« 同人ゲーム「怪伝」を調べてみました | トップページ | ラムネとToHeart2の最終話を観ました »

2006年1月 4日 (水)

太田総理と一緒になってしまった

 1月3日放送の「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中」を、平成教育委員会が始まるまでの一時間だけ観た。
 最初の二つ、「小泉チルドレンはテレビに出るな」と「自衛隊基地を田んぼにする」の法案だけ。

 私は、両法案に賛成の立場に立って聴いていた。
 前者の法案はだいたい放送中に出演者が代弁していたので、一つ付け加える程度。
 小泉チルドレンで国民の関心が向いたという反対者の意見だったが、その関心を煽ったのはマスコミであって、もしマスコミが冷ややかな目で新人議員を見ていたら、ただでさえ喉元過ぎれば熱さ忘れる国民の関心なんて向かなかっただろう。

 後者の法案は、田んぼにするという部分に迷ったが、言いたいことは分かるので敢えて賛成に回った。
 今の時代、武力で戦いに勝つという考え方がもう古いというのに。
アメリカほどの軍事力があってもテロは止められないのに、どう増強して国を守れと? 
 戦いで勝つにはまず情報力なのです。どこよりも早く精確な収集能力と、敵味方問わない情報送信能力。
 一応、私も武力を行使せず安価な方法で国一つ滅ぼせる、国家体制を崩壊させる方法を、いくつかは知っていますよ。
 趣味じゃないし平和主義者だからやるつもりもないけど。

 第一、日本が軍事強化しても、それをまともに戦略や戦術を用いて軍を運用できる政治家は、小泉首相や石原都知事も含めて、少なくとも私が知る限り皆無ですよ。
 みんな戦略や戦術の「せ」の字も知らないのだから。

|

« 同人ゲーム「怪伝」を調べてみました | トップページ | ラムネとToHeart2の最終話を観ました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17592/235635

この記事へのトラックバック一覧です: 太田総理と一緒になってしまった:

« 同人ゲーム「怪伝」を調べてみました | トップページ | ラムネとToHeart2の最終話を観ました »