« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記193日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記194日目 »

2006年12月16日 (土)

実用新案 高齢者向けにこんなパソコンを造ってみては

 企画案というより実用新案です。

 先日新聞を観ていたら、高齢者にこそパソコンが必要なのではないか。という実体験の投書があった。

 それについては実際に高齢者になってみないことには分からないものの、でも扱い難いこともまだまだあるだろうことは想像出来る。

 例えば画面やキーボードのキーの文字が小さいなど。

 外見的なデザインもあまり進化していない。マックでは色々とデザインに凝っているが、ウインドウズではどれもセンスのある形をしているとは言い難いかも知れない。その辺の判断は人それぞれだけど。

 でも確かに工夫の余地はあるのに、談合でもしているかのようにそれをまったく行っていないという不満はある。

 パソコンのとっつき難さは、どう動かしていいのか解らないところにあるし、キーの配置を覚えるのも大変というところにある。
 私も未だに何に使うか解らず押したことのないキーが存在するし、キーもよくずらして押してしまう。

 高齢者向けはもちろん子供向けにもパソコンは解り易くすべきだとは思うのですが。

 キーのボタンの大きさ自体を大きくしてみるのもありだと思うが。
 せめてキーの配置だけでも解り易く出来ないだろうかと考えてみた。

 簡単な方法としては、キーの色を色分けすることです。例えば「あ行」は白に「か行」は赤にするとか。
 ローマ字入力の方が打ち易いという人が一般的でしょうから「A~F」までが白という選択も可能なようにしておくなりする。

 さらに改良して、LEDランプを使って各キーに配置すれば、ローマ字入力とかな文字入力を切り替えると光る色も切り替わるという形にしておけば、分かり易くなると思うのですが。
 その分、重量が重くなったりするのかも知れませんが、デスクトップなら持ち運ぶ必要はないでしょうし、電気代はそれほどかからないと思います。

 ちょっとした工夫でパソコンも使い易くなると思うのですが……ね。その辺の企業努力は各社も全くしませんよね。

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記193日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記194日目 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企画案」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/4544876

この記事へのトラックバック一覧です: 実用新案 高齢者向けにこんなパソコンを造ってみては:

» ご存知増田ジゴロウ君です。 [いろんな裏話教えて]
あの毒舌をもう一度聞きたいですなぁ。 最近はしょこたんと一緒にいるの見ました。 ... [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 00時03分

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記193日目 | トップページ | ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記194日目 »