« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記386日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記387日目 »

2007年6月28日 (木)

らき☆すた 第12話の感想 お祭り並行

 サブタイトルは「お祭りへいこう」。その名の通り、ほとんどがコミックマーケットと初詣の話でした。我ながらなかなかの変換だと思う。それとも閉口の方が良かったかな?
 これでみゆきもサブキャラ降格となりそうですね。

 12月28日に年賀状を書く。かがみにしては遅いですね。元旦には届くように出す人かと思ったのに。忌引き……イベントですな。
 コミケに初参加のつかさと二回目のかがみ。電車はりんかい線らしいです。新木場ではなく新木葉行きの電車ですか。糖武伊勢崎線を使っていたらゆりかもめになっていたかも。「だんだんそれっぽい人達が……」。現実ではあまり見ないツインテールや天然で神岸あかりもそこにいますし。
 有明に到着。涼宮ハルヒのラッピング車にプリムラ車が。買い物リストで説明するこなた。そりゃあ周りも必死ですから。

 コミケ開場。戸惑いつつも着実にこなすかがみと、案の定迷った上に波に飲まれるつかさ。
 かがみ、「フルメタルパニック」のやおい本発見。「ガウルンが宗介を……」。確かに「愛してるぜカシム」って言っていたね。でも刺激が強すぎて買わず。売り子はみんなくじらさんです。前回の立木文彦さんの高校生もそうだったが、さすがに若い声は辛いか。でも「フルメタふもっふ?」で郷里大輔さんも高校生役をやっていたな。
 伝説の少女A。10話のアニメイトに続きここでも。本を買った所は大手になるジンクス。店でもコミケでも言われるとはかなり神の領域の存在なんだね、こなたって。

 合流。晴海会場談話。こなたは5歳でデビュー。「参加者の汗が蒸気になって雲がもくもくと」。きっと雨が降ったら酸性雨なんでしょう。酢酸の。「若い参加者がお客さんだと思って悲しい」と嘆くこなた。その通り、あくまでも参加者なのですよ。参加者。

 あきらついに本編に。等身大ポップだけど。分かっているね、さすがあきらさん。しかし参加者に倒される。起こされたら折れているし。
 こなたが長門発見。ナガモンの中の人、芽原実里ではなく芽原みのりさんとして本人登場です。

 そしてアニメ店長が再登場。と思ったら、店員の中の人も杉田智和さん。限定グッズって量が少ないですよね。始めから並んだ人専用みたいなところありますし。
 「な、何か武器はないのか」をガンダムのアムロ・レイの物真似でやっているし。第一話での台詞です。両方とも自分の演じるキョンと宗介を売り込む。ここで高橋社長(中の人・小杉十郎太さん)まで出すか!? 「いえ、どっちも主人公なんですが」って主人公? キョンが? それなら「SHUFFLE!」土見凛にした方が良いのでは? というよりアニメイトって熱いのか? 接客態度の悪さは改善されたのか?

 新年。神社。姉二人も巫女さんやっています。有明帰りで巫女。そして巫女目当てでこなた父も来る。かがみの願い事がかわいい。
 おみくじはそうじろう大吉、こなた凶。枝に結ぶがやっぱり折れる。「所詮は運試し」関係者の台詞ではありませんが、その前にお願いをしているよ、かがみさん。おみくじのコンプリート。シークレットは亀吉とかトメ吉とかみさ吉とか藤林凶とか?
 かがみの名前の由来。本人はえらく現実的に育ってしまいましたね~。つかさはやはり“司る”からでしょう。
 巫女さん目当てで来る人は結構いると思うよ、かがみ。

 新聞配達員は白石みのるですね。テレビの人は誰でしょう? 英語交じりの喋りはルー大柴さんっぽいけど違う。
 こなた父、お年玉を餌に娘で萌える。ぽち袋の名前の由来を父に訊いておきながらみゆきに確認する。信用されていない父。
 最後はネット上のななこ先生(哀)。

 らっきー☆ちゃんねる。白石氏がタイトルコール。あきらは風邪。やはり酸っぱい匂いのするアイスクリーム(という名のマヨネーズ)が原因か? って食べたのは白石氏だけど(ラジオ版らっきー☆ちゃんねる第24回を参照)。真の「もってけ!セーラーふく」を歌うのですか!? あきらさん。最後の「ふもー!!」はボン太くん?

 エンディングは、こなたがゴッドマーズのアカペラ。でも入れた曲は「負けないで」。これは追悼ですね。奇しくもこれを観た日は音楽葬の日。そしてこなたは出とちり。みんなで歌います。

Music らき☆すた エンディングテーマドラマ

アーティスト:TVサントラ
販売元:ランティス
発売日:2007/07/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Toy プロジェクト レヴォリューションTCG 4-KD-P1 らき☆すた プラチナパック BOX

販売元:ブロッコリー
発売日:2007/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

らき☆すた (1) Book らき☆すた (1)

著者:美水 かがみ
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記386日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記387日目 »

らき☆すた」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/6951483

この記事へのトラックバック一覧です: らき☆すた 第12話の感想 お祭り並行:

» (アニメ感想) らき☆すた 第12話 「お祭りへいこう」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
らき☆すた 1 限定版 コミケ・・・それは、オタク達の聖地。コミケ・・・それは、オタク達のロマン。コミケ・・・それはオタク達の戦場。そして今、新たな伝説が始まる・・・。 [続きを読む]

受信: 2007年6月29日 (金) 23時25分

» レビュー・評価:らき☆すた/第12話 「お祭へ行こう」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 25 / 萌え評価 64 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 26 / シリアス評価 10 / お色気評価 6 / 総合評価 24レビュー数 245 件 第12話 「お祭へ行こう」についてのレビューです。 [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 13時55分

» ~ダ・カーポ~こなたシチュエーション [ゲーム・アニメ・萌え系イラストブログ]
『D.C.P.S.~ダ・カーポ~こなたシチュエーション』 【発売日】 不明 【ジャンル】こそばゆい学園コメディ アドベンチャー 【価格】  DXパック:不明       通常版: 不明 ※このゲームは全年齢対象という可能性も0ではない。 音夢 「さあ、始まるザマスよ★」 ことり 「行くでガンス」 さくら 「フンガー!」 眞子 「まともに始めなさいよー!」 ...... [続きを読む]

受信: 2007年7月21日 (土) 23時50分

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記386日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記387日目 »