« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記267日目 2/28 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記268日目 3/1 »

2007年3月 1日 (木)

「ダンクーガ ノヴァ」の続き

 二話までは観ました。放送前なので三話目はまだです。二話続けて感想を書くことはあまりないけど、気になったことがあるので書きます。

 前のダンクーガもリアルタイムで観てはいたんですよね。小さい頃だったから内容も覚えていなかったけど。
 ただ、なかなかダンクーガにならないのはもちろん、イーグルファイターを裏から見るとロボットの手があって、いつ人型に変形するのだろう? と思っていたが変形を見る前に観なくなってしまった。
 結局はダンクーガに合体した姿はたまに観た時に観ろことが出来たものの、一度もイーグルファイターなどが人型に変形したところを観た記憶はない。

 で、ダンクーガノヴァの話に戻る。

 いくつか気になったこと。
 まず最初、朔哉が「やってやる」担当だと分かった。お約束になるのかな?

 それと名前は分からないけど、パイロットの脊髄反射をダンクーガの機体にフィードバックするというらしいシステム。あれがコクピットに付いているのが葵とくらら、女性二人の機体だけ。どうして頭部と片足部分に?
 明らかにダメージを受けた際のリアクション狙いですよね。女性キャラの。
 わざわざ特に理由も説明されずこんな機体設定を付け加えるなんて、このアニメの製作スタッフはドSでしょうか?

 男性二人は今のところダンクーガに合体した際、存在の必要性は確認されていません。というか、パイロットは機体の制御担当の葵と火器攻撃担当のくららの二人だけで良いんじゃないのかな?

 そしてチームの機体の編成について。
 戦闘機一機に戦車三台って。前作の時代ならいざ知らず、現代の戦術では時代遅れの編成でしょう。ミサイル砲撃メインでもなさそうだし。

 ま、他にもツッコミどころはあるが、そのうち明かされるかも知れないので言わないでおこう。話に関わる部分だし。

 追加でもう一つ。エンディングが始まる時に、画面の右上にパンチが出るのは何故でしょう? 映画ではフィルム交換の合図として使われるけれど。

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記267日目 2/28 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記268日目 3/1 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/5523784

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンクーガ ノヴァ」の続き:

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記267日目 2/28 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記268日目 3/1 »