一部を除いて魅力に欠けるのは否めないかな。一話目だから仕方ないのかも知れないが。むしろ学校内の人間関係だけで良かったような気がする。今期は知らない作品では前評判が高い作品に観続けるのが耐えられなさそうなものが多い。

「プリズム・アーク」
 tvkでは”みなみけ“と完全に重なっています。同じくチバテレ視聴です。
 事前に聞いていたが、確かに言われる通り最終回みたいな第一話でした。ええと、プリーシアとハヤウェイが主役だよね? 子供時代の回想シーンかと思いきや、別人の話。道理で髪の色が違うと思った。漫画で断片的に観ていただけだったから、現代と回想シーンでかなりキャラが混乱しているんですけど。中途半端に観ているから名前を知っているキャラばかりでかえって前後の話が解らなくなってしまっている。
 とりあえず二話目からが本編なので、それを観てから判断しないといけないかな。整理出来れば観れるはずだから。

「みなみけ」
 タイトルのロゴが何かの作品のロゴに似ていると思った。夏奈は完全に“苺ましまろ”の美羽と同じタイプですね。そういえば苺ましまろもこんなロゴだった気がする。
 しかし、今回特に観る気もなく一話だけチェックしようと思った作品の中では一番の当たりでした。面白い。毎週視聴決定です。苺ましまろが好きな人は観れますね。ギャグ度はこちらの方が高く、今期唯一と言っていいギャグアニメでした。少し気になるところは、千秋のキャラが一定ではないところ。原作でもそうなのかな?

「キミキス pure rouge」
 プレ放送をやるくらいだから力が入っているのでしょうね。期待しています。原作では一人の主人公を、複数に分けたようです。CDドラマ版と同じような感じですね。キスがテーマだから内容的にハーレムものにしてはまずいですし。
 でも気になるのが、甲斐栄二。原作未プレイなので、こんなキャラいたかな? と思っているのですけど。もしかしたら三人目の主人公は摩央姉ちゃんなのかも。でも明らかに主人公像と異なる相手だからな。
 どうやら真田光一が星乃結美と、相原一輝が二見瑛理子と、という感じですね。咲野明日夏はまだどちらと接近するか判らない様子。一輝と近いようだけど、まだ判りません。予想では祇条深月は光一、里仲うどんなるみは一輝と近付きそうな予想。
 原作のイメージは一応、維持しているようですが。しかしクラス分けで小ネタが。アイカワリカコとかミズハシカオリとかコニシカツユキとかハタノワタルとかヒラカワタイスケとかホリエユイコとかマツキミユなんて、どこかで聞いたことのある名前が並んでいましたが。

「しおんの王」
 何? この時間の変則具合は? ちょっと全話観られる様子ではありません。一話目はリアルタイムで観ました。
 OPが……曲が何だか作品と合っていないような気がする。絵の動きもおかしいし。
 でも本編はちゃんと作られていました。原作よりかなりサスペンス色が強くなっていますね。確かに安岡紫音は原作でもモノローグは少なかったけど、さらに少なく感じます。
 で、一話目でもうあそこまで話が進むのですか。あの後の話はあまり覚えていないけど、二話目以降は観るのは困難そうです。ただでさえ土曜日は過密しているのに。

「げんしけん2」
 前作を観ていなかったから切る対象に入れていたんだけど、原作を少し観ていただけあってか、観れた。しかも面白かった。同人誌業界の現実も分かるし、もっと騒がしい感じかと思いきや落ち着いていて。台詞の多い会話劇だから漫画よりアニメの方が解り易く、合っているのかも。
 ただ原作や前作を知らないと登場人物が多くて分からないかも。オタクツンデレの荻上はOVAからの登場らしいので、その点でも前作だけでは分からないところもあるだろうか。
 しかし始めからガンダムのパロディから入りましたね。ガンガルのポスターとか。それを描いているのがうるし原智志さんって、無駄に豪華だな。
 これは視聴続けます。

 といったところでしょうか。
 ここからいくつ減らすか、まだ悩んでいます。

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記495日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記496日目 10/15 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/8335565

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年10月期開始アニメ第一話の感想 後編:

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記495日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記496日目 10/15 »