« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記414日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記415日目 »

2007年7月26日 (木)

らき☆すた 第16話の感想 友達のリング

 いつも記事のタイトルにサブタイトルにもじったものを書き入れるのですが、今回は捻りなく意味そのまま「世界に広げよう友達の」ということで付け加えました。

 こなたのどアップ。番宣CMかと思った。こなたは携帯電話を新調しました。待ち受け画面は涼宮ハルヒで着信メロディは「恋のミノル伝説」。サビは聴きたくなります。ここでサブタイトル「リング」。
 「どっちかっていうと、かがみは~。オーク」「私だけ怪物か!」。何についての話でしょう? オークというと豚みたいな顔の二本足で歩く獣だけど。かがみは左利きだけどケータイは左手で持つんだね。家電話は右手で持つけど。
 みゆき母は怒ることもあるのですね。でもみwikiさんは本当に遺伝子レベルでゆかりさんと似てますよ、激しく。しかも母が長女。一人っ子や長男長女はわがままになるというだけに。
 柊家のすき焼き。「ケータイが圏外のときは何とか粒子が濃いから」「電池が切れたときは完全に沈黙」。“ミノフスキー粒子”の機動戦士ガンダムと新世紀エヴァンゲリオンからでしょう。粒子の方は他にもあった気がした。しかしお父さん、こなたを基準にしてはいけません。つかさは完全に末っ子気質ですね。姉達からも優しく可愛がられています。フォローを入れるかがみも、しっかりしている次女タイプです。
 今回はみゆきの出番が多い。ぶつかっても変わらないのは母と異なるところです。しかしぼんやりさんというところではそっくり。殿堂入り親子だね。ゆかりの「ポチッとな」は世代的にストライクでしょう。
 みゆきの眼鏡の理由。一応、続きが気になるくらいまではみゆき母も読むんだね。つかさは中一まで母にべったり。声が井上喜久子さんですからね。こなたは今でも。「だからある意味、あんたは育ってないのかもなぁ」。ということはゆーちゃんも?
 誘拐事件や監禁事件に目敏い、こなた。確かにあの父親では心配になります。「少なくとも私のやっているゲームにそんなの出てこないから」。ゲームには出ないけど小説には出ていそうだけど……。

 こなたのバイト歴が一年。見に行くことになり、UR秋葉腹駅。ゲマズでコンプとルルー○ュのコミックを買いに。カメラ小僧がつかさを撮ろうとする。「私、神岸じゃないです…」「浩之ちゃんって言ってもらえます?」。このネタを実際にやるとは……。
 ゲーマーズ店内。「コードギ○ス」。確かにタイトルは分かるように伝えないといけません。
 ここで出ているではないですか。宮河ひなたひかげ姉妹が。ひかげが現れるまで気付かなかった。姉の方がひなたで妹の方がひかげです。ゲマズで働いていたのですか。

 コスプレ喫茶。ハルヒのコスプレでこなたがお出迎え。店内に長門有希のコスプレみたいな人がいると思ったら、茅原実里さん本人が声の長門コスプレでした。と思ったら客にキョンまでいる。しかも杉田智和さんが演じて。こなたのハルヒの物真似、似ていますね(えへへ)。「久々に臭くってさぁ」って何の話?
 ステージ。ハレ晴レユカイのダンスです。でも長門店員はこなたより背が低い。かがみは保護者みたいな感じですね。みくるコスプレのパトリシア・マーティンも登場。今回は新キャラが多いね。CDもあると。「こなたとパティ コスって!オーマイハニー」というタイトル。「おまかせミックスジューチュ」元ネタは分かりませんが、「禁則事項」の方はみくるの台詞かな?

 一年生の身体検査。こなたが通りがかって「いきなり希望を崩しかねない例が身近にー」。ゆーちゃんはきっと大きくなります! ……長門店員くらいには。「横もさっぱり」にみなみが自分の胸を気にします。ステータス同盟結成の瞬間でしょうか。

 同窓会の話。僕も「変わった」と言われても嬉しくないタイプです。

 ななこのゴールデンウイークの諸注意事項。やはり次回が連休中の話になるのですね。今の時期の夏休みに入るのは21話か22話くらいかな? 白石が何を言っているのか聞き取れません。

 背景コンビより出番の多いアニメ店長。「春のAV括弧オーディオビジュアル括弧閉じ祭り中だということを―」わざわざ説明してくれてありがとう。店員の名前は杉田店員になったのですね。「ちぃっ」はシャアの真似ですか? 「出るっ!」これもガンダムですね。そしてまたキョンを薦める。しかし伝説の少女Aは待ち合わせの暇つぶしで爆散。こなたも左手でケータイを持つ。両利きだからどちらでも良いが。

 調理実習。「家庭科になると、みゆきが平均以下に見えるのが不思議よね」って、かがみも平均以下ということになるのですが。まあ、人には向き不向きがありますから。

 図書室で勉強。「類友とは思わないけど、友達って似たタイプが自然に集まるのかなってね」。この作品自体、ヲタクや属性の集まりですから。

 泉家のテレビ。若本規夫さんの声。真似しているのは白石稔さんのようです。しかし若本さんナレーションの医療系番組は知りません。こなたは学生なのにそんなに当てはまるんですか。そうじろうが「頼むから生ぎでぐで~」と嘆くのも無理ないかも。

 つかさの勉強。意外とちゃんと勉強しているシーンは珍しいのに。姉いのりとまつりは予想に反さず役に立ちません。でも鳥居の由来は勉強になりました。

 らっきー☆ちゃんねる。カラオケボックスでライブ。こんなことだろうと。曲は「三十路岬」。あれだけ文句言っていて歌う時はきっちり歌うのはプロですね。「内容濃いな」「倦怠ライフリターンズは…」だの白石氏は言っているようです。
 そして延長せずに片付け始める始末。歌は出しているじゃないですか、「恋のミノル伝説」とか「俺の忘れ物」とか。

 エンディングは小神あきら(今野宏美)さんの「三十路岬」を実写で。
 終わったと思ったら、続きのようにCMも流れるという。しかも「こなたとパティ コスって! 綾崎ハーマイオニーオーマイハニー」も実際にCD発売のCM。本当にやりたい放題だなランティス。
 予告は長門有希とキョン。

らき☆すた (3) Book らき☆すた (3)

著者:美水 かがみ
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

らき☆すた 4 (4) Book らき☆すた 4 (4)

著者:美水 かがみ
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記414日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記415日目 »

らき☆すた」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/7275691

この記事へのトラックバック一覧です: らき☆すた 第16話の感想 友達のリング:

» (アニメ感想) らき☆すた 第16話 「リング」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
らき☆すた 2 限定版 こなたは新しい携帯に変えた。彼女の着信音は、恋のみくる伝説であった・・・。 [続きを読む]

受信: 2007年7月27日 (金) 18時37分

» レビュー・評価:らき☆すた/第16話 リング [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 16 / 萌え評価 42 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 29 / シリアス評価 9 / お色気評価 5 / 総合評価 17レビュー数 304 件 携帯電話を新しくした「泉こなた」。自慢げに「柊かがみ」に話す。「柊かがみ」も携帯を持っているが、携帯電話で話す口調と普段の口調が違う。そういえば「高良みゆき」の母親「高良ゆかり」も、電話口ではものすごく怖そうな様子だったのだが、いったい何が? ... [続きを読む]

受信: 2007年9月 7日 (金) 19時20分

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記414日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記415日目 »