« 最近お気に入りのネットラジオ番組 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記426日目 8/6・427日目 8/7 »

2007年8月 6日 (月)

企画案 西暦ガンダム企画その2 世界観

 前回はキャラクターについて書きましたが、今回は「ガンダム00」を参考に、少し真面目に世界観について話そうと思います。

 西暦を使い、最も我々の時代と密接な繋がりを持つことになる「ガンダム00」ですが、現代の時点でもすでに問題視されている事柄も描かれるのでしょうか。

 例えば自爆テロ。自爆テロリストを養成する訓練施設なんてものも現実の世界には存在するようです。そのテロリストになる者達は、家族や親しい人を殺されて自身の生きる気持ちも失った人達です。
 だからといって自爆テロを認めるつもりはありませんが。ですがその動機が解らないと根本的に治まらないのも確かです。

 物量による武力で圧倒する勢力に対抗するのに、小学生くらいの子供に銃を持たせる少年兵などを投入するとかいう現実と同じようなことを描かれるのか。
 戦争しか知らないために日常生活すら免疫がなく困難で、結局戦場でしか生きられない子供ばかりになる。
 これは、それをコメディにしたライトノベル小説「フルメタルパニック」でも書かれていますね。

 人身売買までもあります。戦争の兵士として、ほとんどただ同然の労働力として、他にも……。

 果たしてどこまで描けるのか。それとも一切描かないのか。

 今の日本がそのまま未来になったら、おそらく敵を攻撃するのが当たり前の、弱小国を力で抑え込めるファシズムに加担する国となっている可能性が高い。もちろん戦争など加害者側と大衆心理の感覚しか持たないから、自分達には直接戦禍は及ばないことをいいことに平然と他国を武力攻撃することを厭わない国民になっているだろう。

 そこで前回書いた、21世紀の我々と共通する記憶と感覚を持つ者が居たらどう思うか? その者がその時代の自分の国を見て、違和感を抱かずにはいられないはずだ。
 あるいは、そういう世界と同じ時代に生まれ育ちながらも、その中で冷静に物事を客観視することが出来る人間もまた存在する。

 おそらく自分の国の国民に対しても疑問と反感を持つだろう。そういう者に最強の機体を委ねてみたら、どう使うのか興味がありませんか?
 というのが、私の考える世界観です。

 それに二者択一などの選択を取り入れてみたいです。
 どれを選んでも後味の悪い思いをする選択を主人公に選ばせる。

 こちらを選べばあちらが助からないかも知れない。逆もまた然り。戦争というものは理不尽で不条理なものだと解れば良いのですから。

|

« 最近お気に入りのネットラジオ番組 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記426日目 8/6・427日目 8/7 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/7262609

この記事へのトラックバック一覧です: 企画案 西暦ガンダム企画その2 世界観:

» ポリフォニカ [ポリフォニカ]
ポリフォニカについてのブログです。 [続きを読む]

受信: 2007年8月 9日 (木) 12時50分

« 最近お気に入りのネットラジオ番組 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記426日目 8/6・427日目 8/7 »