« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記412日目 | トップページ | 「コードギアス 反逆のルルーシュ」を観ます »

2007年7月24日 (火)

企画案 西暦ガンダム企画その1 登場人物

 「機動戦士ガンダム00」の放送が10月から開始ということで、その前にいろいろとこちらも考えています。

 ガンダム00の舞台が西暦という話なので、時代設定に西暦と付くからには、西暦であることの必然性が必要なのだと思います。
 放送される新作が、どう現代と繋がりを持たせるのかは解りませんが、最低でも繋がりがないと説明がつかないものではあります。理由はあるはずなので。

 そこでもし、自分が西暦ガンダムを作るとしたらどういった設定で作るかを考えてみました。一応、僕もガンダム作品を作りたいと考えているのでその企画の一つとして。

 もちろんこれはガンダム00の予想ではありません。あくまでもオリジナルの企画案です。

 もしも西暦の時代設定・世界設定でガンダムを作るなら、設定を生かすような直接繋がるような設定を入れてみたいですね。

 例えば人物。

 今この時代のことをよく知っている人物を、主役かそれに準ずる重要人物として配置します。

 例に挙げるならば、冷凍睡眠などでその時代で生きることになった21世紀生まれの少年。彼にとってフィクションの存在だったものが、現実になり動いているのを目の当たりにする。
 そのフィクションの物語上の知識が、周りの者達を困惑させる。知っているのが当たり前のようにやたらと固有名詞を口にする。

 V字アンテナを持つ白い人型の兵器を観て、周りは「何だあの機体は!?」と言っているところを、一人だけ「なぜガンダムが?」と疑問を呟くとか。
 赤い機体でもあろうものならば「三倍速いんじゃないだろうな?」と応えるような人ですね。
 もちろん周囲は、“きょとん?”の反応でしょう。そこもまた狙いである遊びの要素でもあります。

 あくまでも一例ですし、これらは勝手に考えたものなのでどうでも良いと思ったら適当に聞き流してください。

 そして新ガンダムについても少し。

 「ガンダム00」の方はやっぱり現代の世界各国のパワーバランスも反映されるのかな? 「ギガンテックフォーミュラ」みたいに。
 ……というか、いろんなアニメで似たようなものを先にやられているから大丈夫なのかな? と思いますよ。

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記412日目 | トップページ | 「コードギアス 反逆のルルーシュ」を観ます »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

企画案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/7169267

この記事へのトラックバック一覧です: 企画案 西暦ガンダム企画その1 登場人物:

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記412日目 | トップページ | 「コードギアス 反逆のルルーシュ」を観ます »