« コミック版AIRが連載終了 | トップページ | へんなトラックバック »

2006年2月13日 (月)

ニンテンドーDSの一人勝ちはPSPの失敗のおかげかもよ

 ここのところの携帯ゲーム機の状況を見てみると、あらら、って感じですね。
 ニンテンドーDSの好調具合を見ていると。

 それというのも、PSPの不振にあるような気がしてならないんですよね。
 DSが良いというのではなくて。

 DSの販売戦略が良かったと言う人が多いけれど、それは携帯ゲーム機を作って販売する上では当たり前のことを、任天堂はしたまでだと思うのです。むしろそれくらいはして当然。

 音声入力に然り、タッチパネルによる直接入力に然り、通信に然り、本体の傾け方によって画面を対応させる機能にしたって、特に後半の三つは携帯機では据え置きゲーム機よりも機能を生かすソフトが作れるのだから。
 それをしてこなかった時点で負け決定なのですよ。

 比較対象的に、結果的にDSが良くなったというだけで。

 正直、任天堂の戦略も、必要最低限のところまでしか出来ていないと思いますよ。欲しいソフトが少ないし。

 それにしてはDSは異様に売れている。脳を鍛えると言ってもあれって慣れですし。それ以外の応用は効かないらしいし。
 有名人をCMに起用したにしても、日本人は表面的にものを見るから。もっと冷静になって見てみましょうよ。

 ゲーム機はソフトの質と量で決まる。この格言は定説なのに。
 現にプレイステーションはそれで成功したんでしょうが。大作ソフトが出るまでの繋ぎとして小粒な良作ソフトをぽんぽん出して。「アーク・ザ・ラッド」や「ワイルドアームズ」や「キングス・フィールド」や「アーマードコア」などはPS発売初期からのシリーズですよ。

 DSも、「おいでよ どうぶつの森」と「ニンテンドッグス」と「ポケモン不思議のダンジョン」くらいなのよね。個人的に欲しいのは。PSPにいたっては「TALK MAN」のみ。

 そしてDSの方もこれからが問題でしょう。早くも機能を取って付けただけのソフトが席巻し始めた。とはいえタッチペン以外は最初からだったが。

 ソフトを作る側が発想出来ないのでしょう。
 次世代機のレボリューションのコントローラーを見た各メーカーの反応を見て、つくづくそう感じる。

 実際に作るかは別にして、リモコン型コントローラーは想像くらいはするでしょうに。

 でも大多数のメーカーは画期的だと驚いている始末。そんな貧困な発想力と想像力で良いの? 見合ったゲームが作れるの?

 言っておくけど、あのコントローラー。アクションゲームにはスポーツゲームを除いてあまり向かないよ。確か、十字キーも上側にあったと思うからスポーツゲームにしてもサウスポーになるし。A・Bボタンは急には押せない可能性もある。僕はスイッチだからそれでも対応可能だけど。

 それ以前に、昔の任天堂ハードのゲームが出来ることとコンパクトサイズ以外にレボリューションに魅力は感じないんだけど。

 PSPはもっと手軽に出来るミニゲームっぽい物や携帯の特性を生かしたソフトを作るべき。そしてPS2やPS3との連携を考えないと。

 あとは、PS3はソフト開発のしやすい方向にしてゆくことですよ。

 で、×Box360・・・もといXBox360ですね。
 セガハードと同じ道を通っているようにしか見えないが・・・。今さらアドバイスを送る必要もないくらい、セガの振り見て我が振り直せと言うしかないだろうねこれは。

TALKMAN Video Games TALKMAN

販売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日:2005/11/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 PSPを応援する意味で、自分が一番欲しいソフトをご紹介。

|

« コミック版AIRが連載終了 | トップページ | へんなトラックバック »

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/698758

この記事へのトラックバック一覧です: ニンテンドーDSの一人勝ちはPSPの失敗のおかげかもよ:

» ニンテンドーのネタ [ネタ蔵]
ニンテンドーのネタを追いかけるヨ! [続きを読む]

受信: 2006年2月14日 (火) 00時41分

« コミック版AIRが連載終了 | トップページ | へんなトラックバック »