« 魔法少女オンラインゲーム企画案その6 プレイヤーキャラが魔法使いでなくてもいいよね | トップページ | 恋姫無双は無双シリーズではありません »

2007年2月 8日 (木)

ドラえもん最終回について

 「ドラえもん」って、変換キーを押すとちゃんと変換してくれるんだね。

 いきなり本題から逸れたけれど、ドラえもんの最終回同人誌の問題で色々と騒がれていますね。この同人作品のことは以前にも書いたので詳しい話は省くとして。

 小学館は告訴したとの話だけど、ドラえもん好きな人からは概ね好意的な声をよく聞きます。
 中には公式作品にしても良いのではないかという声もあるようです。

 でも僕は正直言うと、それは止めてほしいと思う。

 感想は以前に書いたので書きませんが。
 確かに内容は決してドラえもんの作品をけなすものではありませんし、極力ドラえもんの世界観を壊さないよう務めている、本当に好きな人が書いているというのが読んでいて解ります。

 僕個人が観ても、あくまでも同人による二次作品としてなら容認出来るものでした。

 でも。それと公式作品にするというのとは違うと思います。最終回が誰にも分からない以上、読者それぞれが個々に想像するしかないし、それで良いのだと思います。
 今回のことはたまたま同人誌という形として残るものだったから、それが大きくなってしまった。
 それだけ多くの人を納得させられるだけの内容だったのかも知れません。

|

« 魔法少女オンラインゲーム企画案その6 プレイヤーキャラが魔法使いでなくてもいいよね | トップページ | 恋姫無双は無双シリーズではありません »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/5262706

この記事へのトラックバック一覧です: ドラえもん最終回について:

» ドラえもん最終回マンガあり【パロディーの境界線】 [【一撃】ニュース道場!押忍っ!]
ドラえもんの予想最終回をマンガにした同人誌は読みましたが、そんなに売れてたとは!?同人誌に目をつぶっていても、1万強と発行部数が多いと、さすがに版権元も目をつぶることが出来なくなるんですね。パロディ、2次創作と著作権侵害のラインって、曖昧ですね。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 02時52分

« 魔法少女オンラインゲーム企画案その6 プレイヤーキャラが魔法使いでなくてもいいよね | トップページ | 恋姫無双は無双シリーズではありません »