« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記194日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記195日目 »

2006年12月18日 (月)

社会風刺・赤鼻のトナカイ

♪真っ赤なお鼻の~ トナカイさんは~
 いつもみんなの~ 笑い者~
 でもその年の~ クリスマスの日~
 サンタお爺さんは~ 言いました~
 暗い夜道は~ ピカピカの~ お前の鼻が 役に立つのさ
 いつも泣いてた~ トナカイさんは~
 今宵こそはと~ 飛び降りました~

 お終い

 「飛び降りました」の部分を「飛び込みました」や「首吊りました」にしても意味は同じです。

 解説すると、心の傷を負っていたトナカイさんはサンタのお爺さんの一言が止めとなって自殺してしまいましたとさ。という替え歌です(最後の部分しか替えていないけど)。

 慰めたつもりでも慰めどころか逆に傷つけてしまうことはよくある話で、人によって何が傷つく言葉なのかはそれぞれで分からないものです。

 でもよく歌詞を考えると、このサンタクロースの言葉って確かに、逆に傷口に塩を塗りこむ皮肉にも聞こえたりします。

 頭のはげた人に夜道で役立つゆうたら、殴られんで~。
 と、あずまんが大王でもそんな台詞がありましたし。

 赤鼻のトナカイさんにとっては、

♪ク~リスマスが殺しにやぁって来る~

 ということでしょうか。

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記194日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記195日目 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

替え歌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/4569344

この記事へのトラックバック一覧です: 社会風刺・赤鼻のトナカイ:

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記194日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記195日目 »