« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記314日目 160階突破 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記315日目 4/17 »

2007年4月17日 (火)

2007年4月期アニメ第一話感想 後半

 4月期のアニメを観た感想の続きです。今日、「おお振り」を観たのでこれで全部です。

 「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ」
 2035年。「まなびストレート!」と同じ年……。まぁ始まったばかりだけどコミック版は読んでいるから、より分かるようにはなっているけど。コミック版よりかは丁寧に描いているかなと思ったけど、でも僕はコミック版の方が良いかな。ヒロインのツン度が高いし。
 SFモノは一話だけでは解らないのですが、こちらの方は大まかな設定は説明されていた。こちらは観続けるつもり。

「魔法少女リリカルなのはStrikerS」
 前々作・前作を観ていなかったので観るつもりはなかったんだけど、前作の十年後ということで話にはついていけるかと思い、観ました。
 でも正直な話、内容は、「魔法である必要ないのでは?」という感想。前作までは知らないものの、今作はそれほど良さが解らない。前作までの評価を聞いての視聴だったけど。
 放送前は話題に上っていたけれど、放送開始後はあまり話題を聞かないのはそれを物語っているのか。動きは良いし絵も良かったけど……。とりあえず様子見で観てみる。
 ところで、なのはの兄は出ないの? 出なかったの? 原作の主人公だったんだけど。

「ブルードラゴン」
 たまたま観ることが出来たので観た。観続けるつもりはなかったけど、正解。
 とにかく主人公がくそやかましい!! うるさいし知性も感じられないし。RPGの主人公は喋り過ぎてはいけないのだよ。
 第一話のシナリオとしては王道ながらストレート過ぎなくて悪くはなかったが、この主人公では感情移入も出来ない。

「アイドルマスター XENOGLOSSIA」
 tvkのサイトでは14日開始って書いてあったのに7日に始まっていた。新聞に「ゼノグラ」なんて書かれてあったら「ゼノギアス」のシリーズかと思っちゃうでしょ。アニメニフティの方で無料配信されていたので一話目は観られたけど。
 ゲームはナムコ色が強いだけあって好評のようですが、元々あまりよく解りません。「らぶドル」や「ラブゲッCHU ミラクル声優白書」とどう違うのかとか。
 観た感想は……「舞-HiME」ですか? まあ確かに前述の二つとは被らないでしょうけど。逆にHiMEと似たような感じになってしまって。アレンジし過ぎで原形を留めていないような気がします。声優も替わっているし、同じキャラクターを使った別物の作品と見たほうがいいかな。
 あ、分かった。アイドル達が総出演で特撮ロボットもののドラマに出ていると思えばいいんだ。というかそれがオチ?

「sola-ソラ-」
 茉莉の自己紹介に、某サイトの書き込みが「おまえアナ・コッポラだろ」とツッコミを入れていたとか。面白っ。
 これもコミックの方で一足先に読んでいるけど、まだコミックの方でも先が解らない状態ですからね。ただ原作者が原作者なだけに普通の作品ではないと期待しています。
 コミック版より丁寧に時間をかけているという感覚ですね、当たり前だけど。よりキャラクターが紹介が解りやすくはなっている印象はあります。内容はまだ感想を述べられるほどには進んでいません。
 吸血鬼らしいというところは、僕はコミック版の冒頭で気付いてしまったけど、アニメ版では少し解り難くなっていました。

「らき☆すた」
 今期一番の期待作。原作好きなので。前にブログで書いた記事で「京都アニメーション製作」と書こうと思ったけど、間違いだったらと削除したのです。サイトが出来上がっていなかったから。
 オープニングは視聴する前から騒がれていたので心構えを持って観ました。確かに話題になるだけのことはある。しかし本編の内容とは雰囲気が合わないと感じる。それに曲は「トラブルギリギリチョコレート」(ラジオドラマ・CDドラマの方ね)を思い起こさせる。
 内容は会話中心。すらすらとそれぞれのキャラクターが話をしている。あれ? こんな作品だったっけ? と思っていたが、気付いた。ツッコミ役のかがみがいないことに。だから違和感あったんだ。
 ツッコミ役がいないことでどうなるかを始めにやってしまったということですね。これは狙いでしょう。
 ちなみに僕は、チョココロネは太い方が頭で頭の方から食べます。モスラの幼虫みたいだけど。
 やはり登場人物は最初はメインの4人しか出ない。
 終盤にはらっきー☆ちゃんねるの放送。って、ラジオ(ランティスウェブラジオなど)と同じじゃないか。白石稔氏もこちらだけの登場だったのかと思いきや、ちゃんと本編でも出るということ。
 そしてもう一つ話題のエンディング。「宇宙鉄人キョーダイン」を歌っていると騒いでいるからどんなエンディングなのかと思ったら、カラオケで歌うというだけ。別にとんでもないものではないじゃないか、脅かすな。反応が過剰だぞ。こなたなら充分ありえる話だし。

「おおきく振りかぶって」
 プロローグ部分だけで惹き込まれた。一話目を観た中で、僕の中では間違いなく一番の作品になりました。細かい心理描写も無駄のない間もあって期待以上です。
 野球という登場人物の多い物語でキャラクターが描き分けられている。一話の段階でもう何人か把握出来るのは珍しい。
 そしてモモカンが凄い。原作でもあったシーンだけど、アニメになるとより凄さが伝わる。あれを見せられては監督が女とかは大した問題じゃなくなるね。

 最後にアニメイトTV Webでの配信を視聴した「ロケットガール」を。

「ロケットガール」
 懐かしいな。小説で読んでいたけど、なぜ今になってという気がしないでもない。
 内容も原作とそんなに変わらないようだ。原住民のロケットを落とす呪いがなくなっていたくらいか。内容を知っているだけに安心して観れるようになっていた。
 しかし主人公の印象が少し違うような気が。今風で、ちょっとキツめのような顔で、……あ、合っているのか。原作イラストがかわいめだったからかな。
 まぁどこまでやるのかは知らないけど、とりあえず話はある程度知っているので。

 今回は始めから観るつもりのなかったものが、そのまま切れてしまうような感じか。「らきすた」と「おお振り」の最後二つが飛び抜けたが、全体的には期待したほどではなかったという印象。ただ見切るほどのものでもないので、今後どう化けるのかはまだ解らない。

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記314日目 160階突破 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記315日目 4/17 »

らき☆すた」カテゴリの記事

アイドルマスター」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/6102629

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年4月期アニメ第一話感想 後半:

» 無料クリップアートを探せ! [無料クリップアートを探せ!]
無料で使えるクリップアートを集めました![無料 イラスト] [続きを読む]

受信: 2007年4月18日 (水) 05時58分

» youtube らきすた 動画 [youtube動画WEB]
youtubeでらき☆すた(動画)はもう、見ちゃいました?? らきすた、今凄い話... [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 03時47分

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記314日目 160階突破 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記315日目 4/17 »