« また無双シリーズネタを考えてみました | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記279日目 »

2007年3月12日 (月)

のび太の恐竜2006を観たよ

 「新魔界大冒険」が公開されている最中だけど、土曜日放送の「ドラえもん のび太の恐竜2006」を先ほど観ました。

 始まっての第一印象は、動く動く。少々無駄な動きもあったけれど、どうやら恐竜も当時はまだ解明されていなかった新解釈も入っている模様で、そこは安心した。

 でも、重要なシーンは丁寧に描かれているけれど、そうでないシーンはかなりバッサリとカットされている印象。元々劇場版がそうなのか、テレビにするにあたりカットしたのかは解らないが。
 ピー助がママに見つかりそうになるところも切られていたし。夕日を背景に五人+一匹が飛ぶ、あの名シーンもなかったし。
 映画「ET」にもパクられたシーンだよ、あれ。

 でもジェットコースタームービーっぽく、緊迫感のある部分は長めに作られていました。

 最も変更のあった部分は、恐竜ハンターの基地内での展開。あのあたりは賛否両論ありそうですね。僕は否だけど。
 解り辛かったからね。何で基地が破壊されてしまうのかも。
 でもみんなでそれぞれにティラノサウルスの気を惹くシーンは良かった。

 そしてその前の、ジャイアンの「オレ、歩いてもいいぜ、日本まで」の台詞でも泣きました。

 最後はタイムパトロールの助けを借りず自分達で日本まで到達したところ、今回の2006版の変更点の中では最も素晴らしいアレンジだったと思います。別れのシーンももちろん泣いてしまいました。

 でも指摘されていたので観る前に知っていたけれど、エンディングは一切削除されていた。エピローグがあるという話ではないですか。前日の金曜日の放送で新魔界のことを取り上げていたんだから、この部分を短縮してエンディングを入れればいいじゃないか。
 ここについては怒っています。

 それと気になったのは声優。

 金曜日に、新キャストになって初めて30分間すべて観たといったが、その時とこの「のび太の恐竜2006」の出演者の演技を聴いていると、2006版の頃の方が良かった印象があるということだ。
 金曜の時にも言ったけどスネ夫がトンガリ化しているしで、普通は時間が経つごとに良くなっていくものだが、かえって悪くなっている気がするのだ。

 そしてピー助役の神木隆之介くんの演技はというと、小さい頃のピー助は良かったと思うけど大きくなった方は……残念な感じになってしまいました。というより後半になるにしたがって素人っぽさが出てしまったような感じです。
 でもがんばったと思います。最初は良かったから。この2006版で一番不安視していた部分だったので。

映画ドラえもん のび太の恐竜 2006 スペシャル版 (初回限定生産) DVD 映画ドラえもん のび太の恐竜 2006 スペシャル版 (初回限定生産)

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画ドラえもん のび太の恐竜 2006 DVD 映画ドラえもん のび太の恐竜 2006

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« また無双シリーズネタを考えてみました | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記279日目 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/5665733

この記事へのトラックバック一覧です: のび太の恐竜2006を観たよ:

« また無双シリーズネタを考えてみました | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記279日目 »