« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記406日目 | トップページ | 2007年7月期開始アニメ第一話の感想 »

2007年7月18日 (水)

ガンダム世論調査の結果 第35回 私、シャア・アズナブルが台詞を言おうというのだ

 ガンダム世論調査第35回の結果が公表されました。

 今回のテーマは「シャアの一番の名台詞といえばどれ?」です。

 前に書いた時は上位以外は予想し難いと書いたけど、割と予想に反した結果ではありませんでした。というよりかなり予想に近いかな。

 予想に入っていなかったのは「勝利の栄光を君に」と「私は、いつも一人の男だった」ですね。多分、一人ではなく独りだと思うけど。
 それよりも、「殴られたくなければ、自分のミスを無くせ」はどの作品かも分かりません。言うとしたらΖだと思うけど。

 僕が選ぶ台詞は、「坊やだからさ」と「まだだ、まだ終わらんよ!」のどちらかです。深さと使い易さ、どちらで選ぶか。
 他にも「結局、遅かれ早かれこんな悲しみだけが広がって、地球を押し潰すのだ」も良いですね。この後に「ならば、人類は自分の手で自分を裁いて、自然に対し、地球に対して贖罪をしなければならん。アムロ、何でこれが分からん」と続くんですね。これも含めて好きです。ちなみに「逆襲のシャア」の最後の会話の中の台詞です。

 「坊やだからさ」は、深いですよね。たった一言で複数の意味が込められている。
 「まだまだ子供」という意味と、「いい所のお坊ちゃん」という意味と、「仇であるデキン・ザビの息子」という意味。そして「甘えられる親が居ることへの嫉妬」。
 最後のは「逆襲のシャア」での最後の台詞で解りますね。もしかしたらこれが一番の本音なのかも知れません。そういう本当は格好悪いところがシャアの魅力でもあると思います。

 「まだた、まだ終わらんよ!」は使い勝手が良いのですよね。諦める訳にはいかない時にはもちろん、色々な状況にも使えるし、なかなか作業が終わらない時にも使える。僕の場合、どちらかというと後者で使うことになる場合が多いですが。

 今回は本命で、「坊やだからさ」を選択します。

 次回、第36回のテーマは、「あなたはジオン軍MSパイロット! 自分愛機にしたいMSはどれ?」です。これも楽しみです。

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記406日目 | トップページ | 2007年7月期開始アニメ第一話の感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/7183336

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダム世論調査の結果 第35回 私、シャア・アズナブルが台詞を言おうというのだ:

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記406日目 | トップページ | 2007年7月期開始アニメ第一話の感想 »