« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記463日目 9/12 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記464日目 9/13 »

2007年9月13日 (木)

らき☆すた 第23話の感想 胸ぺったんなライン

 またフィギュア化の人気投票をやってくれないかな。今だったら、かなたお母さんが上位に食い込んできそうな気がします。他にもみなみとかも。
 らき☆すたのテンプレートをブログに反映している人が想像以上に多いですね。

 かがみがこなたのパソコンを借りる。「最近少し不調だったのですが、マニア移送だったので もっと女装をつけて、かつ勢いだけじゃなく委員会のふいんき(←なぜか変換できない)も大切にしつつ、話題の無いようをkwsk詰めて逝きたいと」。
 凄い変換だな。「詳しくは」kwskと書くのか。雰囲気は「ふんいき」と入力するのですよ。かがみも間違えたということですね。
 ちなみにこの記事を書いた時に「女装をつけて」が一発で出た。
 サブタイトル「微妙なライン」。

 メール。「しかるべき所に突っ込んでいる」ってどこよ? 「反応に困る」というゆいの台詞も反応に困るな。
 “ツンデレ”から“画像”へコピー。残り30分が50分に。本当に当てにならないよね、短くなることはあまりないし。

 こなた父、夜食にカップラーメン。どう観ても“どん兵衛きつねうどん”ですが。ラーメンでは……。お湯が足りなくなって「弄ばれちゃった」。

 こなたとゆたかが風邪で休み。こなたはゲームしていた。
 みなみとひよりとパティがお見舞いに。ゆいはみなみの話題ばっかり聞かされていたのですね。その他大勢になっているひよりとパティです。
 「みなみちゃん、田村さん、パティちゃん」。ひよりだけ他人行儀な感じ。体の弱さを卑下するゆーに、こなた「いやいや、だからこそ守ってあげたいとか言う人も多いよ」。って、こなた何故そこに居る? 「言うなれば。実際に妹がいる人は妹萌えしにくいていうのと同じですね」同意するこなたとパティ。いや、微妙に違うと思うぞ。「おっときたー! 一般人からの蔑み攻撃が!」「これがついていけないオーラですね」「しょうがないっスよセンパイ! 我々はアウトローっスよ」。まぁ……なんだ、こういうこともあるさ、よく。
 弱点を気にする。みなみは胸を気にしているのをこなたに暴露されます。揉めば大きくなるのを聞いて、ひより反応。そしてゆたか×みなみで妄想。「妄」という字は女が亡くなると書くんだよ、ひよりん。「おお~。自重しろ、自重しろ私」。そうそう。
 こなたはひよりの漫画も持っているのか。ゆーちゃんが今度読ませてと言えば必死に止めるひより。「いやいやひよりん。同人は観てもらうためにあるものだって」「武士の情けを。せめて一般向けだけに」。ついさっきまで田村さんだったのに、こなたはもうひよりんと呼んでいます。とうとうここでオタク達が一堂に揃いましたね。

 高良家、虫歯にキシリトール。みのりかわもんたさん(何故名字だけ本名に?)っぽい人が。しかし隠してあるところがやたらと多いな。キシリトールガムでみゆき実践。歯の詰め物が取れて、歯医者へ。「健気でちょっとついてないみゆきさん萌え~」。かがみが頭を撫で撫でしている。こっちの方がなんか萌えだな。
 その「萌えた」報告するゆーちゃんの話に、ひより反応。「みゆきさんて人に悪いけど、そのネタいただき~!」。たくましいな。
 漫画のネタ。実体験とか参考にすると言うひより、ゆー赤面。読んだのね。「それ体験違うから」。してたら怖いよね。
 「デジャヴっていうのかな? どこかで体験したかな~っていうのもあったし」「私も読んでみたい」。みなみまで興味を持ち始めた。「ゴメン。ごめんよ~。それ多分、君ら二人がモデルのやつだ~」。コミケ前に原稿送って力尽きたアレですね。

 深夜アニメを観て寝不足のこなた。DVDレコーダーを買おうかなに、ななこが「どうせ録っても観んようになるで~」。物理的に観れなくなるのが現状ですね。

 かがみ、携帯電話の相手に怒る。相手はみさおかな?
 みゆきは歯医者へ。詰め物はすぐくっつくが、新たな虫歯になりかけのを発見。でも、なりかけなら薬を塗るだけで終わる場合もあるよ。
 なんと!? Aパートはつかさが未登場。

 つかさといちご。いちごはショートケーキの香りというつかさに、「まぁ、そんな感じの錯覚ってたまにあるよね~」。余裕を持てるようになったね、かがみん。

 今日のわんわん。一般的な見方のゆーに対し、こなたとこなた父は、「この飼い主なかなかいいね~」「オーバーニーがポイント高いな~。絶対領域がナイスなバランスだ」「ゴシックメイド服が似合いそうだね~」。「おおっ! この娘いかにもツンデレだね」「萌えるな~」「ツインテールにするとどうしてもツンデレに見えるんだよね~」。飼い主評でした。

 みさおの部屋。かがみは日下部と呼ぶのか。みさおとかがみでゲーム対決するが、「あれだけ楽しんでいるのを見ると、勝ち負けにこだわっている自分が逆に負けている気がする」。戦わずして勝つの極意ですな。

 こなたとバティにかがみ。「臭い萌え」って何? パティが聴いている曲。オレンジレン○、ケミスト○○、スネオヘ○○、ポルノグラフ○○○、ラルクアンシ○○、○○ン、ナイト○アなどなど。「○○ン」は“DEEN”かな? 原作ではFLOWだったけど。全部アニソン歌ってた人達だよねぇ、聴いている段階で判るけど。

 かがみと宮内レミィパティ。上級生と下級生の会話が多くなってきたね。唯一の二年生、八坂こうは出ないままで終わるのですね。第二期シリーズ希望。
 パティはメイドさんが欲しいと。かがみはメイドと家政婦の違いが判らない。「もぉ~、全然違いマス。あなたはこの国で何を学んでたんデスカ?」。アメリカは違うのか?

 みなみ母子と犬。顎乗せですよ顎乗せ。岩男みなみ母も今度は顔出しで登場です。

 みゆきとゆかりとみなみで、みなみのイメージ。犬と同じポーズに、「みなみちゃんはクールでかっこいい。ねぇ」。お一人様一品限りに、「みなみちゃんはクールで隙がない。ぅく」。何度も店を出入りする姿に、「みなみちゃんは何でもテキパキ完璧で。うっふふっく」真の姿を知るゆかりの忍び笑い。隙があるから萌えなんですよ。

 柊姉妹がこなたの部屋へ。観ているメカものアニメは“ギガンティック・フォーミュラ”です。OP曲がまんま流れている。「最近のメカものはほぼ確実にかわいい女の子や男の子がだね」。真名さんですか? うっちーですか? でも純粋にメカものが好きな人はかわいいのは関係ないから。

 みさおとかがみ。「善処します」。便利な言葉だね。
 かがみ様とこなた。ゲマズへ誘う。断るかがみのツインテを持つこなた。いいな~。
 結局付き合うかがみ。こなた>みさおなんですね。こなたの目当ては“ギャラクシーエンジェルⅡ”のカルーア・マジョラムのキャラソン。「このジャケを見たときから、どうも他人のような気がしなくて」。そりゃあ中身が同じ人ですから。「ん~ん。のんびりし~ましょ~♪」。何の歌だろう? かがみが見ているのは何の作品? 加藤英美里さん関係?

 くしゃみ。「なんかさ、くしゃみ一つとってもこの個体差。ずるいよね。かわいいのって何かずるいよね」。くしゃみは変えられますよ。性格と気の遣いようでかわいく出来ます。こなたのみゆきすりすり。

 みさおとあやの、そしてかがみ。「一周して逆に良い香りだよな」。何が? あやのは怒ると怖い。かがみは普段から怖い、バランスがとれていますよ。

 こなたとゆたかとみなみ。みなみは100m走のタイムがこなたと同じ。「でも、実際競走したら、胸の差で私の勝ち。なんてね」つるーーーーん ぺたーーーーん 胸ぺったんガールズ 落ち込むみなみ。この中で一番ないのはみなみですので。これにアニメ未登場の桜庭ひかるが入れば完璧ですな。
 ぺったん ランラ 胸ぺったん♪(失礼な!)

 かがみとみさお再び。両方の間に立つあやのんは大変だね。

 こなたの部屋にパティが。交流が盛んになってきた。「これはこれで背徳感が」。どんな画像なのか……というよりパティは18歳未満でしょうが。ゆいに見つかるが、ゆーちゃんが来て皆で必死に隠す。

 ななこはブログも書いているのか。ちなみにこなたやななこがやっていたオンラインゲームはFFⅩⅠらしい。長い日記が送信不能に。内容も消去されてしまう。これ、本当に痛いです。間があっても冷や冷やしますよ。そして泣き寝入るななこ。しかしこのBGMが凄いですね。悲劇的です。

 らっきー☆ちゃんねる。ゴットゥーザ様、特攻服で降臨です。とうとうハルヒ一行の最後の一人、後藤邑子さんが来て揃ってしまいました。ここでもさっきのページを表示できませんのときの悲劇的なBGMを流してほしいな。「あたしも黒い黒いって言われながら色々とやってきたけど」。どんなことだろう? どきどき。
 ちなみに後藤さんのニックネーム、ゴットゥーザ様の命名は、杉田店員役の杉田智和さんです。
 最後はバイクに乗って、「どるん。どるんどるん」「ぱららら。ぱららら。ぱらら~ら~」と去って行きました。

 エンディング。ライトセイバーであきらとチャンバラの白石。曲は「ミクル変身!そして戦闘!」。途中で場所移動して最後はあきらが止め。
 予告。かがみが仕方なくナレーション。文化祭で終わりなんだ。良かった卒業までやらなくて。第二期シリーズが作れる可能性がまだ残っているよ。

らき☆すた 12 限定版 DVD らき☆すた 12 限定版

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2008/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

らき☆すた 12 通常版 DVD らき☆すた 12 通常版

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2008/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

らき☆すた―らき☆すた殺人事件 (角川スニーカー文庫 183-3) Book らき☆すた―らき☆すた殺人事件 (角川スニーカー文庫 183-3)

著者:美水 かがみ,竹井 10日
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book らき☆すた 陵桜学園入学記念BOX

販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book らき☆すた《イラストコレクション》スクールカレンダー2008

販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記463日目 9/12 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記464日目 9/13 »

らき☆すた」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

替え歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/7920376

この記事へのトラックバック一覧です: らき☆すた 第23話の感想 胸ぺったんなライン:

» (アニメ感想) らき☆すた 第23話 「微妙なライン 」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
らき☆すた 4 限定版 パソコンのデータのコピー作業を行うこなた。表示されるコピー完了まで後、何分のお知らせ・・・だか、この数字は早くなったり遅くなったりとあてにならない・・・世の中、当てにならないことだらけである・・・。... [続きを読む]

受信: 2007年9月14日 (金) 14時09分

» レビュー・評価:らき☆すた/第23話:「微妙なライン」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 21 / 萌え評価 75 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 36 / シリアス評価 14 / お色気評価 27 / 総合評価 29レビュー数 221 件 他人が使い慣れたものというのは、なかなか使いづらい。「柊かがみ」は「泉こなた」からパソコンを借り、文章を打ち始めたのだが、文字変換にものすごく「泉こなた」らしい、「くせ」がついていてもう、唖然の心境だった。 ... [続きを読む]

受信: 2007年9月20日 (木) 19時49分

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記463日目 9/12 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記464日目 9/13 »