« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記87日目・88日目 | トップページ | 「ぱつく」のホームラン数もあと何年で王監督を超えるのかな? »

2006年9月 3日 (日)

せひうすのフォークボールはブラスターだったのですね

 今年はFCの初代ファミスタ-「プロ野球ファミリースタジアム」から20年で、もちろん僕も初代の頃から知っているゲームなんだけど、つい最近になってやっとこの、

 「ナムコスターズの投手せひうすのフォークボールは、ゼビウスの主役機ソルバルウが発射する対地攻撃用ブラスターをイメージしたものだったのだろう」ということに気がつきました。

 でもそれを言うなら「ゼビウス」ではなく「ソルバルウ」ではないかというツッコミもあるけれど。
 でも「ソルバルウ」も、後のシリーズではナムコスターズの投手として出てきていたっけ。

 せひうすのフォーク=ブラスターなら、「きゃらか」は横移動しか出来ない「ギャラガ」から左右の変化球が最大というのも解る。

 じゃあ「ぼすこ」は……?

 まあ、とれはともかく。

 でも、知っている事柄でいてちょっと考えれば簡単に解ることでも、今まで全然気付かなかった。という出来事物事ってありませんか?

 僕の場合、「当たり前田のクラッカー」のクラッカーは、紐を引っ張ると紙テープなどが飛び出す方のクラッカーだとつい2、3年くらい前まで思っていました。
 食べる方のクラッカーがあることも知っていながら。

 とはいえ「当たり前田のクラッカー」は僕の世代では知らない人の方が多いけれど。

 もう一つ、昨日気付いたことも。

 「世界一受けたい授業」で使われている、

 「僕の先生はフィーバー。僕の先生がフィーバー。僕の先生だけフィーバー♪」
 という歌(歌詞を適当に捏造している上に意味分からねえよ)。

 あれが水谷豊さん主演の学園ドラマ「熱中時代」と符号させていることに今更ながら気付いた。

 確かに僕の世代では、榊原郁恵さん主演の「熱中時代宣言」ですら怪しいけれど。
 あ。こっちの方が知っている人少ないか。榊原郁恵さんだったかも自信ないし。

 最後に、せっかくファミスタの話題が出てきたので、ファミスタオンラインのサイトへのリンクを張っておきます。

|

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記87日目・88日目 | トップページ | 「ぱつく」のホームラン数もあと何年で王監督を超えるのかな? »

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

替え歌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/3305197

この記事へのトラックバック一覧です: せひうすのフォークボールはブラスターだったのですね:

« ペルソナ3ザ・ナイト・ビフォア探索日記87日目・88日目 | トップページ | 「ぱつく」のホームラン数もあと何年で王監督を超えるのかな? »