« ガンダム世論調査の結果 第35回 私、シャア・アズナブルが台詞を言おうというのだ | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記407日目 »

2007年7月18日 (水)

2007年7月期開始アニメ第一話の感想

 今期の新番組はU局系アニメのみを観ました。とにかく時間が被ってばかりなのでチェックするのが大変でした。

 ではさっそく観た順から感想です。

「ななついろ☆ドロップス」
 今期一番の期待作でした。絵が綺麗です。土日の午前中に放送してもいいように意識して作っていますね。原作はプレイしていないけどコミック版と同じようなので、原作に沿った話なのかな。石蕗くんはモノローグ担当ですか。
 ただ、展開が急ぎ過ぎています。ユキちゃんを早く出す、プリマ・アスパラスを早く出すという意図は分かるのですが。恋愛などを軸にするのならアスパラスはまだ出すべきではなかったでしょう。デフォルメキャラも変なところで出るし。
 正直、期待したほどではありませんでした。まぁ演出面は難ありだけどストーリーは良かったので観ていくつもりですが。この感想を書いている時点ではすでに二話が放送されていて、そちらは良かったです。

「ケンコー全裸系水泳部ウミショー」
 原作は知らずネットラジオで知りました。コメディとしては「スクールランブル」で慣れたせいか観やすいですね。爽やか系のお色気ありで、というより多めかな。ラジオでの絵から織塚桃子は見た目は怖いキャラだと思ったら、意外と好い人だったのが意外でした。
 意外といえば、こおろぎさとみさんが男役を演じている。巻き戻して聴き直しても分かりません。
 安定して観ていられそうなので、個人的に今期開始では一、二を争う高評価の作品かな。

「ドージンワークス」
 「ながされて藍蘭島」と重なっていたので5分だけ観ました。その5分だけなので感想を言えるほどではありませんが、いろいろ重なって観られる放送局がないので、多分観ないと思います。

「School Days」
 tvkでは「ウミショー」と被っているし、テレ玉で録画しようとしたら「おお振り」が特番繰り下げで、始めの10分が観れなかった。一応、コミック版の方で一話の展開は知っていたので、ついていけていますが。
 絵は綺麗だけど、かなりドロドロした内容になるようなので一話だけにするつもりだったけど、賛否両論ある中、賛の方では結構評価が高いようなので、もう少し観てみるつもりです。
 しかし世界が誠のことを好きになるきっかけが分からなかったので初回のラストシーンは唐突かも知れませんね。

「さよなら桃色係長」「さよなら絶望先生」
 ギャグ作品だったのですね。確かにこれは評価が真っ二つに分かれそうです。原作を知っている人は酷評しているようですが、原作を知らない立場では好みが分かれるものの、僕は悪くないと思いました。
 しかし例の黒板芸は要らない。一瞬ですぐ消えてしまい、リアルタイムでは読めないし。そういうビデオで観直すこと前提の演出は好きではない。そして少し製作者が遊び過ぎている。遊ぶのは好きなので悪くはないが、度を越すと鬱陶しくなる。バランスが大切です。
 それと登場人物の名前がほとんど出ていなかったので誰が誰だか判りません。

「ぽてまよ」
 ゆるゆる系の萌え系ですね。特に何も考えず力を抜いて観ていられるけど、急いで観る必要のないアニメかな。時間があれば観てみたいけど、土曜日はアニメが過密なので見送ります。
 素直くんは始めは女の子かと思いました。というより他の男の子達もセーラーカラーの制服を着ているから、そういうアニメなのかなと思った。ただのデザインなのですね。
 切る対象になるかなと思いきや、二回目の放送が面白かったので切り難くなってしまいました。でも中学生だったのか。

「CLUB GENEON」
 ずっと謎だった放送内容は「MAND MAID メイ」だったのですね。リメイク作かとも思ったけれど、どうやら昔の作品のテレビ放送ですね。うえだゆうじさんの名前の表記が漢字でしたし。でも観たことはなかったので観てみます。感想は新作ではないので必要ないかな。
 それにしても、かすみがかわいいです。こういう娘が毎日部屋に来てくれたら、メイが居てもメイにはそれほど関心寄せませんね。珍しいことは珍しいですが。
 次の放送は「撲殺天使ドクロちゃん」の新作が放送されるらしい。交互に放送されるのかと思ったら、どうやら本当の作品は「ドクロちゃんセカンド」らしい。それまでの繋ぎだったのか。

「ゼロの使い魔 双月の剣士」
 前作より絵は綺麗になっているようですね。まぁGyaOで観たのでそう見えるだけかも知れないけど。続編としては安定していると思います。前作を楽しめた人なら安心して観れるのではないでしょうか。
 しかし才人は女好きが酷くなっていますね。前作までならともかくルイズに気がある今では節操なしはただの誑しです。
 そして新キャラクター。まずは真っ先に疑う怪しい人物ですね。

「もえたん」
 オープニングは何の作品か解らなかった。主役が田村ゆかりさんなので、なのはと被るのではないかと危惧していましたが杞憂でした。ほとんど小学生の容姿とドジっ娘の高校生で完全に違うキャラですね。
 しかし内容は正直微妙だった。絵も動きも良かったし、キャラクターなども何となく良い感じはするのだが、なぜ魔法少女になるのかの説明が一切ないし必然性も説明されていない。変身後は顔も体型も名前も同じなのになぜばれないのだろうか。それこそ「顔同じくね?」ですよ。英単語はおまけですか。

「ひぐらしのなく頃に解」
 他より一週遅れの土曜日開始なので、これ待ちで感想が遅れることになりました。例のハンゲハラハヘイーアニメですね。といっても前作を断片的にしか観ていないからついていけるか不安です。ネット配信では各エピソードの始めしか無料配信してくれなかったから。
 オープニングは前シリーズの方がインパクトありましたね。一話目はアニメオリジナルということなので、感想が書き辛いです。元の時代の20年以上後の話から始まっているし、これが後半にどう絡んでくるのかも解らないしで。

 以上です。

 7月の下旬からアニマックスで「コードギアス 反逆のルルーシュ」が再放送されるので、それを観るためにも取捨選択をしていかないといけません。

|

« ガンダム世論調査の結果 第35回 私、シャア・アズナブルが台詞を言おうというのだ | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記407日目 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/7093997

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年7月期開始アニメ第一話の感想:

» コードギアスMAD:らっきー☆ちゃんねるエリア11全国放送決定! [アニメゲーム面白MAD動画ピックアップ]
コードギアスとらき☆すたの[らっきー☆ちゃんねる]との意表を突いたコラボ。エリア11のどころどころの放映シーンに [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 23時54分

» コードギアス 反逆のルルーシュ情報 [http://www.kokorogawakuwaku.com/t17/page_3.html]
コードギアス 反逆のルルーシュ情報の情報です。 [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 02時05分

« ガンダム世論調査の結果 第35回 私、シャア・アズナブルが台詞を言おうというのだ | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記407日目 »