« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記474日目 | トップページ | らき☆すたが終わって喪失感が… »

2007年9月23日 (日)

地元出身の総理というのは嬉しいものなのでしょうか?

 総裁選が終わって予想通りの結果にはなった訳ですが、また元の旧態依然とした自民党に戻りそうな様子です。

 それについては特に新しいことを言えることはないので、この話題はそれ以上言及しませんが。

 今日のニュースを観ていたら、街角のインタビューで「地元の県から何人目の総理が生まれる」と喜んでいた声があったが、それって果たして喜べることなのだろうか? と思いました。

 私の場合は、地元の総理というと小泉元総理(現時点ではまだ前総理ですね)なのですが、特に嬉しくはありませんでした。
 むしろ地元の恥晒しと思っていたくらいでしたから。
 支持率が9割近い頃ですら、私は小泉氏を支持していなかったので特殊な例かも知れませんが。その頃は静観していたので、そこまでの感覚は抱いていなかったものの、何となくそんな要素はありそうだと警戒していましたよ。

 同じ感覚で、出身校が同じの卒業生が総理になって喜んでいる例も見かけますが、それも同様に感じます。同じ大学なのが恥ずかしいと私だったら思ってしまうのですが。

 何をするのか、何をしたのかを、見極めてから喜ぶかどうかを決めた方が良いと思いますが。

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記474日目 | トップページ | らき☆すたが終わって喪失感が… »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/8078090

この記事へのトラックバック一覧です: 地元出身の総理というのは嬉しいものなのでしょうか?:

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記474日目 | トップページ | らき☆すたが終わって喪失感が… »