« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記393日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記394日目 7/5アップデート »

2007年7月 5日 (木)

らき☆すた 第13話の感想 ツンデレかがみを見れたおいしい日

 提供クレジットが実写。「あと三ヵ月」の言葉に白石氏は切実に叫んでいます。サブタイトルは「おいしい日」。

 三が日は忙しかったかがみは体重が増えました。「巫女お節巫女お雑煮巫女お菓子お菓子お菓子お菓子お菓子巫女お菓子」。何だか「巫女みこナース」の主題歌みたいです。
 みゆきが墨を塗られているとは親戚は兵(つわもの)ですね。「というか福笑いって?」の台詞は何にかかっているのでしょう? 福笑いを知らない? 後述の事情なら無理ないが。僕も百人一首は全部覚えようとしたけど二十首も覚えていないや。百人一首でカードバトル……崇徳院は凄まじく強そうだな。小説「新・デジタル・デビル・ストーリー」では大魔王ルシファーと戦っていたし。
 お餅はマッチ箱でご飯お茶碗一杯分。放送開始当初から言われていたけど、みwikiさん本領発揮です。来年もまたまたお餅で失敗するかがみんですね。泉家では正月は本格的なピザやパスタ。そしてローストチキンがお節。お餅が噛み切れなくてどこまでもうにょ~。「お餅うにょ~」が今まで黙っていたつかさの今回の初台詞だとは。こなたの「うぐぅ~」も出ました。しかも背中に羽根付きで。「Kanon」の月宮あゆの口癖です。
 長いシーンだったな。

 初夢。よく観るとかがみだけが座っている。かがみのクラスなのか? また出ました、みwikiさん。めでたい夢は六以降もあるそうですが。「鷹なら二羽、なすびなら三つ」ということは地頭が六人……「おそ松くん」か。「社会的地位を暗示する」「チーズケーキ?」って、つかさがどんどんおバカさんになってゆく……。

 成人式の話。こなたが振袖を着ると七五三。この七五三姿のこなたがかわいい。

 こなたの周りは、こなたですら呆れる人達ばかり。ゆい姉さんは「ノリだけで生きてるな。まともな話聞いたことがない」とまで言わせる。

 こたつ。殺し文句は「こたつ仕舞っちゃうぞ」は名言(?)ですね。確かに点いていないこたつは余計に寒く感じます。手を温めています。かがみが喋らないのは温めるのに集中している?

 バレンタイン。「チョコはお金で愛を表している」「ゲームでしか恋愛したことのない奴は言うことがシビア」両方とも鋭いね。「それまでに好感度をうpするかが大事」用語が出ましたね、僕も最近知りました。かがみフラグは立てたいですね。「私の嫁に何を言う」と、こなたは男キャラで相手の中身は男。まぁ間違いではないよね。かがみもそれが精いっぱいのフォローですね。
 海外へ行きたいというこなた、バレンタインのお菓子目当てです。「小っさい娘が…」「危ない発言禁止」恥ずかしいセリフは禁止にならないのかな?

 男が男にハート型のチョコを手渡ししています。

 つかさのチョコは義理でも欲しいです。でも確かに勘違いしそうな凝り具合。「一見万能に見えて不得手を晒すことで影で凄い努力をするのを連想させるかがみ萌え」だからかがみんはかわいいのです。
 かがみのツンデレ渡しは、こなたの妄想。一瞬本当かと思ってしまった。今回のベストショットですね、本気でかがみにこんな渡し方をされてみたい。
 「つまんないセントバレンタインですな」。いや、こっちは面白かったです。

 来週から妹みたいな、ゆたかが登場です。「いろんな意味で妹なんだって」「そんなに小っさいのか?」はい、小学生みたいです。最萌えキャラだと思ったのにな……。
 受験の話。ゲームクリエイター、自称漫画家、ルポライター、作家、ウェブデザイナー、シナリオライター、まさかの進学。「全部同じシチュかよ~っ!」。こなたなら声優というのは?

 アニメ店長セミレギュラー化? 左眼の模様、これが噂の「コードギアス」のギアスですか。1785円に3円足りずに帰り、またしても轟沈。「また出るよ」って……。

 らっきー☆ちゃんねる。あきらのツインドリル姿に上っ面な白石氏は触れず。「ド・ド・ドリル ドドドドドリル♪」歌っています。
 フィギュア化結果発表。泉こなたがフィギュア化といってはいますが、下のテロップでは、1位白石みのる、2位小神あきら、3位柊かがみ、4位泉こなた、5位柊つかさ、6位岩崎みなみ、7位日下部みさお、8位高良みゆき、9位泉かなた、10位小早川ゆたか。こなた母が入っているとは恐るべし。
 ブービーに輝いた白石みのるのフィギュア化で怒って帰るあきら。

 エンディングは実写で白石稔さんが歌っています。曲名は「俺の忘れ物」作詞作曲も白石さんです。CDのエンディングドテーマ集には収録されるのかな? 歌詞に城ヶ島とあるからロケ地も城ヶ島?

 次回予告はケロロ軍曹です。タママとギロロも。いくら同じ角川でも局が違うでしょ。もしかしてこれはU局系でケロロ軍曹が再放送されことを睨んでのことか?

らき☆すた 7 限定版 DVD らき☆すた 7 限定版

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2007/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

らき☆すた 7 通常版 DVD らき☆すた 7 通常版

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2007/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記393日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記394日目 7/5アップデート »

らき☆すた」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/7035891

この記事へのトラックバック一覧です: らき☆すた 第13話の感想 ツンデレかがみを見れたおいしい日:

» (アニメ感想) らき☆すた 第13話 「おいしい日」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
らき☆すた 1 限定版 冬休みも終わり、新学期が始まった。しかし、こなた達の日常は相変わらずなのである・・・。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 5日 (木) 10時36分

» らき☆すたの効能に癒される日常 [ゲーム・アニメ・萌え系イラストブログ]
2巻さし絵のウェイトレスかがみん。お客様(こなた)の前で裾を踏んづけて 転んで、ドジっ子ぶりを全力でアピールの図 かがみ「べ、別にわざと転んだんじゃないんだからねっ!た、た、たまたまよっ!」 こなた「かがみぃ~言ってる事ヘンだよぉ~w」 つかさ「お、お姉ちゃんふぁいとっ」 今や完全にらき☆すた漫画版アニメ版双方ともに浸かった自分でありますw OPムービーとアニソン[もっ...... [続きを読む]

受信: 2007年7月15日 (日) 01時20分

» レビュー・評価:らき☆すた/第13話 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 19 / 萌え評価 84 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 40 / シリアス評価 10 / お色気評価 8 / 総合評価 27レビュー数 303 件 「あけましておめでとう」。残すところ、1年生の時間もあと3か月。未だお正月気分が抜けない「泉こなた」たちだった。お正月といえば、「羽つき」、「百人一首」、「福笑い」は、もう昔の行事。と思いきや、「高良みゆき」は実家でやったという。 うーん、古風。 ... [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 14時09分

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記393日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記394日目 7/5アップデート »