« もしも「機動武闘伝Gガンダム ネオ・ジャパン代表予選大会」が行われていたら… | トップページ | PS2版CLANNAD発売 »

2006年2月23日 (木)

ブログでの馴れ合いは良いことなのだろうか?

 ここのところ、なるべく他の人達のブログも見ているようにしているけど、気になることがある。

 ブログに載せられているコメントを見てのこと。
 結構好意的なコメントばかりというのが多いように思える。

 まぁそれが趣味に関することなら別に構うことではなく、むしろ同じ趣味を持つ人との繋がりが出来て良いことなのだが、私が気にしているのはそこではなく、

 社会的な記事を書いているブログについてである。

 世の中の出来事に対して記事を書いているものがあるが、そのコメント類は、記事の発信者に同意するものがほとんどとなっている。

 一般市民の意見を聞くというサイトの投稿などにはかなり、社会に対しての批判や反論、致し方ないといった賛否両論のコメントが寄せられるが、ブログの批判記事に対してはそういったものは見られない。

 何か気持ちの悪さというものを感じるのです。
 内輪だけで。のような感覚がしてならない。

 これは批判記事を書くなと言うことではなく、書いても構わないが、もちろん誹謗中傷や悪意のあるものを除き、書く以上は他の人からの自分の意見に対する批判や反論も受け止める覚悟と意思を持たなければいけないと思うのです。

 同じ意見の人達の間だけでワイワイ騒ぐ。結果的にそうなってしまったら何も言えないのですが、意図的にしているとしたらこれは馴れ合いと同じだと思います。

 私もごくたまーにコメントを挟むことがあるのですが、以前、ブログで記事に対する反論を、できるだけ言葉を選びつつ且つ論理的にコメントを入れたら、そのコメントはばっさり切られていました。記事の内容に同意する他の人のものはあるのにです。

 自分の考えに同意した人の言葉だけを載せ、そうでないものは排除する。まるでどこかの国の「科学者コントのオチのような髪型」の首相みたいですね。そういった人達が、政府や役所の批判をしても説得力ありませんよね。
 逆に同じ穴の狢。ミイラ取りがミイラに。
 って感じです。

|

« もしも「機動武闘伝Gガンダム ネオ・ジャパン代表予選大会」が行われていたら… | トップページ | PS2版CLANNAD発売 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/806258

この記事へのトラックバック一覧です: ブログでの馴れ合いは良いことなのだろうか?:

« もしも「機動武闘伝Gガンダム ネオ・ジャパン代表予選大会」が行われていたら… | トップページ | PS2版CLANNAD発売 »